FC2ブログ

チェンマイ食いだおれタイ

チェンマイ在住者の生活日記ブログ


こんな店あんな店最新記事


北部料理・お菓子最新記事







ワンテーマ指さし会話 タイ×屋台めし (とっておきの出会い方シリーズ)

おうちでタイの屋台ごはん

タイの屋台図鑑

たっぷりチェンマイ!―タイの古都をまるごと楽しむ町歩きガイド
出版後の変更事項や訂正など最新「たっぷりチェンマイ!」の地図(pdf)

【ガイドブック変更事項】 Lynyn House閉店

Filed under 【変更】北タイごはんと古都あるき チェンマイへ

2018 08 10 Fri

lyn.jpg
「北タイごはんと古都あるき チェンマイへ」の変更事項です。
pg103のLynyn House (リニン・ハウス)が閉店しました。

kanwat.jpg
今はギャラリーが入っています。
月ごとにジュエリーや陶芸などを教えるワークショップも開いているそうです。
バーン・カーン・ワット内のお店はちょこちょこと変わっていますが、フリーマーケットが開催されるなどにぎやかですよ。

------------------------------------------------------------------------------
【これまでの変更事項】
①pg28 カオソーイ・メーサーイ
 →休み(第1日曜日のみ休み)
②pg29 ウアンカムサーイ
 → 隣りの店舗に移転
③pg83  ニマニアン・クラブ
  → 閉店
④pg86  ジンジャー
 →閉店(向かいのOne Nimmanというショッピングコンプレックスに“Ginger Farm”というレストランをオープン。2階に少しだけ雑貨を販売。しっかり買い物をしたい方は、旧市街の本店へp49)
⑤pg101 ペーパー・スプーン
  →カフェをやめて2階に雑貨のみ販売(Lazy Daisyカフェ、ギャラリー、ゲストハウスがオープン)
⑥pg103 リニン・ハウス
  →閉店



  1. 2018/08/10(金) |
  2. 【変更】北タイごはんと古都あるき チェンマイへ
  3. | comment:0

タイ紅茶のソフトクリームは親指マーク

Filed under チェンマイの店

2018 08 02 Thu

tea2.jpg
昔からタイの紅茶といえば、これ。
オレンジ色でバニラの甘い香りがする紅茶。
布の袋に入れて煮だすようにして作り、コップにたっぷりの練乳と砂糖を入れて飲む。
どちらかといえば、ホットではなく、氷を入れて冷たくして飲むほうが主流だ。

tea1.jpg
そしてこの紅茶を生産しているのが、「チャー・トラー・ムー」。
親指で"GOOD!"とあらわしているようなロゴが目印で、赤い缶に入っている。
(他の色の缶は緑茶など)

tea5.jpg
この間、バンコクのドンムアン空港へ行ったら、そのお店を発見。
国内線と国際線の間にあった。
タイ人に人気のようで、次から次にお客さんが入ってくる。
もちろん観光客も。
空港内の飲食店は値段が高いのに、ここは手頃。
タイ人はローズ風味のアイスティーを買う人が多かった。
私はソフトクリームを食べたけど、これがおいしくて、またドンムアンへ行ったら食べようと思っていたら、チェンマイにも店ができていた。

tea4.jpg
タイ紅茶のソフトクリーム。
通常55Bのところ45B(約150円)。
アイスティーで飲むより濃厚。
思ったほど甘くなくてペロリ。

tea3.jpg
で、また数日後に食べたくなりペロリ。
クセになる味。
これを食べると、なぜかタイに初めて来た頃を思い出す。
どこか懐かしい味。

チェンマイには、以下のところに店があるようです。
タイ紅茶(チャー・イェン)好きの人はぜひ!
ニマーンヘーミン店
ミーチョーク店
セントラル・フェスティバル店
セントラル・エアポートプラザ店

※旅行者だったら、ニマーンヘーミン通り店やセントラル・エアポートプラザ店が行きやすいと思う。






  1. 2018/08/02(木) |
  2. チェンマイの店
  3. | comment:0

ラムヤイ入りのグラノーラ

Filed under   *果物

2018 07 15 Sun

lamyai1_20180715234836669.jpg
この時期になるとラムヤイ(龍目・ロンガン)が市場に出回る。
北部はラムヤイの果樹園が多いし、庭にはえていることも多く、買わなくてもだいたい誰かがくれる。

lamyai2_20180715234838703.jpg
生で食べると甘くてジューシーでおいしいけど、乾燥したものも出回っている。
しっかりした歯ごたえで、ちょっとスモーキーな味。

lamyai3.jpg
せっかくならタイの味で…ということで、ロンガン入りのグラノーラを作ってみた。
タイでよく食べられるヒマワリとボチャの種も一緒にロースト。
生のココナッツも手に入るので、好きな人はそれを入れてもいいし、パイナップルやマンゴーのドライフルーツも合うと思う。
一見ぜいたくだけど、レーズンやアーモンドなどを使ったほうが高くつくので、地元のものを取り入れたほうがいいかも。

(ミントの葉がなくて、パクチーの葉で失礼!)



[ラムヤイ入りのグラノーラ]の続きを読む

  1. 2018/07/15(日) |
  2.   *果物
  3. | comment:0

雨季のチェンマイ

Filed under チェンマイの天気

2018 07 13 Fri

sora2018.jpg
タイは雨季。
暦上では7月28日が入安吾(カオパンサー)で本格的な雨季になるけど、1日ずっと降ることはあまりないので観光に困ることはそんなにない。
どちらかというと雨が降ると涼しくなるので快適。
夜は扇風機をつけなくても寝られる。
日本の7、8月よりは過ごしやすい。
蒸したと思ったら雨が降り、しばらくするとこんな青空が広がり暑くなる。
そしてまたどんより曇ってくる。
時々虹が出たり。
空を見るのが楽しい季節だ。




  1. 2018/07/13(金) |
  2. チェンマイの天気
  3. | comment:0

パイナップルは1個なんと17円!

Filed under   *果物

2018 07 11 Wed

pine.jpg
パイナップルの価格が暴落している。
農家の人が卸値を1kg3円弱という破格な安値にしても買い手がいないそうだ。
そのため、収穫したものが腐り始めている。
だから学校に寄贈しようとしても、すでに違う農家の人があげていて学校では食べるのが追いつかないという。

市場では、1個なんと5バーツ、5個20バーツで売っている。
5バーツは日本円にしてたったの17円!
5個でも70円しない。
ちょっと大きめのパイナップルでも、1個10バーツ(約34円)。

私も1個購入。
食べきれないので、一部は冷凍し、暑い日にシャーベットのように食べたり、スムージーにしたりするつもり。
パイナップルは消化を助けるので、みなさんも食後にぜひ!






  1. 2018/07/11(水) |
  2.   *果物
  3. | comment:0

展示会「て te ま ma ひ hi ま ma 」

Filed under お知らせ

2018 06 12 Tue

rendee1.jpg
北タイごはんと古都あるき チェンマイへ (旅のヒントBOOK)北タイごはんと古都あるき チェンマイへ」で紹介している素敵な雑貨屋さん「レンディー・デザイン」(p54)さんが、今度バンコクで展示会「て te ま ma ひ hi ま ma 」を開催する。

rendee2.jpg
ちひろさんが作り出す作品はどれも見ているだけでワクワクするし、身につけると、まるで物語に入り込んでしまうような空気感がある。
雑貨やショールなどは草木染めしてあり、ひと針ひと針手で縫っていて、どれも愛らしい。


31948475_1010306919144356_7066267825320493056_n.jpg
そんなちひろさんの作品や、タイで手づくりをするアーティストたちの作品(3組)が会場に並ぶそうだ。

34585822_1024839887691059_5251391263676039168_n.jpg

なかなか手に入りにくい手づくり作品が揃うので、興味のある方はぜひ!
北タイごはんと古都あるき チェンマイへ (旅のヒントBOOK)」も扱ってくださるので、タイでガイドブックを入手されたい方もぜひ!

【会場】 Rikyu Boy, 45 Sukhumvit soi 24, Klongton, Klongtoey, Bangkok
【最寄り駅】 BTS Phrom Phong
【日時】 2018年6月21日~7月3日 10:00-18:00(水曜休み)
【ワークショップ】 6月23日
【サイト】http://boyrikyu.com/news/rendee-design/




  1. 2018/06/12(火) |
  2. お知らせ
  3. | comment:0

サンカンペーン温泉へ行くならバンが便利

Filed under チェンマイ情報

2018 05 15 Tue

onsen_2018051509522815c.jpg
北タイには温泉があちこちにあるが、市内から比較的近くて行きやすいのがサンカンペーン温泉。
車で1時間ほどだろうか。
広い公園になっていて、キャンプ場や温泉プール、レストラン、マッサージをするところなんかもある。
こんなふうに源泉が湧き出ているところで温泉卵を作るのも楽しい。

onsen2_20180515095839f0c.jpg
タイ人のほとんどは、こうやって友達や家族とごはんを食べたり、おしゃべりしたりしながら足湯につかっている。

onsen3_20180515100222a6c.jpg
ゆったりお湯につかりたい人は、個室の浴槽がある。
1人60B。(+公園入園料100B)
2人は入れる大きさなので、たまるのに少し時間がかかる。
シンプルだけど、毎回お湯を変えるうえ、自分の好きな温度に調整できるのが嬉しい。
バスタブタイプもあるが、女性はこのタイプ。
せっかく行くならバスタブにつかりたい。
タオルや水着(プール用)の貸し出しや石鹸などの販売もしているので、ふらりと行っても大丈夫。

onsen4_20180515101040ea2.jpg
温泉へは車をチャーターしてもいいが、便利なのがバン。
ワローロット市場界隈の川沿い(花市場の前)、ちょうどピン川を渡る歩道橋があるところにバス停がある。
ランプーン行きのバス停と同じ場所で、そこから以下のスケジュールでバンが出ている。
7:40 11:40 15:40 18:30
確か片道40B。
いろいろと変更になると思うので、詳しくはこちらのサイトを見てください。

※バンによってはメーカムポンへも行く。150B
※チャーンプアック・バスターミナルから出ているらしいが、未確認



  1. 2018/05/15(火) |
  2. チェンマイ情報
  3. | comment:0

チェンマイの乗り物は「グラブ」も便利

Filed under チェンマイ情報

2018 04 06 Fri

son1.jpg
チェンマイの乗り物の話。
バンコクと違って流れのメータータクシーはないので(交渉性)、トゥクトゥクか赤色のソンテーオを使うことになる。
トゥクトゥクのほうが高いので、地元の人はソンテーオを利用している。
ソンテーオはいわゆる乗り合いタクシーで、特にルートは決まっていない。
自分が行きたい場所を運転手に告げ、もし運転手がOKなら乗せてくれる。
他に乗客がいたら、その人と同じ方角だと乗せてくれるし、違う方角だと断られる、そんな仕組み。
だいたい20Bで、ピン川を越えると少し高くなるし、観光客だと30B~要求されることもある。
流しのソンテーオはたくさんいるから便利だけど、英語が通じないので、初めての人はドキドキするかもしれない。

grab1.jpg
そんな時に便利なのが「Grab」(グラブ)。
Grabは個人の車や免許を持つタクシーを配車するサービスで、東南アジアで普及している。
スマホにアプリをダウンロードすれば、wi-fiを使える環境でタクシーを呼び出すことができる。

grab2.jpg
「位置情報」を"ON"にしておき、目的地を入力するだけ。
すると、周辺にどれだけグラブタクシーがいるか出てくる。
何がいいかというと、タクシー感覚で使えることと、言語が通じなくても、入力すればすむこと(たまに運転手から電話あり)。
そして、目的地までの料金が事前にわかること(kmで計算)。
この場合、チェディールアン寺からワローロット市場まで、普通の車で60B(205円)。
車が到着するまで、2分。
この料金でOKなら「BOOK」を押せば、車がやってくる。

grab3.jpg
車両タイプは4種類あり、選ぶことができる。
①「Grab Car」…一般の乗用車(4人)
②「Grab Taxi」…メータータクシーの車両(4人)
③「Grab Rod Daeng」…赤いソンテーオ(9人)
④「Grab Car+Premium」…バン・CRVタイプ(7-10人)

①は一般の人が自分の空き時間に、自分の車を使ってタクシーサービスをしているので、見かけは普通の乗用車。
だから毎回どんな車が来るかわからない。
そのため、運転手の顔写真と車種、車の番号などがスマホに表示される。
②は黄色と緑のメータータクシー。
③は赤いソンテーオ。
④は大きめの車両。

周りの人がよく使っているのは、①番だ。
例えば、①に4人で乗るなら、1人15Bですむ。
ソンテーオより割安なうえ、クーラーもきいているので快適だ。

空港などへ行くのに事前に予約したい人は、②と④しか使えない。
支払いは降りる時に、現金で払ってもいいし、事前にクレジットカードを登録しておけばキャッシュレスで乗れる。
ポイントを集めて、クーポンに換えるなんてサービスもある。

チェンマイのGrab事務所の人によると、運転手は全員事務所で登録し、研修を受けているとか。
時々、待ち合わせ場所の件で運転手から電話がかかってくることもあるから、タイのSIMカードを入れておいたほうがいいそうだ。
私も運転手から電話がかかってきたことがあるけど、まあ通じなくてもなんとかなるのかなと思っている。
結構、外国人観光客が利用しているのを見るから。

詳細は、こちらをクリック
※はじめてGrabを利用する人は、100B無料キャンペーンがあるとか。(「Promotion」に「GRABOTC」を入力して使用)



  1. 2018/04/06(金) |
  2. チェンマイ情報
  3. | comment:0

暑い時期の珍味はこれ

Filed under チェンマイの風物詩

2018 03 20 Tue

ari-(5).jpg
長い竿の先に袋をつけて何やらガサゴソ動かしている。
この暑い季節、木の上といえば、あれでしょう。

ari (2)
捕れたぞ、捕れたぞ~。
そうっと袋を下ろすと、奥さんが手際よく盆の上に中身を出す。

ari (4)
そう、そう、これ、これ。

ari-(1).jpg
赤蟻と卵だ。
食べるのはこの白い卵。
1㎝ぐらいあるだろうか。
とれたてなのでぷりっぷり。
全然シワがない。

arii.jpg
赤蟻に刺されたらものすごく痛いので気をつけながら赤蟻を逃がし、卵だけ集めていく。
「この巣にはたいして入っていなかったねえ」
おばさんは言う。
自分で食べるのかと聞くと、売るそうだ。
1kg400バーツ(約1360円)。
なかなかいい値だ。

arii2.jpg
卵はパックワーンという葉や春雨と一緒に煮てスープにするのが定番で、この時期なら新鮮な卵のスープを楽しめる。
味はそんなになくて、プチプチっと口ではじける食感は正にイクラかも!?
ぜひ味わってみて。




  1. 2018/03/20(火) |
  2. チェンマイの風物詩
  3. | comment:0

霧?のチェンマイ

Filed under チェンマイの天気

2018 03 09 Fri

sora18.jpg
朝霧に包まれたドイステープ。
ーといいたいところだけど、昼になっても夜になっても一向に晴れない。
真っ白。
この大気の白さは、気温が上がっていることもあるけど、山焼きなども関係している。
特にこの時期は、雨がほとんど降らないから空気は汚れる一方。
昨晩、ぱらっと降ったけど、一瞬だけ。
これだけ大気が白いので、朝日も夕日もすごーくきれい。
赤くて真ん丸の太陽が大きく、くっきり見える。
(写真はいずれ)
もう少ししたら、ドイステープさえも見えなくなる。

sora.jpg
この時期、旅行する人は、こんな景色が白の後ろにあるなんてきっと想像できないだろう。
雨季はこんなに青々としているのにね。




  1. 2018/03/09(金) |
  2. チェンマイの天気
  3. | comment:0

古い方のページへ

最新記事

カテゴリー

月別の過去記事