チェンマイ食いだおれタイ

チェンマイ在住者の生活日記ブログ


こんな店あんな店最新記事


北部料理・お菓子最新記事







ワンテーマ指さし会話 タイ×屋台めし (とっておきの出会い方シリーズ)

おうちでタイの屋台ごはん

タイの屋台図鑑

たっぷりチェンマイ!―タイの古都をまるごと楽しむ町歩きガイド
出版後の変更事項や訂正など最新「たっぷりチェンマイ!」の地図(pdf)

森の恵み、モンキーフルーツ

Filed under   *果物

2017 06 19 Mon

ペンラ
10メートルほどある木の下で数人が何かを食べているので近寄ってみた。

penla1.jpg
するとこんなでこぼこした杏色の実を見せてくれた。
何の実かと聞くと、モン族の人だったみたいで、
「タイ語の名前はわからないけど、モン語では『ミーペンラッ』だよ」
と教えてくれた。

penla2.jpg

「食べられるよー」
と言うので、味見をさせてもらう。
熟したものは柔らかく、手で簡単に割ることができる。
果物の釈迦頭やジャックフルーツみたいに1つ1つの粒の中に種が入っている。
ねっとり柔らかくて、酸味と甘味がある。
梅を甘く煮たような味。

あとで友達が調べたら、タイ語で「マハート」、英語で「Monkey Jack/Moncke Fruit」ということがわかった。
自然に近い暮らしをしている人だけが知っている果物。
ごちそうさまでした。



  1. 2017/06/19(月) |
  2.   *果物
  3. | comment:0

ずっしりサイズのマンゴー

Filed under   *果物

2017 06 19 Mon

mango_2017061910122239a.jpg
ライチーとマンゴーが出回っている。
ライチーは旬が短いので食べたい人は今買ったほうがいいです。
ライチーの販売場所で有名なのは、お濠の角にあるブアックハートという公園
その前にずらりと屋台が並んでいる。

そしてマンゴー。
私の一番好きな果物。
旬は暑い3、4月だけど、今の時期出回っているのが写真のように大きな品種。
日本にも輸出され、タイでもよく見かけるナームドークマイ種の2倍?3倍?
左がヌワンカム種、右がR2E2種。
上の写真では大きさがよくわからないけど、これだけ大きい。

mango
ずっしり。
これは以前、マンゴー農園に行った時に撮ったもの。(詳しくはこちらから
切り分けて器に入れたら、ラーメンのどんぶりいっぱいあった。
マンゴーの食べ放題。
一般のマンゴーの3個分はあるだろう。
味は早めに収穫するためか濃い甘さではない。
きっと農園で熟したものを食べたら最高なんだろう。
丸っこいR2E2はアップルマンゴーのような甘い風味、細長いヌワンカムは香りが良く、酸味と甘みがある。
個人的にはヌワンカム種が好き。
重さによるけど、1個50B(約150円)前後。
スーパーやRoyal Project ショップで買える。










  1. 2017/06/19(月) |
  2.   *果物
  3. | comment:0

アボカドの季節

Filed under   *果物

2017 06 16 Fri

avocado
アボカドの季節がやってきた。
もともとタイの果物ではないし、私がチェンマイに来た18年ぐらい前は市場に並ぶことはなかったけど、この頃は普通に見かけるようになった。

avocado icecream
そして今日はアボカドアイスクリームというのを見つけて食べてみた。
アボカドそのままの味!
ちょっとだけ傷んだアボカドが混ざっていた味もしたけど、マイペンライ。

(手前は紅芋、パッションフルーツ、後ろ右がケープ・グーズベリー、左がアボカド)



  1. 2017/06/16(金) |
  2.   *果物
  3. | comment:0

暑ければ暑いほどおいしいマンゴーの季節

Filed under   *果物

2017 03 24 Fri

DSCN9046.jpg
日に日に気温が上がってきて、暑いというより辛くなってくるこの季節。
体温を超え、40度にもなろうという酷暑で逃げたくなるが、何が嬉しいかって、マンゴーが旬を迎えること。
今の時期は、一般に栽培されている「ナーム・ドークマイ」種の他にもいろいろな品種のマンゴーを味わえる。
「ナーム・ドークマイ」種は1年中出回っているけど、この時期のマンゴーは甘さが格別だ。
酸味の中にしっかりした濃厚な甘味がある。

マンゴー
むいてそのまま食べるのが一番おいしいと思うが、人気メニューは「カオニャオ・マムアン」。
甘いココナッツミルクを混ぜたもち米をマンゴーと一緒に食べるお菓子だ。
こってりしたもち米にジューシーで爽やかなマンゴーが混ざり合い、これはこれで時々食べたくなる。

R0017395.jpg
外国人には熟した黄色いマンゴーが主流だけど、タイ人は熟す前の青マンゴーを食べるのも大好き。
青マンゴーで食べるマンゴーは品種が違い、ほんのり甘味があるもの、酸味が強いものなどいろいろ。
さっぱり系の果物が好きな人にオススメだ。
歯応えがあり、噛めば噛むほど味が出てくる。
タイ人によると、むいても手がべとべとにならないのもいいとか。

DSC_0063.jpg
そのまま切り分けてポリポリと食べてもおいしいが、黒糖にナムプラーや唐辛子を混ぜた甘くて辛いタレも売っている。
小さくて丸く、酸味が強い「マムアン・ケーオ」種と食べるとちょうどいい。
そのまま食べるなら、酸味が少ない「ペットバンラート」種や「ファーラン」種がさっぱりした甘さがあっていい。 
マンゴーが山積みにされるこの季節、熟したものと熟していないマンゴーを思う存分食べてみて。






  1. 2017/03/24(金) |
  2.   *果物
  3. | comment:0

スイカのスムージー

Filed under   *果物

2016 06 28 Tue

テンモーパン
タイに来たらぜひ飲んでほしいのが100%果物を作ったスムージー。
「スムージー」はタイ語で「パン」、
だから「果物+パン」と言えば、好きな果物のスムージーを作ってくれる。
写真はスイカ(テンモー)だから、「テンモー・パン」。
タイの場合、シロップ(ナムチュアム)や塩(グルア)を入れることもあるので、
もし入れてほしくなければ「マイ サイ ~」と言おう。
例:「マイ サイ グルア」(塩を入れないで)

マンゴー・スムージー(マムアン・パン)も香りが良くておいしいが、
暑い日には後味がすっきりするスイカのスムージーがオススメ。




  1. 2016/06/28(火) |
  2.   *果物
  3. | comment:0

イチゴを食べる前に

Filed under   *果物

2012 02 12 Sun

strawberry
今、チェンマイはイチゴの季節。
サムーン郡ではイチゴ祭りを開催中で、
それに行った知り合いがイチゴをお土産にくれた。
そしてイチゴと一緒に茶色の液体ももらった。

もともとタイにはイチゴがなかったけど、
北タイの涼しい気候を利用して栽培するようになった。
試行錯誤の末、やっとこんな真っ赤で大きなイチゴが実るようになった。
でも、実は硬くて酸っぱい!
日本でいうなら、まだ青いイチゴを食べているよう。

だからこの茶色の液体は、
酸っぱいイチゴにつける甘いシロップかと思った。
でも知り合いによると、違うらしい。
「店の人は大丈夫だと言っていたけど、
気になるようだったら、塩水で洗った後、これで洗って」
という。
そう、イチゴは農薬が多く使われているという話を聞く。
この液体は野菜用の洗剤だったのだ。

念のため、しっかり洗う。
それにしても硬いし、酸っぱい!
こんなにきれいに色づいているのに……。
いちごミルクにしようと思ったけど牛乳がなかったので、
バルサミコ酢をかけてサラダ感覚で食べてみたら
意外とおいしかった。
野菜と思って食べれば、硬さも酸味も気にならないし、
彩りもきれいでいいかも。

strawberry som tam
そういえば、以前知り合いの人が
↑「イチゴ・ソムタム」を作ってくれたことがある。
ソムタムに入れるナムプラーと砂糖、唐辛子が入っていて、
正直おいしいと思わなかったけど、
これもやっぱり酸っぱいイチゴをいかした北タイならではの料理かもしれない。



  1. 2012/02/12(日) |
  2.   *果物
  3. | comment:6

アルマジロ&ヘビの形をした果物

Filed under   *果物

2011 10 06 Thu

the snake fruit/ sala
友達がサラの実を買ってきた。
セールをしていたので安かったという。
南部の果物なので以前はあまり出回っていなかったし、高級だったけど、
この頃はチェンマイでも普通に売られている。

アルマジロのような形をした不思議な果物。
英語ではスネークフルーツというらしい。
周りに毛がはえていてランブータンのようでもあるけど、
サラはもっとトゲトゲしている。
特にこれはセール品で採ってから日が経っているので毛が硬くなっていて
持っているだけでも痛い。
だから皮をむくのは至難の業。

sala ゴシゴシこする
そしたら友達がこの間テレビでいい方法を見たという。
布で包んで、さらにビニール袋に入れ、
外側からゴシゴシとこすればいいと。
そうするとイガイガが簡単に取れるそうだ。
ゴシゴシ
ゴシゴシ

sala
こんな感じにつるっと。
(写真ではあまり変化がわからないけど…)

sala
こうなれば痛くないのでむくのが簡単。
中にはこんな実が入っている。
見た目より水分があり、香りが強く甘酸っぱい。
食べた後鼻に抜ける感じがドリアンぽいと思う。
(ドリアンよりずっと食べやすいが)
ちょっと発酵系の味。
好き嫌いが分かれるかも。



  1. 2011/10/06(木) |
  2.   *果物
  3. | comment:3

お供えになりそうな果物の量

Filed under   *果物

2011 09 30 Fri

fruit
知り合いのおばちゃんがフルーツをくれた。
こんなにたくさん!
パイナップル、ヤシの実、ザボン、ざくろ、パパイヤ。
それも全部丸ごと!
このままサーンプラプーム(精霊の祠)に供えられそうだ。

ザボンとパパイヤ、ザクロは自分でむける。
パイナップルもまあ大丈夫。
でも、ヤシの実……。
よくタイ人がナタを振り上げ、
ヤシの上の方を勢いよくパンパンパンと5カ所ぐらいに切り目を入れて穴をあけるけど、
うちの包丁では無理。
それに怖い。
勢いがあるだけに間違ったら大変なことになる。
友達のところで開けてもらったほうがいいかも。

spirit house
ちなみにこれがサーンプラプーム(祠)のお供え物。
7種類おいてある。
家族の健康、安全、繁栄などを祈る。



  1. 2011/09/30(金) |
  2.   *果物
  3. | comment:0

ルークラーンの実

Filed under   *果物

2011 09 20 Tue

Luek laan
ルークラーンという実をもらった。
ヤシの一種で、葉は昔仏典を書くのに使われていた。
今でもお寺へ行くと「バイラーン」というものが残っているが、
それの実だという。
青梅サイズ。

すでに茹でてあるのでこういう色をしているけど、
実物はもっと明るい緑色だそう。
半分に割るとこのような乳白色の実が入っている。
ゴムのように弾力があり、もっちり。
ぱっとした味ではないので、
シロップで煮て氷を浮かべて食べるとおいしくなるそうだ。



  1. 2011/09/20(火) |
  2.   *果物
  3. | comment:0

叩くほどにおいしいグラトーン

Filed under   *果物

2011 09 11 Sun

santol
この季節出回っているのがこの実。
グラトーン(ガトーン)、英名サントルだ。
ハンドボールサイズで結構ずっしり重い。
面白いのは、このフルーツを食べる時にトントンと叩くこと。
そんな必要はないという人もいるけど、
叩いたほうがおいしくなると言われている。
だから棒でトントンと全体を叩いたり、
果物を床にボンボンと叩きつける。
そんなにパッとした味でないので
「おいしくなーれ」と呪文をかけながら叩く。

santol
中はクリーム色。
むくそばからどんどん茶色に変色していく。
種の周りはわたのようにフワフワしていて甘いけど、
外側は甘味、酸味の中にちょっと渋味がある。

Tam Gathon
今は品種改良などで甘いのにあたるけど、
シロップで煮て氷を入れてデザートにしたり、
写真のようにソムタムのように味付けしたりしたほうが食べやすいかも。
ソムタム屋さんで作ってくれるので食べてみて。



  1. 2011/09/11(日) |
  2.   *果物
  3. | comment:2

古い方のページへ

最新記事

カテゴリー

月別の過去記事