チェンマイ食いだおれタイ

チェンマイ在住者の生活日記ブログ


こんな店あんな店最新記事


北部料理・お菓子最新記事







ワンテーマ指さし会話 タイ×屋台めし (とっておきの出会い方シリーズ)

おうちでタイの屋台ごはん

タイの屋台図鑑

たっぷりチェンマイ!―タイの古都をまるごと楽しむ町歩きガイド
出版後の変更事項や訂正など最新「たっぷりチェンマイ!」の地図(pdf)

「コウケンテツが行く アジア旅ごはん」 北タイ料理

Filed under お知らせ

2017 03 26 Sun

kanomjeen_201703252215274a3.jpg
料理研究家、コウケンテツさんのTV番組が4月1日に放映される。
去年何回かに分けて「アジア食紀行」タイ編がオンエアされたが、その中から今回選ばれたのは「カノムジーン・ナームニヤオ」。
コウケンテツさんがミャンマーとの国境の町・メーサイ(チェンラーイ)を訪れ、伝統料理の豚の血を使った米粉の麺料理とスパイスたっぷりの豚肉の炒め物を味わう。
チェンラーイの「カノムジーン・ナームニヤオ」はチェンマイで一般に食べられるものと違ってスープが透明で、ミートソースのようなたれをのせて混ぜ混ぜして食べる。
また、スパイスがきいている「ラープ」という豚肉の炒めものも紹介される。
バンコク界隈とは違う素材やスパイス、調理法が出てくるのでとても興味深い。
ぜひご覧ください。

コウケンテツが行くタイ「国境の町の郷土料理」
4月1日(土)
NHK BS1 午前10時30分~ 午前10時45分



  1. 2017/03/26(日) |
  2. お知らせ
  3. | comment:0

暑ければ暑いほどおいしいマンゴーの季節

Filed under   *果物

2017 03 24 Fri

DSCN9046.jpg
日に日に気温が上がってきて、暑いというより辛くなってくるこの季節。
体温を超え、40度にもなろうという酷暑で逃げたくなるが、何が嬉しいかって、マンゴーが旬を迎えること。
今の時期は、一般に栽培されている「ナーム・ドークマイ」種の他にもいろいろな品種のマンゴーを味わえる。
「ナーム・ドークマイ」種は1年中出回っているけど、この時期のマンゴーは甘さが格別だ。
酸味の中にしっかりした濃厚な甘味がある。

マンゴー
むいてそのまま食べるのが一番おいしいと思うが、人気メニューは「カオニャオ・マムアン」。
甘いココナッツミルクを混ぜたもち米をマンゴーと一緒に食べるお菓子だ。
こってりしたもち米にジューシーで爽やかなマンゴーが混ざり合い、これはこれで時々食べたくなる。

R0017395.jpg
外国人には熟した黄色いマンゴーが主流だけど、タイ人は熟す前の青マンゴーを食べるのも大好き。
青マンゴーで食べるマンゴーは品種が違い、ほんのり甘味があるもの、酸味が強いものなどいろいろ。
さっぱり系の果物が好きな人にオススメだ。
歯応えがあり、噛めば噛むほど味が出てくる。
タイ人によると、むいても手がべとべとにならないのもいいとか。

DSC_0063.jpg
そのまま切り分けてポリポリと食べてもおいしいが、黒糖にナムプラーや唐辛子を混ぜた甘くて辛いタレも売っている。
小さくて丸く、酸味が強い「マムアン・ケーオ」種と食べるとちょうどいい。
そのまま食べるなら、酸味が少ない「ペットバンラート」種や「ファーラン」種がさっぱりした甘さがあっていい。 
マンゴーが山積みにされるこの季節、熟したものと熟していないマンゴーを思う存分食べてみて。






  1. 2017/03/24(金) |
  2.   *果物
  3. | comment:0

ベジタリアン・ビュッフェならクンチューン

Filed under チェンマイの店

2017 03 21 Tue

クンチューン
ベジタリアン・レストランの人気店、「クンチューン」がまたまた移転した。
今度こそ引っ越さないとお店の人は言っているけど、そうなるといい。
新しい店は広々としている。

クンチューン
この店の売りはなんといっても、ブッフェ。
生野菜がずらり、温野菜がずらり、そしてタイ料理がずらり。
ピリ辛サラダからカレー、スープ、カレーラーメンまでなんでもあり、とにかく種類が豊富。
ベジタリアンの人でなくても目移りしてしまうし、ボリュームたっぷりなので満足いくだろう。

クンチューン
ブッフェは日中のみで、夜はアラカルトになる。
しばらくアラカルトは食べていないが、以前のままだったらおいしいはず。
場所は少しわかりにくいので、観光客の方はトゥクトゥクなどで行くのが便利かもしれない。

〔営業時間〕 10:30-15:00 17:00-20:00
〔ブッフェ〕 179B
〔FB〕 こちらをクリック
〔地図〕 こちらをクリック (カムティアン植物市場、JJマーケットの近く)



  1. 2017/03/21(火) |
  2. チェンマイの店
  3. | comment:0

いろいろな味のソムタム

Filed under   *タイ料理

2017 03 19 Sun

somtamkaikem4.jpg
パパイヤサラダの「ソムタム」はタイ人にとっても外国人にとっても大人気だけど、いろいろなバリエーションがあるのをご存知だろうか。
これは定番の「ソムタム・タイ」。
青パパイヤと唐辛子、インゲン、トマト、ピーナッツ、干しエビ、ニンニク、ライム、ヤシ砂糖、ナムプラーが入っているもの。
甘味と酸味、辛味がバランス良い。

somtamkaikem5.jpg
青パパイヤ以外でも、ニンジン・ソムタム、果物ソムタム、キュウリ・ソムタムなんていうのもできる。
これはキュウリ・ソムタムの沢蟹入り。

somtamkaikem3.jpg
これを丸ごと入れて、トントンと木臼の中で叩き潰す。
蟹のエキスが出て奥深い味になるのでタイ人には人気がある。
沢蟹はオプションなので、青パパイヤでもニンジンでも好きな素材と組み合わせることができる。

somtamkaikem.jpg
これは普通のソムタムだけど、塩卵(カイ・ケム)を入れたもの。
かなりしょっぱい塩卵をいれるので、アクセントになる。
店によるが、ここは半分を一緒に潰して青パパイヤと混ぜ、残り半分はどーんとのせている。
潰した黄身がマンゴーを包むのか食感が少しねっとりし、液もしっかりからまる。

somtamkaikem2.jpg
東北(イサーン)や北タイの人は甘いソムタムよりしょっぱい味が好きなのか、このプラーラーを入れるのを好む。
魚を塩漬けにして発酵させたもので、バンコクの人や外国人によっては魚の生臭さが苦手という人も。
良いダシにはなっているけど、匂いが気になる人はダメかもしれない。
上の写真の「塩卵ソムタム」の奥にあるのがそれ。
黒っぽい色をしているソムタム。
塩気と唐辛子の辛さがきいた一品。
タイに来たらいろいろな味のソムタムを試してみて。



  1. 2017/03/19(日) |
  2.   *タイ料理
  3. | comment:0

アンケーオ、いいところ

Filed under チェンマイの観光スポット

2017 03 10 Fri

ak1.jpg
この頃、空気がよどんできたのであまり外に出たくないけど、お気に入りの散歩コースといえばここ、アンケーオ。
チェンマイ大学の敷地にある貯水池で山の麓にあって景色が美しい。
ジョギングする人やギターを弾く学生、おしゃべりするカップルなどが夕方になると集まってくる。

ak2.jpg
いつの間にかこんな橋もできていて、奥のほうまで歩けるようになった。
池1周はできないけど、動物園の近くまで行かれる。
夜は動物が動き出すのか、獣の鳴き声が聞こえてくる。

ak3.jpg
夕日が沈む位置ではないけど、赤く染まっていく空がこれまた美しい。
いつまでもいつまでも眺めていたい空。
こんな近くにこのような自然があるチェンマイ、いいところだなあ。



  1. 2017/03/10(金) |
  2. チェンマイの観光スポット
  3. | comment:0

3月13日はタイの象の日

Filed under   *チェンマイの祭り

2017 03 09 Thu

象の日
3月13日は象の日。
象キャンプによってはイベントが開催され、象に思う存分果物やサトウキビなどを食べてもらうご褒美もある。

象の日
ここは象の数が一番多く、観光客が最も多く訪れるメーサー・エレファントキャンプ
圧巻。

zou1_20170310212353a2f.jpg
今年も象の日に合わせてイベントあり。

zou5_201703102122154be.jpg
13日 12:30-15:00
80頭の象がごはんをムシャムシャ食べるのは14:00のよう。
詳細は画像をクリックしてください。

zou_201703102123514ae.jpg
ランパーンの象病院でもイベントがある。
こちらは朝8:00スタート。
上記のFacebookのサイトにスケジュールあり(タイ語)。
タイなので時間はずれることもありますが、興味のある方はぜひ遊びに行ってください。






  1. 2017/03/09(木) |
  2.   *チェンマイの祭り
  3. | comment:0

もち米は手で食べると旨さ倍増

Filed under   *北タイ料理

2017 03 04 Sat

もち米は手で食べる
タイ料理はスプーンで食べるのが基本だけど、北タイと東北タイ(イサーン)は手で食べることが多い。
バンコク界隈や南部の主食はぱらっとした米だけど、北タイと東北タイはもち米が主食だからだ。
もち米をひと口サイズ分だけ取り、指先でぎゅぎゅっと軽く丸めてポイッと口に放り込む。
野菜や肉などを一緒に指ではさんで食べてもいい。
インドネシア人も言っていたけど、手で食べるとおいしさが違うらしい。
私もそう思う。
北タイに来たら、ぜひ手で食べてみて。




  1. 2017/03/04(土) |
  2.   *北タイ料理
  3. | comment:0

ファーマーズ・マーケット「JJマーケット」

Filed under チェンマイの店

2017 02 24 Fri

JJ Market
地元の人に人気のある市場がここ。
"Jing Jai Market"、通称「JJ(ジェージェー)マーケット」と呼んでいる市場だ。
土曜日の朝になると近隣の農家の人が野菜や米、お惣菜、お菓子などを持ってくる。
オーガニックや減農薬の作物が並ぶので、健康志向の人たちに人気がある。
新鮮なのと、直接農家さんと話せるのも魅力だ。
北部独特の旬の野菜もたくさん並ぶ。

JJ Market
そして隔週の日曜日には裏手のほうで、フリーマーケットのようなブースも並ぶ。
この間は2月19日だったので、次は3月5日か…。(違っていたらすみません)

jj3.jpg
手作りケーキとか。

jj2.jpg
パンとか、雑貨とかいろいろ。

jj4.jpg
移動式のカフェや軽食の店もあるので、好きなものを買って朝食をとるのも楽しい。

jj5.jpg
奥のほうにもまだまだ食べ物がいっぱい。

jj6.jpg
朝食から昼食、夕食まで揃ってしまう品揃え、ぜひぜひ行ってみて。

〔営業時間〕約6:00-14:00頃
〔場所〕google map




  1. 2017/02/24(金) |
  2. チェンマイの店
  3. | comment:0

大きな太陽

Filed under チェンマイの風物詩

2017 02 21 Tue

夕日
この頃、朝日と夕日がとってもきれい。
アヒルの卵を温泉卵にしたみたいだ。
ニワトリの卵黄より濃い橙色でとぅるんとしている。
普通のカメラだとそれがよくわからないけど、
肉眼だとその大きさにもびっくりする。
=空気がよどんできているということなのであまり喜ばしいことではないが、
これからどんどん空気が悪くなる季節の風物詩ともいえるかも。



  1. 2017/02/21(火) |
  2. チェンマイの風物詩
  3. | comment:0

食べられる花、ニウの季節

Filed under   *北タイ料理

2017 02 08 Wed

ニウの花
今の季節、ニウの花が満開だ。
大空に赤色の花を咲かせている。
同じように今、炎のように花を咲かせているハナモツヤクノキがあるが、
それよりもっともっと背が高い。

ニウの花
近くで見ると、花は濃いピンク色。
手のひらサイズで、花弁は肉厚、長いおしべとめしべがついている。

ニウの花
この時期になると、花を拾ってきて、花弁とめしべを取り、

ニウの花
干して保存する。

カノムジーン・ナームンニャオ
それをどうするかというと、料理に入れるのだ。
これが北部名物の「カノムジーン・ナームンニヤオ」。
素麺のような麺にトマトミートソースのようなものをかけて食べる。
ニウの花はそんなに味はないが、歯ごたえがあり、
料理にアクセントを与えてくれる。

カノムジーンの屋台
北部料理の店で味わうことができるが、
日本人がうどんやそばをつるっと軽く食べるようにあちこちにカノムジーンの屋台がある。
まだ食べていない人はぜひ1度味見してみて。






  1. 2017/02/08(水) |
  2.   *北タイ料理
  3. | comment:0

古い方のページへ

最新記事

カテゴリー

月別の過去記事