チェンマイ食いだおれタイ

チェンマイ在住者の生活日記ブログ


こんな店あんな店最新記事


北部料理・お菓子最新記事







ワンテーマ指さし会話 タイ×屋台めし (とっておきの出会い方シリーズ)

おうちでタイの屋台ごはん

タイの屋台図鑑

たっぷりチェンマイ!―タイの古都をまるごと楽しむ町歩きガイド
出版後の変更事項や訂正など最新「たっぷりチェンマイ!」の地図(pdf)

ソムタムの食べ方 (辛いのが苦手な人編)

Filed under   *タイ料理

2015 11 13 Fri

ガイヤーン&ソムタム
たまにがっつり食べたくなるのがガイヤーン(焼き鳥)。
お店によって味は少しずつ変わるが、炭火で焼くのでどれも香ばしい。
2人で1羽頼んでもぺろりと平らげてしまうおいしさだ。

ソムタム
ガイヤーンに必ず合わせるのがソムタム(パパイヤサラダ)。
これを合わせると口がさっぱりする。
私は年齢とともに辛いのが苦手になってきているので、
辛さはいつも控えめにしている。
以前は
「辛さ控えめで」(ペット ノーイ)
と言っていたが、作り手によって辛さが違い、
唐辛子を3本入れる人もいれば、7、8本入れる人もいた。

だからその後は
「唐辛子1本で」(プリック メット ディアオ)
に変わった。
だけどそれでも、「からっ~!」ということが何度かあった。
タイ人の友達に食べてもらっても「これ、辛いよ」というほど。

不思議に思っていたが、ソムタムを作る木臼は1回1回洗わないので、
これまでに作った液が少しずつ底のほうにたまっているのだ。
お客さんによっては「辛く!」と言っているので、
それが混ざって私のソムタムも辛くなるのだ。

これが判明してからは、ソムタムを注文する時は、
「唐辛子を入れないで」
に変わった。
味気ないかと心配したが、ほどよい辛さがある。
時には舌がピリピリして鼻水が出ることも。
意外と木臼の底には唐辛子液が残っているのだ。
もし、「ソムタムをいっぱい食べたいけど、辛いのでちょっとしか食べられない」
という人がいたら、
「唐辛子なしで」(マイ サイ プリック)
と言ってみては?



  1. 2015/11/13(金) |
  2.   *タイ料理
  3. | comment:2

最新記事

カテゴリー

月別の過去記事