FC2ブログ

チェンマイ食いだおれタイ

チェンマイ在住者の生活日記ブログ


こんな店あんな店最新記事


北部料理・お菓子最新記事







ワンテーマ指さし会話 タイ×屋台めし (とっておきの出会い方シリーズ)

おうちでタイの屋台ごはん

タイの屋台図鑑

たっぷりチェンマイ!―タイの古都をまるごと楽しむ町歩きガイド
出版後の変更事項や訂正など最新「たっぷりチェンマイ!」の地図(pdf)

チェンマイの乗り物は「グラブ」も便利

Filed under チェンマイ情報

2018 04 06 Fri

son1.jpg
チェンマイの乗り物の話。
バンコクと違って流れのメータータクシーはないので(交渉性)、トゥクトゥクか赤色のソンテーオを使うことになる。
トゥクトゥクのほうが高いので、地元の人はソンテーオを利用している。
ソンテーオはいわゆる乗り合いタクシーで、特にルートは決まっていない。
自分が行きたい場所を運転手に告げ、もし運転手がOKなら乗せてくれる。
他に乗客がいたら、その人と同じ方角だと乗せてくれるし、違う方角だと断られる、そんな仕組み。
だいたい20Bで、ピン川を越えると少し高くなるし、観光客だと30B~要求されることもある。
流しのソンテーオはたくさんいるから便利だけど、英語が通じないので、初めての人はドキドキするかもしれない。

grab1.jpg
そんな時に便利なのが「Grab」(グラブ)。
Grabは個人の車や免許を持つタクシーを配車するサービスで、東南アジアで普及している。
スマホにアプリをダウンロードすれば、wi-fiを使える環境でタクシーを呼び出すことができる。

grab2.jpg
「位置情報」を"ON"にしておき、目的地を入力するだけ。
すると、周辺にどれだけグラブタクシーがいるか出てくる。
何がいいかというと、タクシー感覚で使えることと、言語が通じなくても、入力すればすむこと(たまに運転手から電話あり)。
そして、目的地までの料金が事前にわかること(kmで計算)。
この場合、チェディールアン寺からワローロット市場まで、普通の車で60B(205円)。
車が到着するまで、2分。
この料金でOKなら「BOOK」を押せば、車がやってくる。

grab3.jpg
車両タイプは4種類あり、選ぶことができる。
①「Grab Car」…一般の乗用車(4人)
②「Grab Taxi」…メータータクシーの車両(4人)
③「Grab Rod Daeng」…赤いソンテーオ(9人)
④「Grab Car+Premium」…バン・CRVタイプ(7-10人)

①は一般の人が自分の空き時間に、自分の車を使ってタクシーサービスをしているので、見かけは普通の乗用車。
だから毎回どんな車が来るかわからない。
そのため、運転手の顔写真と車種、車の番号などがスマホに表示される。
②は黄色と緑のメータータクシー。
③は赤いソンテーオ。
④は大きめの車両。

周りの人がよく使っているのは、①番だ。
例えば、①に4人で乗るなら、1人15Bですむ。
ソンテーオより割安なうえ、クーラーもきいているので快適だ。

空港などへ行くのに事前に予約したい人は、②と④しか使えない。
支払いは降りる時に、現金で払ってもいいし、事前にクレジットカードを登録しておけばキャッシュレスで乗れる。
ポイントを集めて、クーポンに換えるなんてサービスもある。

チェンマイのGrab事務所の人によると、運転手は全員事務所で登録し、研修を受けているとか。
時々、待ち合わせ場所の件で運転手から電話がかかってくることもあるから、タイのSIMカードを入れておいたほうがいいそうだ。
私も運転手から電話がかかってきたことがあるけど、まあ通じなくてもなんとかなるのかなと思っている。
結構、外国人観光客が利用しているのを見るから。

詳細は、こちらをクリック
※はじめてGrabを利用する人は、100B無料キャンペーンがあるとか。(「Promotion」に「GRABOTC」を入力して使用)



  1. 2018/04/06(金) |
  2. チェンマイ情報
  3. | comment:0

冬はぴりりっと生姜汁で

Filed under チェンマイの店

2013 01 14 Mon

タオフエイの屋台
この頃、ひんやりする。
家にじっとしているとシンシンと冷え、トレーナーや靴下が離せない。
そして空気がこの頃、汚れてきている気がする。
山焼きだろうか、ちょっと臭くて喉が痛い。
そんな時は、ここ。
タオフエイ・サウォーイ」の屋台へ行く。
目印はこの色褪せたピックアップ。
「これまだちゃんと動くの?」
「おお、ちゃんと動くよ!」
とおじさんは元気よく答える。
朝は自宅の前で売っているけど、夕方はスアンドーク病院近くまでこの車を運転している。
距離にして500mもないけど、ちゃんと動くのだ。
この車が道路を走っているのに遭遇すると、なんか感動的なのだ。

タオフエイ
いつも注文するのはこれ。
タオフエイ&黒ゴマ団子の生姜汁。
タオフエイだけだと物足りなく、黒ゴマがぎっしりつまった団子も2個入れてもらう。
生姜汁は甘く味付けしてあるけど、生姜がきいていて、
全部飲むと口がピリピリして鼻水が出てくる。
体はポカポカ、喉はジンジン。
これでたぶん30バーツ(約90円)。
「Happy New Year!だから、ご馳走するよ」
と言われ、払わなかったのでわからない。
喉が痛いのでまた食べに行こう。
あ、食べた後は、ニッと笑って歯にゴマがついていないかチェックしよう。

※朝: Soi11 Srimankhalajan Road(「たっぷり!」2刷りの住所が間違っています。訂正お願いします。どうもすみません。) 



  1. 2013/01/14(月) |
  2. チェンマイの店
  3. | comment:4

最新記事

カテゴリー

月別の過去記事