FC2ブログ

チェンマイ食いだおれタイ

チェンマイ在住者の生活日記ブログ


こんな店あんな店最新記事


北部料理・お菓子最新記事







ワンテーマ指さし会話 タイ×屋台めし (とっておきの出会い方シリーズ)

おうちでタイの屋台ごはん

タイの屋台図鑑

たっぷりチェンマイ!―タイの古都をまるごと楽しむ町歩きガイド
出版後の変更事項や訂正など最新「たっぷりチェンマイ!」の地図(pdf)

【ガイドブック変更事項】 Lynyn House閉店

Filed under 【変更】北タイごはんと古都あるき チェンマイへ

2018 08 10 Fri

lyn.jpg
「北タイごはんと古都あるき チェンマイへ」の変更事項です。
pg103のLynyn House (リニン・ハウス)が閉店しました。

kanwat.jpg
今はギャラリーが入っています。
月ごとにジュエリーや陶芸などを教えるワークショップも開いているそうです。
バーン・カーン・ワット内のお店はちょこちょこと変わっていますが、フリーマーケットが開催されるなどにぎやかですよ。

------------------------------------------------------------------------------
【これまでの変更事項】
①pg28 カオソーイ・メーサーイ
 →休み(第1日曜日のみ休み)
②pg29 ウアンカムサーイ
 → 隣りの店舗に移転
③pg83  ニマニアン・クラブ
  → 閉店
④pg86  ジンジャー
 →閉店(向かいのOne Nimmanというショッピングコンプレックスに“Ginger Farm”というレストランをオープン。2階に少しだけ雑貨を販売。しっかり買い物をしたい方は、旧市街の本店へp49)
⑤pg101 ペーパー・スプーン
  →カフェをやめて2階に雑貨のみ販売(Lazy Daisyカフェ、ギャラリー、ゲストハウスがオープン)
⑥pg103 リニン・ハウス
  →閉店



  1. 2018/08/10(金) |
  2. 【変更】北タイごはんと古都あるき チェンマイへ
  3. | comment:0

タイ紅茶のソフトクリームは親指マーク

Filed under チェンマイの店

2018 08 02 Thu

tea2.jpg
昔からタイの紅茶といえば、これ。
オレンジ色でバニラの甘い香りがする紅茶。
布の袋に入れて煮だすようにして作り、コップにたっぷりの練乳と砂糖を入れて飲む。
どちらかといえば、ホットではなく、氷を入れて冷たくして飲むほうが主流だ。

tea1.jpg
そしてこの紅茶を生産しているのが、「チャー・トラー・ムー」。
親指で"GOOD!"とあらわしているようなロゴが目印で、赤い缶に入っている。
(他の色の缶は緑茶など)

tea5.jpg
この間、バンコクのドンムアン空港へ行ったら、そのお店を発見。
国内線と国際線の間にあった。
タイ人に人気のようで、次から次にお客さんが入ってくる。
もちろん観光客も。
空港内の飲食店は値段が高いのに、ここは手頃。
タイ人はローズ風味のアイスティーを買う人が多かった。
私はソフトクリームを食べたけど、これがおいしくて、またドンムアンへ行ったら食べようと思っていたら、チェンマイにも店ができていた。

tea4.jpg
タイ紅茶のソフトクリーム。
通常55Bのところ45B(約150円)。
アイスティーで飲むより濃厚。
思ったほど甘くなくてペロリ。

tea3.jpg
で、また数日後に食べたくなりペロリ。
クセになる味。
これを食べると、なぜかタイに初めて来た頃を思い出す。
どこか懐かしい味。

チェンマイには、以下のところに店があるようです。
タイ紅茶(チャー・イェン)好きの人はぜひ!
ニマーンヘーミン店
ミーチョーク店
セントラル・フェスティバル店
セントラル・エアポートプラザ店

※旅行者だったら、ニマーンヘーミン通り店やセントラル・エアポートプラザ店が行きやすいと思う。






  1. 2018/08/02(木) |
  2. チェンマイの店
  3. | comment:0

「北タイごはんと古都あるき チェンマイへ」出版します!

Filed under 【変更】北タイごはんと古都あるき チェンマイへ

2018 01 23 Tue

covery.jpg
新しい本の紹介です。
今月26日にチェンマイのガイドブックを出版します。
タイトルは、「北タイごはんと古都あるき チェンマイへ (旅のヒントBOOK)」で、イカロス出版さんから出ている「旅のヒントBook」シリーズです。
シチリアやマラケシュ、台南、オアハカ、バルセロナなど、世界各地の都市を詳しく紹介しているガイドブックで、見ているだけでも楽しいガイドブックです。
それのチェンマイ編を私が取材・撮影・執筆しました。

tera.jpg
このガイドブックの特色は、「数日間の滞在で、筆者が友達を連れていきたい場所」を紹介するということ。
だから、有名店でなくても、私が好きなところでいいのです。
ーとはいっても、私のおすすめの「牛市場」はマニアックすぎたようで却下されました…。(笑)
考えてみれば、リピーターの方ならまだしも、限られた時間のなかであえて行かなくてもいいですから。
精霊関係の行事とか食べる虫とか、ついついマニアック傾向になってしまう私ですが、編集者の西村さんが客観的に判断してくださったので、バランス良い内容になったと思います。
この西村さん、北タイ料理やお店の写真を編集していたら、なんとチェンマイに行きたくなってしまい、本当に飛んで行ってしまったのですよ。
びっくり!

kaosoy.jpg
前半は北タイ料理の紹介になっています。
「タイ料理」といえば、グリーンカレーやパッタイ、トムヤムクンなどが有名ですが、北タイの料理は別物。
たぶん東北イサーン料理(ソムタム、ガイヤーン、ラープなど)よりも知られていないのではないでしょうか…。

food.jpg
北タイはココナッツミルクをほぼ使わない、とても素朴な料理です。
代表的なサラダや肉料理、スープなどを紹介しています。

shop.jpg
観光名所やショッピングスポット、レストランなども。

zou_20180123234734e49.jpg
そして郊外も少し。
盛りだくさんです。
このガイドブックが少しでもチェンマイを知るきっかけになったら嬉しいです。

nm_20180124002410e62.jpg
そして1つお詫びがあります。
本書83ページ掲載のカフェ「Nimmanian Club」が出版を待たずにお店を閉めてしまいました…。
結構この「突然」というのはチェンマイではよくあるのですが、素敵なお店だっただけに残念です。
お詫び申し上げます。
閉店、移転、シェフが変わって味も変わる…、などなど、ガイドブックには変更がつきないですが、できるだけこのブログでフォローしていかれたらと思っています。
ご迷惑をおかけするかもしれませんが、どうぞよろしくお願いします!

covery.jpg
北タイごはんと古都あるき チェンマイへ (旅のヒントBOOK)
1500+税 (1620円)
イカロス出版




  1. 2018/01/23(火) |
  2. 【変更】北タイごはんと古都あるき チェンマイへ
  3. | comment:0

地元のフュージョンカフェ、local cafe

Filed under チェンマイの店

2014 11 15 Sat

i-berry
すっかりチェンマイの顔になったi-berry(アイベリー)の犬は今ではピンク色。
大きな鈴とサングラスをつけている。

local cafe
そして今度ニマンヘミンの "Think Park"に登場したのが巨大な招き猫。
ガラス張りの2階建てで、天井が高い広々としたスペースになっている。
このお店をプロデュースしたのは、
コメディアン、アーティスト、俳優、ウドム・テーパーニット(通称:ノート)さんだ。

local cafe
中はアートが散りばめられている。
ウドムさんはi-berryチェンマイ店のオーナーだけど、
あくまでもi-berryはバンコクのフランチャイズ。
ウドムさんがチェンマイ店をポップに仕上げたが、アイスクリームはi-berryのものだ。
だから今回オープンしたのは初の自分の店で、
"local cafe"は、メニューからスタッフと一緒に考えている。

local rice style 125B
地元の物を食卓に、というコンセプトで、
地元の素材を和洋と合わせたオリジナルメニューがもりだくさんだ。
例えば、これはタイ北部の名物「カオテーン」(おこし)とソフトクリームを合わせたデザート。
ソフトクリームはタイ紅茶風味。
カオテーンは特別にこのサイズで揚げてもらっているそうだ。
手で割って、ソフトクリームやアイスクリームをのせて食べるのがポイント。
器も手作りのものを使っている。

フィッシュ&チップス 3ディップ 125B
これは、「フィッシュ&チップス 3ディップ」。
棒状の魚フライとポテトフライ。
ディップは、北タイ名物の青唐辛子ディップ(ナムプリック・ヌム)、
チリオイルディップ、パンプキン&シーラチャーディップ。

french fries ice cream 95B
こんな不思議なメニューもある。
タイ紅茶風味のソフトクリーム&ポテトフライ。
ソフトクリームにポテトをつけて食べる。
最初ギョッと驚くけど、意外といけるかも…?!

almond pumpkin cake 90B スイカケーキ 90B
カボチャケーキやスイカケーキ。
新鮮なスイカが入っていて、クッキー生地はヘルシー系。

fresh herbal tea 125B plum ice cubes 85B
ハーブティーにアイスキューブジュース。
日本のミントやレモンバームなど7種類のフレッシュハーブが入ったハーブティーは
甘いものと組み合わせるとさっぱり爽やか。
塩梅やローゼルなどをアイスキューブ状にし、
その上から炭酸水を入れて混ぜ混ぜして飲むドリンクもある。
その他、タイ北部サラダ、チェンマイソーセージ天ぷら丼、
唐辛子ペーストスパゲッティー、トンカツ&タイ北部カレーライスなどなど。
ちなみにウドムさんもスタッフも大の日本好き。
日本によく行っていて、日本で何か面白いアイデアや美しいものを見たものを
お店に取り入れているとか。
盛り付けなんかもそうだ。
メニューも丼や照り焼きなどの料理がちらほら。
タイの若者が好きそうな味、組合せ、デザインのお店だ。

local cafeの情報はこちらをクリック



  1. 2014/11/15(土) |
  2. チェンマイの店
  3. | comment:2

森のカフェ@Into the Woods

Filed under チェンマイの店

2014 09 26 Fri

into the wood
友達に誘われて行ったカフェ。
赤ずきんちゃんに、ヘンゼルとグレーテルになって森に入り込んだような店。
よく見るとテーブルとイスがある。

ロールケーキ
とってもラブリーなロールケーキとスムージー。
色がカラフルで、子どもが喜びそう。
いや、タイの若者も大人も大好き。
生クリームは植物性かなあ。
生地の模様がとてもきれい。
写真では小さく見えるけど、日本で売っているロールケーキのサイズ。
いくつか味見しようと思ったが、1個でも食べ応えあり。

レモンパイ
濃厚なレモンパイ。
定番のロールケーキの他に日替わりでいくつかケーキが並ぶ。

into the wood
オーナーは英文学を専攻していたそうで、本もずらり。
あちこちに森らしい飾り付けがある。
食事もできる。

[場所]
191-193 Prapokklao Road
旧市街(お濠)の中。チャンプアック門近く。
[営業時間]9:00-20:00
[電話]081- 531-7793



  1. 2014/09/26(金) |
  2. チェンマイの店
  3. | comment:0

本格的なコーヒーと天然酵母パンを味わえる店@Khagee

Filed under チェンマイの店

2014 09 06 Sat

khagee
チェンマイのカフェ・ブームは落ち着くどころかどんどん盛り上がっている気がする。
町中カフェだらけ。
とりあえず作っちゃった店も多いが、
コンセプトをきちんと持って特色を出している店も多い。
この間友達に連れて行ってもらったのが「Khagee」(カジー)。
ピン川沿いにちょこんとある。
歩いていたら通り過ぎてしまいそうだが、
知る人ぞ知るでいつも賑わっている。
本格的なコーヒーと、天然酵母のパン・おやつを楽しむことができる。

khagee
内観の写真を撮らなかったけど、
内装もシンプルでオシャレに仕上がっている。
カフェ天国、チェンマイ。
毎日行っても回り切れない。

FB https://www.facebook.com/khageecafe?fref=ts
【営業時間】水~日曜 10:00-17:30
【場所】ターペー通りからナワラット橋を渡り、右折。数百メートル行った左側。



  1. 2014/09/06(土) |
  2. チェンマイの店
  3. | comment:0

サイアム・チューリップ@ラーチャプルック

Filed under チェンマイ情報

2014 09 05 Fri

ラーチャプルック
サイアム・チューリップ(クルクマ:ウコンや生姜系)が今シーズンだということで
友達に誘われてロイヤル・フローラ・ラーチャプルックへ行って来た。
もう見頃は過ぎているけど、会場のあちこちで咲いている。
花博が終わって人がほとんどいないものの、手入れが行き届いていて気持ちよかった。

prawpllin
会場を出て、外でお茶タイム。
花博の周りは木が生い茂った林、山裾だけど、
カフェやレストランがいくつも立っている。
市内ではなく、ちょっと郊外のカフェが今流行っているそうだ。

prawpllin
チェンマイのカフェはいったいどれくらいあるのだろう。
こんなにカフェだらけになるなんて15年前は想像もできなかった。


花博のサイトはここをクリック



  1. 2014/09/05(金) |
  2. チェンマイ情報
  3. | comment:0

最新記事

カテゴリー

月別の過去記事