FC2ブログ

チェンマイ食いだおれタイ

チェンマイ在住者の生活日記ブログ


こんな店あんな店最新記事


北部料理・お菓子最新記事







ワンテーマ指さし会話 タイ×屋台めし (とっておきの出会い方シリーズ)

おうちでタイの屋台ごはん

タイの屋台図鑑

たっぷりチェンマイ!―タイの古都をまるごと楽しむ町歩きガイド
出版後の変更事項や訂正など最新「たっぷりチェンマイ!」の地図(pdf)

スポンサーサイト

Filed under スポンサー広告

-- -- -- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告

ドリアンのシロップ漬け

Filed under   *果物

2019 01 31 Thu

durian1.jpg
今日「ドリアンのシロップ漬け」というのを初めて食べた。
見るのも初めて。
お芋やバナナのシロップ漬けは食べたことがあるけど、ドリアン!
ドリアン自体、こってり甘いのに、シロップ漬けなんてしてどうなるのだろう?!
匂いは?!!!!!
と思ったら、意外や意外、匂いがほとんどない。
私はドリアンが好きだからもともと匂いは気にならないけど、ドリアン嫌いの人でも「ドリアン」と言わなかったらきっとわからないと思う。
ドリアンは繊維があるせいか、お芋をぎゅーっと圧縮したような食感で、どこかホクホクしている。
シロップの甘さはあるけど、まるで金時芋のよう。
うまーい!

話によると、熟す前のドリアンを使うという。
確かにドリアンを早く割りすぎると、熟していないのでねっとりもしてないし匂いもなく、味気ない。
そんなドリアンが適しているんだろう。
今度、市場で売っていないか探してみようっと。

スポンサーサイト


  1. 2019/01/31(木) |
  2.   *果物
  3. | comment:0

ラムヤイ入りのグラノーラ

Filed under   *果物

2018 07 15 Sun

lamyai1_20180715234836669.jpg
この時期になるとラムヤイ(龍目・ロンガン)が市場に出回る。
北部はラムヤイの果樹園が多いし、庭にはえていることも多く、買わなくてもだいたい誰かがくれる。

lamyai2_20180715234838703.jpg
生で食べると甘くてジューシーでおいしいけど、乾燥したものも出回っている。
しっかりした歯ごたえで、ちょっとスモーキーな味。

lamyai3.jpg
せっかくならタイの味で…ということで、ロンガン入りのグラノーラを作ってみた。
タイでよく食べられるヒマワリとボチャの種も一緒にロースト。
生のココナッツも手に入るので、好きな人はそれを入れてもいいし、パイナップルやマンゴーのドライフルーツも合うと思う。
一見ぜいたくだけど、レーズンやアーモンドなどを使ったほうが高くつくので、地元のものを取り入れたほうがいいかも。

(ミントの葉がなくて、パクチーの葉で失礼!)



[ラムヤイ入りのグラノーラ]の続きを読む

  1. 2018/07/15(日) |
  2.   *果物
  3. | comment:0

パイナップルは1個なんと17円!

Filed under   *果物

2018 07 11 Wed

pine.jpg
パイナップルの価格が暴落している。
農家の人が卸値を1kg3円弱という破格な安値にしても買い手がいないそうだ。
そのため、収穫したものが腐り始めている。
だから学校に寄贈しようとしても、すでに違う農家の人があげていて学校では食べるのが追いつかないという。

市場では、1個なんと5バーツ、5個20バーツで売っている。
5バーツは日本円にしてたったの17円!
5個でも70円しない。
ちょっと大きめのパイナップルでも、1個10バーツ(約34円)。

私も1個購入。
食べきれないので、一部は冷凍し、暑い日にシャーベットのように食べたり、スムージーにしたりするつもり。
パイナップルは消化を助けるので、みなさんも食後にぜひ!






  1. 2018/07/11(水) |
  2.   *果物
  3. | comment:0

森の恵み、モンキーフルーツ

Filed under   *果物

2017 06 19 Mon

ペンラ
10メートルほどある木の下で数人が何かを食べているので近寄ってみた。

penla1.jpg
するとこんなでこぼこした杏色の実を見せてくれた。
何の実かと聞くと、モン族の人だったみたいで、
「タイ語の名前はわからないけど、モン語では『ミーペンラッ』だよ」
と教えてくれた。

penla2.jpg

「食べられるよー」
と言うので、味見をさせてもらう。
熟したものは柔らかく、手で簡単に割ることができる。
果物の釈迦頭やジャックフルーツみたいに1つ1つの粒の中に種が入っている。
ねっとり柔らかくて、酸味と甘味がある。
梅を甘く煮たような味。

あとで友達が調べたら、タイ語で「マハート」、英語で「Monkey Jack/Moncke Fruit」ということがわかった。
自然に近い暮らしをしている人だけが知っている果物。
ごちそうさまでした。



  1. 2017/06/19(月) |
  2.   *果物
  3. | comment:0

最新記事

カテゴリー

月別の過去記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。