チェンマイ食いだおれタイ

チェンマイ在住者の生活日記ブログ


こんな店あんな店最新記事


北部料理・お菓子最新記事







ワンテーマ指さし会話 タイ×屋台めし (とっておきの出会い方シリーズ)

おうちでタイの屋台ごはん

タイの屋台図鑑

たっぷりチェンマイ!―タイの古都をまるごと楽しむ町歩きガイド
出版後の変更事項や訂正など最新「たっぷりチェンマイ!」の地図(pdf)

サンカンペーン温泉へ行くならバンが便利

Filed under チェンマイ情報

2018 05 15 Tue

onsen_2018051509522815c.jpg
北タイには温泉があちこちにあるが、市内から比較的近くて行きやすいのがサンカンペーン温泉。
車で1時間ほどだろうか。
広い公園になっていて、キャンプ場や温泉プール、レストラン、マッサージをするところなんかもある。
こんなふうに源泉が湧き出ているところで温泉卵を作るのも楽しい。

onsen2_20180515095839f0c.jpg
タイ人のほとんどは、こうやって友達や家族とごはんを食べたり、おしゃべりしたりしながら足湯につかっている。

onsen3_20180515100222a6c.jpg
ゆったりお湯につかりたい人は、個室の浴槽がある。
1人60B。(+公園入園料100B)
2人は入れる大きさなので、たまるのに少し時間がかかる。
シンプルだけど、毎回お湯を変えるうえ、自分の好きな温度に調整できるのが嬉しい。
バスタブタイプもあるが、女性はこのタイプ。
せっかく行くならバスタブにつかりたい。
タオルや水着(プール用)の貸し出しや石鹸などの販売もしているので、ふらりと行っても大丈夫。

onsen4_20180515101040ea2.jpg
温泉へは車をチャーターしてもいいが、便利なのがバン。
ワローロット市場界隈の川沿い(花市場の前)、ちょうどピン川を渡る歩道橋があるところにバス停がある。
ランプーン行きのバス停と同じ場所で、そこから以下のスケジュールでバンが出ている。
7:40 11:40 15:40 18:30
確か片道40B。
いろいろと変更になると思うので、詳しくはこちらのサイトを見てください。

※バンによってはメーカムポンへも行く。150B
※チャーンプアック・バスターミナルから出ているらしいが、未確認



  1. 2018/05/15(火) |
  2. チェンマイ情報
  3. | comment:0

北部料理の店、「ハーン・トゥン・ジアンマイ」

Filed under チェンマイの店

2017 11 23 Thu

tc1.jpg
「北部料理が食べたい」という人がいると、何軒か連れていく店がある。
その1軒がここ。

tac7.jpg
ハーン・トゥン・ジアンマイという店で、チェンマイ大学の裏門のほうにある。
ワット・ウモーンへ行く途中の右側。
合掌造りのような三角形の屋根が目印だ。

tc4.jpg
この界隈に北部料理を食べさせる店がないので、開いてみるか、とオーナーのナームプンさんが2009年にオープンした。
それがあたり、週末ともなると家族連れや他県からの観光客で賑わっている。
大学が近いため、学生も多い。

tc9.jpg
開店当初は12種類のメニューでスタートしたが、今ではなんと200種類以上あるという。
メニューを見ると、スープや野菜ディップ(ナームプリック)、炒め物、肉料理などとにかく種類が多いのに驚く。

tc6.jpg
ツチグリ(ヘット・トープ)の季節なら、ツチグリの炒め物やスープがおすすめ。
(缶詰があるので1年中食べられるが、雨季だと新鮮なものがある)

tc10.jpg
発酵豚肉を揚げたもの(ネーム・トート)。
酸味があって、つまみに最適。
もち米とも相性ぴったり。

tc7.jpg
赤蟻のスープなんてものもある。
暑い3、4月頃が旬だけど、こちらも缶詰があるので1年中食べられる。
でもやっぱり新鮮なものがだんぜんおいしい。

tc8.jpg
定番の家庭料理、ジョーパカード。
菜の花のような葉と豚肉を煮たもの。
タマリンドで酸味をつけている優しい味(辛くない)。

tc3.jpg
ナームプンさんがお母さんから教わったというレシピは、今風にアレンジしたり、他県の人が食べやすいように味を変えたりせず、昔ながらの北部の味を守っているそうだ。
だから辛いものはドカーンとくる。
でもしばらくすると不思議とまた食べたくなるのは、昔ながらの味だからだろうか。
値段が1皿50バーツ前後と手頃なのも嬉しい。

【地図】 ハーン・トゥン・ジアンマイ
【電話】091-076-6100, 095-710-7438
【営業時間】9:00-21:00 (注文は20:30まで)、毎月1日休み



  1. 2017/11/23(木) |
  2. チェンマイの店
  3. | comment:0

もち米は手で食べると旨さ倍増

Filed under   *北タイ料理

2017 03 04 Sat

もち米は手で食べる
タイ料理はスプーンで食べるのが基本だけど、北タイと東北タイ(イサーン)は手で食べることが多い。
バンコク界隈や南部の主食はぱらっとした米だけど、北タイと東北タイはもち米が主食だからだ。
もち米をひと口サイズ分だけ取り、指先でぎゅぎゅっと軽く丸めてポイッと口に放り込む。
野菜や肉などを一緒に指ではさんで食べてもいい。
インドネシア人も言っていたけど、手で食べるとおいしさが違うらしい。
私もそう思う。
北タイに来たら、ぜひ手で食べてみて。




  1. 2017/03/04(土) |
  2.   *北タイ料理
  3. | comment:0

食べられる花、ニウの季節

Filed under   *北タイ料理

2017 02 08 Wed

ニウの花
今の季節、ニウの花が満開だ。
大空に赤色の花を咲かせている。
同じように今、炎のように花を咲かせているハナモツヤクノキがあるが、
それよりもっともっと背が高い。

ニウの花
近くで見ると、花は濃いピンク色。
手のひらサイズで、花弁は肉厚、長いおしべとめしべがついている。

ニウの花
この時期になると、花を拾ってきて、花弁とめしべを取り、

ニウの花
干して保存する。

カノムジーン・ナームンニャオ
それをどうするかというと、料理に入れるのだ。
これが北部名物の「カノムジーン・ナームンニヤオ」。
素麺のような麺にトマトミートソースのようなものをかけて食べる。
ニウの花はそんなに味はないが、歯ごたえがあり、
料理にアクセントを与えてくれる。

カノムジーンの屋台
北部料理の店で味わうことができるが、
日本人がうどんやそばをつるっと軽く食べるようにあちこちにカノムジーンの屋台がある。
まだ食べていない人はぜひ1度味見してみて。






  1. 2017/02/08(水) |
  2.   *北タイ料理
  3. | comment:0

最新記事

カテゴリー

月別の過去記事