FC2ブログ

チェンマイ食いだおれタイ

チェンマイ在住者の生活日記ブログ


こんな店あんな店最新記事


北部料理・お菓子最新記事







ワンテーマ指さし会話 タイ×屋台めし (とっておきの出会い方シリーズ)

おうちでタイの屋台ごはん

タイの屋台図鑑

たっぷりチェンマイ!―タイの古都をまるごと楽しむ町歩きガイド
出版後の変更事項や訂正など最新「たっぷりチェンマイ!」の地図(pdf)

今年で19回目のNAP祭

Filed under チェンマイ情報

2018 11 29 Thu

nap.jpg
毎年恒例の、Nimman Art and design Promenade、 NAP(ナップ)祭が開催される。
手作り作家や食べ物などのブースの他、ワークショップ、ジャズやブルースなどの演奏もある。

nap2018.jpg
今年で19回目、ということは私がチェンマイに住み始めた年に始まったわけだけど、当初のニマーンヘーミンはカフェもほとんどなく、唯一ソイ1だけに個性的でオシャレな店が並んでいた。(もうほとんどない)
そこで1年に1度開催されるNAP祭は、すごくオシャレで華やかに感じたのを覚えている。
日本からも「今年のNAP祭はいつですか?」という問い合わせが何件もあったっけ。
店を持たない作家さんが多く、普段会えない作家さんたちに会えるのも嬉しかった。
今はあちこちでフリーマーケットが開催されているので、以前のようにワクワク感は減ったが、それでも毎年どんな作品が並ぶのか楽しみだ。
今年は60のブースが並ぶらしいので期待して行こう。

【場所】Nimmanhaemin Road Soi1
【日時】12月5-11日 10:00-22:00
【サイト】 https://www.facebook.com/nimmansoi1

スポンサーサイト


  1. 2018/11/29(木) |
  2. チェンマイ情報
  3. | comment:0

コムローイの天の川

Filed under   *ローイクラトン

2018 11 23 Fri

DSC_0390.jpg
毎年陰暦11月の満月はローイクラトン祭、北部タイでは「イーペン祭」と呼ぶ。
「イー」とは北部弁で「2」、「ペン」は満月という意味で、ラーンナーの暦で2月の満月に行われるためだ。
年々規模が大きくなり、世界的にも有名になったローイクラトンは、空に飛ばすコムローイ(熱気球)が主流になりつつあるが、本当は名前の通り、灯篭(クラトン)流し(ローイ)のお祭り。
農作物や生活に必要な水を与えてくれた水の神様メーコンカーに感謝と、水を汚してしまったお詫びの気持ちを込めて流す。

[広告] VPS

それと同時に、天国にあるゲートゲーオジュラーマニーというお寺にコムローイを飛ばす。
チェンマイ各地では一斉にコムローイを飛ばすイベントが開催され、夜空には天の川ができていた。
バックに流れている音楽は、この時期によく流れる「ローイクラトン」の歌。

(ビデオを見られない場合はこちらをクリック




  1. 2018/11/23(金) |
  2.   *ローイクラトン
  3. | comment:0

コムローイの数は64,000個!

Filed under   *ローイクラトン

2018 11 19 Mon

komloy_201811200051372e7.jpg
もうすぐローイクラトン。
街中はカラフルな提灯や旗が増えてきた。
年々派手になっている気がするが、コムローイもしかり。
一大観光ビジネスとなり、一斉にコムローイをあげる会場が増え、どんどんツアーが組まれている。
入場料は3000バーツ(約12,500円)前後~24,000円ぐらいまでとびっくりする値段になってきた。(以前、大きな会場で一斉にあげていたのは1カ所のみ、無料)
コムローイが空を漂う光景は見事だけど、この値段だと地元の人はそうそう行かれないだろう。
「ただの紙(熱気球)にそんなお金を払ってどうする?」
そんな地元の人のコメントを読んだ。
なるほど。
(とはいえ、一見の価値はある)

以前は、好きな場所で好きな時にコムローイをあげることができたが、今は数が半端ではないので申請しないといけなくなったらしい。
勝手にコムローイを販売したり、飛ばしたりすると、3年の懲役刑、もしくは1万バーツの罰金、もしくは両方が課せられるとか。
コムローイにも規制ができ、自然素材で、サイズは直径90㎝以下、高さ140㎝以下、8分で燃料が燃え尽きて落ちること、爆竹をつけないこと、などなど。

今までみたいに川沿いやお寺であげていいのかな……。
地元の人はどこで飛ばせるのかな。
いつものように抜け道があるのかな。
などと想像してしまう。

komloy2.jpg
今年はコムローイの数がさらに増え、今の時点でわかっているだけでなんと64,000個!
1つの会場で3000-4000個だろうが、それでもメーリムが合計18,650個、チェンマイ市が合計16,000個、などなど相当な数が空に舞うはずだ。

コムローイがエンジンに巻き込まれたら危ないから、この時期は、飛行機がキャンセルされる。
今年はすでに60便がキャンセルされ、88便が18時前の時間に変更したとか。

火事になったり、コムローイのゴミの山ができたり……、課題は多いが、やっぱり美しいし、とても幻想的。
さて、今年の夜空はどんな景色を楽しめるだろう。




  1. 2018/11/19(月) |
  2.   *ローイクラトン
  3. | comment:0

チェンマイのイミグレは朝6:00にオープン (2018年10月22日の情報)

Filed under チェンマイ情報

2018 10 22 Mon

cm2.jpg
チェンマイは居心地が良いのだけど、外国人在住者の悩みのタネが、イミグレ。
リタイアした人、ロングステイヤー、学生など、いや結婚していてもビザの延長は頭が痛い。
イミグレでまず整理番号をもらうが、それを取るのに早くから並ばないといけないからだ。
1日何人までと決まっていたので、朝6時に並ぶ人が現れ、それでも間に合わないから5時、4時、3時……と、夜中から並ぶ人も出てきた。
それはさすがにきついだろうということで、代わりに並んでくれるサービスができた。
300B、500B、800B、1200B……、あらたなビジネスがうまれた。

それが何年も続いたが、さすがに大きな問題になってきたので、イミグレ改革が始まった。
チェンマイ・ニュース(上の写真)のサイトに問題点と解決策などが書かれていた。
-開館時間は、6:00-20:00なので、あまり早く来ないように。
-だけど、早く来た人のために、朝4時には建物をオープンする。
-整理番号をもらえるのは本人のみ。

毎日情報が変わるので、何を信用していいかわからないが、今日イミグレに行ってきた。
ノンイミグラント・ビザの延長。
念のため朝4時に行ってみたら、なんと情報通りイミグレがやっていた。
来た順に座っていき、私は17番目。
毛布や折り畳みのイスを持参している人もちらほら。(外で待つときのため)

6時前に係員がやってきて、書類のチェックをし、不備がない人から整理番号が渡された。
何人か代理の人がいたが、本人が来るまで待っていないといけなかった。

そして手続きは情報通り、6時から開始。
それぞれのビザによって呼ばれる順番や早さは違うが、自分の番が来るのに1時間ほど。
手続き自体は5分もかからないが、写真を撮ったり、パスポートを返されたりするので、なんやかんやいって3時間。
それでも以前に比べたら早いらしい。
サービスも良くなっていて、
「なんのビザですか? こちらで待っていてくださいね」
などと案内してくれる係の人もいた。

「20時までオープンしているのなら、19時に行ったらどうなんだろう?」
と学生ビザの人から聞かれたが、私もみんなも知りたい。
意外と朝並ぶより早かったりして。
申請しに来た人は断らないらしいので。
(申請するものによってはわからないが)

まだこの体制が始まったばかりなので、いろいろと変わることもあると思うが、今日はこんな感じだったということで。
参考まで。

※観光ビザの延長や90日の届け出は朝から並ばなくてもあまり問題ない。
※とても作業が早くなって、13時過ぎに行った人が、1時間以内にビザの更新を終えたと言っていました。(2018年11月)




  1. 2018/10/22(月) |
  2. チェンマイ情報
  3. | comment:0

最新記事

カテゴリー

月別の過去記事