FC2ブログ

チェンマイ食いだおれタイ

チェンマイ在住者の生活日記ブログ


こんな店あんな店最新記事


北部料理・お菓子最新記事







ワンテーマ指さし会話 タイ×屋台めし (とっておきの出会い方シリーズ)

おうちでタイの屋台ごはん

タイの屋台図鑑

たっぷりチェンマイ!―タイの古都をまるごと楽しむ町歩きガイド
出版後の変更事項や訂正など最新「たっぷりチェンマイ!」の地図(pdf)

スポンサーサイト

Filed under スポンサー広告

-- -- -- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告

「コーヒー」が製品になるまで

Filed under チェンマイ食べ物紀行

2019 01 22 Tue

coffee_20190119154943b33.jpg
コーヒーの実がなるのは乾季のこの時期。
北部タイで「冬」と呼んでいる涼しい頃。
日中は30度近くなっても、朝晩はぐっと冷え込む。
特に標高の高いところだと10度を下回ることもある。
そんな寒暖差がコーヒーの木に適していて、北部タイのあちこちでコーヒーが栽培されている。

coffee1.jpg
これは珍しく花と実が一緒についている。
普通は花が終わった後に実がなる。
花を乾燥させてハーブティーとして売っている人もいるけど、花を採ると実がならないので木についているものはあまり採らないとか。

coffee2_201901191556150d4.jpg
熟れると真っ赤なので、「コーヒーチェリー」と呼ばれていて、食べると甘い。
「コーヒー」のイメージが強いので、香ばしいのか、苦いのか、渋いのか、と思う人もいるけど、そのままだと正にフルーツ。
もっともほとんど食べるところはないので、口に含んでチューチューと少し吸うぐらい。
中にはこのように種子が!
これがよく皆が知っているコーヒーだ。

coffee3_2019011916102962a.jpg
豆を数日間、乾燥するが、村だと天日干し。
時々下と上を混ぜる。
夜露が降りるので、夜はカバーをしないといけない。
虫食いの悪い豆は取り除くが、その作業が結構大変。

coffee4.jpg
その後は、米と同じで外の殻をむいて煎れば、お店でよく見る「コーヒー」になる。
手前の2粒は殻がむけたもの。
「コーヒー」になるまで、それはそれは手間暇のかかる作業だ。
1杯1杯を大切に飲まないとなと思う。
(すべてにおいてそうだけど)


スポンサーサイト


  1. 2019/01/22(火) |
  2. チェンマイ食べ物紀行
  3. | comment:0

Happy New Year 2019!

Filed under お知らせ

2019 01 01 Tue

HN2019.jpg
サワッディー・ピーマイ、明けましておめでとうございます!

NY2019.jpg
皆さまにとって楽しく、実り大きな1年となりますように。
北部タイはコーヒーの収穫シーズンを迎えています。



  1. 2019/01/01(火) |
  2. お知らせ
  3. | comment:0

アカアマコーヒーの2号店

Filed under チェンマイの店

2015 07 17 Fri

カプチーノ
私の好きなカフェの1つ、アカアマコーヒー
あれよあれよという間に人気が出て
去年だったか?2号店の「Akha Ama Coffee La Fattoria」ができた。
1号店はとても心地良いが、地元の人でないとちょっとわかりにくい場所なので、
2号店の立地は旅行者には抜群だと思う。

アカアマ
旧市街のワット・プラシンのすぐ近くにあり、
お寺の門を背にして真っ直ぐ進んだ右側。
お寺からは1分もかからない。
店内はこんな感じ。

アカアマ
コーヒー豆も買えるので、お土産にぜひ。




  1. 2015/07/17(金) |
  2. チェンマイの店
  3. | comment:0

本格的なコーヒーと天然酵母パンを味わえる店@Khagee

Filed under チェンマイの店

2014 09 06 Sat

khagee
チェンマイのカフェ・ブームは落ち着くどころかどんどん盛り上がっている気がする。
町中カフェだらけ。
とりあえず作っちゃった店も多いが、
コンセプトをきちんと持って特色を出している店も多い。
この間友達に連れて行ってもらったのが「Khagee」(カジー)。
ピン川沿いにちょこんとある。
歩いていたら通り過ぎてしまいそうだが、
知る人ぞ知るでいつも賑わっている。
本格的なコーヒーと、天然酵母のパン・おやつを楽しむことができる。

khagee
内観の写真を撮らなかったけど、
内装もシンプルでオシャレに仕上がっている。
カフェ天国、チェンマイ。
毎日行っても回り切れない。

FB https://www.facebook.com/khageecafe?fref=ts
【営業時間】水~日曜 10:00-17:30
【場所】ターペー通りからナワラット橋を渡り、右折。数百メートル行った左側。



  1. 2014/09/06(土) |
  2. チェンマイの店
  3. | comment:0

コーヒー味?!のハチミツ

Filed under   *その他の食べ物

2013 04 25 Thu

ハチミツ
チェンマイでよく買うものの1つにハチミツがある。
自分も食べるけど、友達のお土産に日本へ持って帰るのだ。
とにかく日本はハチミツが高い!
国産の純粋ものだと小さな瓶でも1000円近いか、種類によってはそれ以上する。
トーストにぬったり、ヨーグルトに混ぜたり、お菓子作りに使ったりと
たっぷり使うには勇気がいる。
チェンマイ人の友達に言わせると、タイでもハチミツは「高い」そうだが、
日本の価格と比べるとずっと安い。

ハチミツにはいろいろな種類があり、
チェンマイでよく見かけるのは、ひまわりや野生(森)の花から集められたもの。
時々、ゴマの花のハチミツも見る。
そして、チェンマイ土産にもってこいなのが、ラムヤイライチーのハチミツ。
ラムヤイもライチーもチェンマイや北タイの名産だからオススメだ。

そして、ちょっと前に発見したのが、これ。
アラビカ・コーヒーの花のハチミツ。
こういうのは初めてだ。
ロイヤルプロジェクト(王室プロジェクト)のお店「ドイカム」で買ったが、
ロイヤルプロジェクトならではの商品だと思う。

チェンマイを含む北タイは、近年アラビカ種のコーヒー栽培がとても盛ん。
ロイヤルプロジェクトがアヘンの代替作物としてコーヒー栽培を推奨したこともあるし、
チェンマイ人の生活スタイルが変わってきたことも理由だろう。
十年前はインスタントコーヒーが主流だったのに、
今では北タイ産の豆を使ったコーヒーを出すカフェは山のようにあるし、
店によってはオリジナル・コーヒー豆も売っている。

コーヒーの木が多いということで、きっとうまれたのがこのハチミツ。
農園を飛んでいる蜂がコーヒーの花から集めてきたものだ。
はたして、コーヒーのように香りがいいのだろうか。
もっともコーヒー豆の実はほんのり甘くて、
乾燥させて煎らないとあの味にはならないのだが……。
「コーヒーのハチミツ」という先入観があるからついそう思ってしまう。
見た目も、煎ったコーヒー豆のような濃厚な色をしていることもある。

蜂蜜
とろーり。
匂いはいわゆるハチミツの香りだけど、凝縮したように濃い。
味はほんのり酸味があるが、コーヒーを思い出させるように濃厚。
煎ったような独特の味がするというか、なんというか。
あまりコーヒーのことは詳しくないが、
コーヒーでいうと、モカではなく、ブラジルみたいな味わいだろうか。

でも、姪や姉に言わせると、「苦い」とか。
甘いはずのハチミツが苦い?!
私はこの頃毎日食べているので特に何も感じなくなってしまったが、
酸味が強いハチミツよりは好きだな。
ハチミツが好きならぜひ試してみては?

Doi Kham
ドイカムにて買うことができる。
値段は忘れたが、200バーツしなかったはず。
その他、ドイカムには面白い商品がたくさんあるので、
時間があれば行ってみてくださいね。
カフェもありますよ。
お土産にいいですよ。
あ、でも「アラビカ・コーヒー・ハチミツ」は600グラム(+瓶)で重いか……。
(他のハチミツは小瓶あり)

※一番上の写真は食べかけです。実物は上まで入っています。



  1. 2013/04/25(木) |
  2.   *その他の食べ物
  3. | comment:4

最新記事

カテゴリー

月別の過去記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。