チェンマイ食いだおれタイ

チェンマイ在住者の生活日記ブログ


こんな店あんな店最新記事


北部料理・お菓子最新記事







ワンテーマ指さし会話 タイ×屋台めし (とっておきの出会い方シリーズ)

おうちでタイの屋台ごはん

タイの屋台図鑑

たっぷりチェンマイ!―タイの古都をまるごと楽しむ町歩きガイド
出版後の変更事項や訂正など最新「たっぷりチェンマイ!」の地図(pdf)

「コウケンテツが行く アジア旅ごはん」 北タイ料理

Filed under お知らせ

2017 03 26 Sun

kanomjeen_201703252215274a3.jpg
料理研究家、コウケンテツさんのTV番組が4月1日に放映される。
去年何回かに分けて「アジア食紀行」タイ編がオンエアされたが、その中から今回選ばれたのは「カノムジーン・ナームニヤオ」。
コウケンテツさんがミャンマーとの国境の町・メーサイ(チェンラーイ)を訪れ、伝統料理の豚の血を使った米粉の麺料理とスパイスたっぷりの豚肉の炒め物を味わう。
チェンラーイの「カノムジーン・ナームニヤオ」はチェンマイで一般に食べられるものと違ってスープが透明で、ミートソースのようなたれをのせて混ぜ混ぜして食べる。
また、スパイスがきいている「ラープ」という豚肉の炒めものも紹介される。
バンコク界隈とは違う素材やスパイス、調理法が出てくるのでとても興味深い。
ぜひご覧ください。

コウケンテツが行くタイ「国境の町の郷土料理」
4月1日(土)
NHK BS1 午前10時30分~ 午前10時45分



  1. 2017/03/26(日) |
  2. お知らせ
  3. | comment:0

苦味が旨味の「サダオ」

Filed under ハーブ

2016 05 14 Sat

サダオ
海外へ行く面白さの1つに食がある。
おいしいもの、仰天するものなどいろいろで、
「こんな食べ方があったんだ!」「これ、食べられるんだ!」
という食材に出会うことも多い。
ワイルド系だと、ヘビ、トカゲ、カエル、おたまじゃくし、サル、
イモムシ、サソリ、孵化する前のヒヨコ……、
私もいろいろ食べた。
ハーブや野菜も見たことがないものがたくさん。

タイの田舎を地元の人と歩いていると、
「あれもこれも食べられるよ」
と教えてくれる。
試しに食べてみると、苦かったり、渋かったり、えぐみがあったり、
酸味が強かったりで、無理して食べなくてもいいかなと思うこともしばしば。
だけど、それを他の食材と和えたり、スープに入れたりすると、
あら不思議、おいしく生まれ変わっているのだ。
そういう物を食べる度に、タイ料理の奥深さを感じる。

その1つにこの写真の「サダオ」がある。
「ニーム」、「インドセンダン」などと呼ばれるものだ。
背の高いものだと20m以上にもなる木だ。
葉とつぼみの部分を茹でて食べるが、そのままだと顔をゆがめるほど苦い。
これを最初に口にしようと思った人はすごい。

そんな苦いサダオも甘酸っぱいタレやエビ・魚と食べると、
あら不思議、苦味が旨味に変わっているのだ。
パクパク食べられる。
こんなおいしい苦味なら喜んで口にしたい。
すごいよタイ人。

こういった食材や料理に興味がある人は、
NHK BS1の「コウケンテツが行く アジア旅ごはん タイ編」を見てください。
前回オンエアになった番組(50分×2)を短くしたものと、
新しい内容のものが5月16日(月)から次々放送されます。
サダオも登場するし、ザボンのサラダや豚の脳味噌などなど、
タイの面白い食材に出会えますよ。



  1. 2016/05/14(土) |
  2. ハーブ
  3. | comment:0

「アジア食紀行 コウケンテツが行くタイ」が放送されます!

Filed under お知らせ

2016 03 25 Fri

アジア食紀行
アジア各地の料理を旅しながら紹介している番組、「アジア食紀行」。
出てくるものすべてに「なんだこれ?」と驚くが、
実は地元の人にとっては日常の料理ということが多い。
例えば、外国人に「寿司、ラーメン」は有名だが、
実際に日本人が家庭で食べているのは、肉じゃが、焼き魚、味噌汁、
きんぴら、ひじきの煮物などだったりする。

きっとそれはどの国も同じで、
外国人が知っている料理と地元の人が食べている味が違うことは多い。
そんな「おふくろの味」を求めてコウケンテツさんがアジア各地を旅するのが
この「アジア食紀行 コウケンテツが行く」シリーズ。
これまでにベトナム、マレーシア、雲南、ウズベキスタン、ブータン、
台湾、カンボジア、インドネシアなどを紹介していて、
今回はタイを旅することになった。

バンコクを出発し、途中寄り道しながらチェンマイ、
そしてミャンマーとの国境メーサーイへと北上。
有名なトムヤム、グリーンカレー、パッタイ、ソムタム…ではなく、
それより、もっとおふくろの味的料理がいっぱい飛び出してくる。
見ればタイ料理の奥深さを知ることができるだろう。
番組は50分×2(前半・後半)、見応えたっぷりだ。
なによりもコウケンテツさんの食への好奇心、
地元の人にどんどん溶け込んでいくお人柄が見ている人を魅了するだろう。
ぜひご覧ください。

【放送日】 2016年3月30日(水) 19:00-20:50
【チャンネル】NHK BS1
【番組情報】 サイトをクリック
【You tube】前編  後編

「苦味が旨味の『サダオ』」のブログ(アジア食紀行)



  1. 2016/03/25(金) |
  2. お知らせ
  3. | comment:0

食の宝庫、チェンマイをNHK Worldで見よう

Filed under お知らせ

2013 02 18 Mon

Itadakimasu!
タイ料理はハーブや野菜をふんだんに使い、
甘、辛、酸味などのパンチをきかせた料理が多いですが、
チェンマイの食はいったいどんなものでしょうか。
チェンマイではタイ料理、東北料理、北部料理となんでも食べられますが、
市場や屋台・食堂ではどんなものが並んでいるのでしょうか。
そんなチェンマイの食文化にスポットをあてた番組が今度NHK Worldで放映されます。
Itadakimasu!」という人気料理番組の特別企画です。
今回、私も少しお手伝いしましたが、本当に食・食・食のおいしい番組です。
市場歩き、食堂での試食、おばあちゃんに習う郷土料理、
そして地元の素材を使ったオリジナル和食料理などなどもりだくさんです。

案内してくれるのは、料理、生活、子どもなど様々な方面で活躍されている
料理研究家の行正り香(ゆきまさりか)さん。
いつも前向きで笑顔をたやさない素敵な方です。
どんな食にも好奇心旺盛で、目をキラキラ輝かせて味見されていました。
レモングラスの風味があるちらし寿司やハーブの天ぷらなど
行正さんが作りだすタイ×日本のフュージョン料理は見逃せませんよ。

番組は海外放送(英語)ですが、インターネットでも見ることができるので
ぜひぜひご覧ください。

放送スケジュールは以下の通りです。
世界各地で時差があるため、1日4回放送予定です。
変更になることもあると思いますので、NHK Worldのサイトでご確認ください。

Itadakimasu! Thailand Special
【日時】2月24日(日)
◎日本時間
10:10、14:10、18:10、22:10
◎タイ時間
8:10、12:10、16:10、20:10

【サイト】
NHK World
右側の「Now On Air」で見ることができます。
(128K、256K、512Kのサイズを選択)
Itadakimasu! Thailand Special



  1. 2013/02/18(月) |
  2. お知らせ
  3. | comment:6

最新記事

カテゴリー

月別の過去記事