チェンマイ食いだおれタイ

チェンマイ在住者の生活日記ブログ


こんな店あんな店最新記事


北部料理・お菓子最新記事







ワンテーマ指さし会話 タイ×屋台めし (とっておきの出会い方シリーズ)

おうちでタイの屋台ごはん

タイの屋台図鑑

たっぷりチェンマイ!―タイの古都をまるごと楽しむ町歩きガイド
出版後の変更事項や訂正など最新「たっぷりチェンマイ!」の地図(pdf)

今だけの珍味、メーン・マン

Filed under   *北タイ料理

2017 05 18 Thu

メーン・マン探し
暦上では7月9日が雨季入りだけど、今年は例年より雨が降り出すのが早い気がする。
すでに大雨が降り、ドイサケットのタクライ国立公園では川が溢れ、ジョムトーンでは洪水になったと聞く。

乾季から雨季に入る今頃、北タイの人が楽しみにしているのがメーン・マン探し。
公園や野原でこうやってメーン・マンを集めている人の姿がちらほら。

メーン・マン
これがメーン・マン、蟻の一種だ。
2㎝ぐらいはあるだろうか。
これを捕まえてどうするかというと、もちろん食べる。
ぷりっとしたお尻の脂が特においしいらしい。
コオロギオケラ系の虫は養殖しているので1年中食べられるけど、メーン・マンは天然のみ。
まさに今が旬でこの時期しか味わえない珍味なのだ。

興味のある人はメーン・マン探しに出かけてみては!?
詳しくは、ここをクリック
捕まえた後の調理法は、ここをクリック
グッドラック!



  1. 2017/05/18(木) |
  2.   *北タイ料理
  3. | comment:0

もち米は手で食べると旨さ倍増

Filed under   *北タイ料理

2017 03 04 Sat

もち米は手で食べる
タイ料理はスプーンで食べるのが基本だけど、北タイと東北タイ(イサーン)は手で食べることが多い。
バンコク界隈や南部の主食はぱらっとした米だけど、北タイと東北タイはもち米が主食だからだ。
もち米をひと口サイズ分だけ取り、指先でぎゅぎゅっと軽く丸めてポイッと口に放り込む。
野菜や肉などを一緒に指ではさんで食べてもいい。
インドネシア人も言っていたけど、手で食べるとおいしさが違うらしい。
私もそう思う。
北タイに来たら、ぜひ手で食べてみて。




  1. 2017/03/04(土) |
  2.   *北タイ料理
  3. | comment:0

食べられる花、ニウの季節

Filed under   *北タイ料理

2017 02 08 Wed

ニウの花
今の季節、ニウの花が満開だ。
大空に赤色の花を咲かせている。
同じように今、炎のように花を咲かせているハナモツヤクノキがあるが、
それよりもっともっと背が高い。

ニウの花
近くで見ると、花は濃いピンク色。
手のひらサイズで、花弁は肉厚、長いおしべとめしべがついている。

ニウの花
この時期になると、花を拾ってきて、花弁とめしべを取り、

ニウの花
干して保存する。

カノムジーン・ナームンニャオ
それをどうするかというと、料理に入れるのだ。
これが北部名物の「カノムジーン・ナームンニヤオ」。
素麺のような麺にトマトミートソースのようなものをかけて食べる。
ニウの花はそんなに味はないが、歯ごたえがあり、
料理にアクセントを与えてくれる。

カノムジーンの屋台
北部料理の店で味わうことができるが、
日本人がうどんやそばをつるっと軽く食べるようにあちこちにカノムジーンの屋台がある。
まだ食べていない人はぜひ1度味見してみて。






  1. 2017/02/08(水) |
  2.   *北タイ料理
  3. | comment:0

ご飯にナームンニャオの汁をかけた料理

Filed under   *北タイ料理

2016 07 17 Sun

カノムジーン・ナームンニャオ
北部の代表料理といえば、カノムジーン・ナームンニャオ
素麺のような麺をトマトや血の塊が入ったスープと一緒に食べる。
地域によって味付けや盛り付けが変わってくるが、
チェンマイのスタイルは写真のような料理。
お祝い事やお葬式など人が集まるところでよくふるまわれるが、
屋台もたくさんあり、ふらっと立ち寄る人も多い。

カーオンニャオ
そしてこれは、カーオ・ンニャオ
炊いた米に豚肉の血や豚ひき肉などを混ぜて蒸したもの。
しっかり味がついていて、炊き込みご飯をおにぎりにしたような感じ。
ニンニクの風味が食欲をそそる。
これも定番の北部料理。

カーオ・ンニャオ&ナームンニャオ
そしてこれは今日発見した料理。
両方食べたい!という人向けだろうか、
上の2品をミックスさせてある。
麺の代わりにカーオ・ンニャオをお皿にのせ、ナームニャオのスープをかけたもの。
この店のオリジナル料理ではないだろうか。
麺より腹持ちがよく、しっかり食べたい人向けな気がした。



  1. 2016/07/17(日) |
  2.   *北タイ料理
  3. | comment:0

お茶の葉をサラダにして食べる

Filed under   *北タイ料理

2014 10 20 Mon

ラペットゥ・セット
ミャンマーへ行った時に友達からもらった「ラペットゥ」セット。
お茶の葉サラダだ。
中に発酵した茶葉(ラペッ)、干しエビ、様々な揚げ豆が入っている。
北タイでも発酵した茶葉「ミヤン」を食べるけど、
ミャンマーのように料理としてではなく、あくまで飴やガム感覚だ。

ミャンマー
ミャンマーを代表するスナックで、これを混ぜ混ぜ(トゥ)して食べる。
お茶を飲みながらつまんだり、食後に食べたりするそうで、
私も何度か食べたけど、
茶葉の酸味と渋味が豆と和えることによって旨味に変わるのが驚きだ。
それぞれ別々に食べると地味だけど、
いろいろな素材が混ざることで食感も面白いし、「おっ」という味になる。
正直、見た目よりずっと味わい深く、後を引く。

ラペットゥ
作り方は、キャベツの千切り、トマトを一緒に混ぜ、
ライム汁を絞るだけ。
好みでナンプラーとオイルをたらす。
あっという間にできた。
口に入れたらミャンマーの景色が広がった。
でもこれは唐辛子入りのセットだったみたいで辛い!!!
ミャンマーでは辛くないのしか食べたことがなかったので、
唐辛子入りがあるとは思わなかった。

チェンマイで売られているラペットゥ
チェンマイにもミャンマー人やシャン族がたくさん住んでいるので
市場によってはこのように売られている。
興味がある人はお試しあれ。



  1. 2014/10/20(月) |
  2.   *北タイ料理
  3. | comment:0

カノムジーンのブッフェ

Filed under   *北タイ料理

2014 09 10 Wed

カノムジーンのタレ
チェンマイの人はブッフェが大好き。
食事に誘われるとブッフェということも多い。
これはカノムジーンのブッフェ。
カノムジーンは米でできた素麺のような麺。
こしはほとんどない。
それにタレをかけて混ぜ混ぜして食べる。
タイ人が好きな料理の1つだ。

ナームンニャオ
こんな感じ。
好きなたれをかけ、好みの野菜をのせる。
これは、北部のナームンニャオ

ナームプリック
ナームプリック。
甘いソース。

カオソーイ
カオソーイもあった。
食べてはカノムジーンを入れ、違うソースをかけて食べる。
他にも魚をベースのタレ、南部の激辛のタレ、グリーンカレー、レッドカレーなどがある。
カノムジーン・ブッフェのいいところは、いろいろな味を楽しめること。

料理
他にもパパイヤサラダやピリ辛サラダ、ハーブの天ぷらなどもある。

デザート
しめはデザート。

これで89B(約270円)。
幸せ価格。



  1. 2014/09/10(水) |
  2.   *北タイ料理
  3. | comment:0

キノコの季節到来!

Filed under   *北タイ料理

2012 05 29 Tue

mushrooms
キノコの季節がやってきた。
市場にはこんなカラフルなキノコがいっぱい。

mushrooms
おとぎの国にあるようなキノコ。
決して毒キノコではなく、全部食べられる。
とはいえ、日本と同じでキノコ狩りに行って時々あたる人もいるらしいが、
私は今のところ大丈夫。
雨期のこの時期にしか味わえない自然のキノコだから満喫したい。

het top
そしてこちらはお馴染大人気の高価なヘット・トープ
外はコリコリ、中は白くてとろ~りクリーミー。
泥を落とすのが手間だけど、絶品。
新鮮なものは中が白く、鮮度が落ちると黒くなる。
できれば採れたてのキノコを購入したい。

Het Top
この時期は、食堂やレストランでもこのヘット・トープがメニューに登場してくる。
(季節外れに出される時は缶詰)
これはパーター(ターおばさん)のレストランで食べた料理。
唐辛子と炒めたもの。
本当はひき肉をいれるけど、これはベジタリアン版。
コブミカンの葉がアクセントになってごはんが進む1品。
見た目より辛くなくパクパク、手が止まらない。
この味が忘れられなくて今日また食べに行ったら、
キノコがきれていた。残念!



  1. 2012/05/29(火) |
  2.   *北タイ料理
  3. | comment:6

カラフルなきのこたち

Filed under   *北タイ料理

2011 05 23 Mon

mushroom sellers
きのこの季節がやってきた。
道端や市場ではきのこ売りのおばちゃんがちらほら。
栽培しているものではなく、
地面からにょきにょきはえたものを採ってくるという旬のご馳走だ。

colorful mushroom
赤、黄、黒、白……、カラフル!
100g20-25B、ひとつかみで200gはあるので、
ちょっと買うと50Bぐらいしてしまう。
おばちゃんたちの臨時収入だ。
この時期、田舎の人たちはきのこ狩りに精を出す。
自分たちでも食べるけど、
売ればそれなりの収入になるからだ。
せっかくだから、ころっとしていてコリコリした食感があるヘットロムと
まん丸く、柔らかい舌触りのカイハーンというきのこを2種類買う。
日本からのお土産の明太子があるので、
それと混ぜて明太子きのこスパゲッティーを作ろうっと。



  1. 2011/05/23(月) |
  2.   *北タイ料理
  3. | comment:4

旬の食べ物アリ汁

Filed under   *北タイ料理

2011 04 20 Wed

ant soup
先月のブログで赤蟻の巣について書いたけど、
この間やっと今年初めて口にすることができた。
さすがに自分で赤蟻の卵を買って料理はしないので、
友達のお父ちゃんが作ってくれた「アリ汁」を食べた。
すまし系のスープに生唐辛子やトマト、溶き卵が入っている。

小豆型の白い蟻の卵が口の中でプチッと弾け、
とろっとしたものが舌に触れる。
イクラの食感のようでアンキモのような舌触り…?!
クセはなく、想像以上においしい珍味。
時々卵から孵った蟻や親蟻が混ざっているのが私は気になるけど、
それを除けば旬のご馳走だ。

pak waan
市場へ行くと、こんなふうに葉にのせて売っている。
左の白っぽいのが赤蟻の卵。
その右隣りの小さな葉はパックワーンというもの。
通常は、この葉と蟻の卵を一緒にスープにするのが主流だ。

北部料理屋さんやイサーン(東北)料理屋さんで食べられる可能性が高いので
味わってみたい人は
ゲーン・パックワーン・サイ・カイモットデーン」แกงผักหวานใส่ไขมดแดง
と注文してみよう。

ant eggs
自分で作る場合は、お味噌汁の具にしたり、アクセントでサラダに加えたり、
卵焼きに入れたりしてもいいかも?!
ちなみにタイ人には蟻の卵入りの卵焼きが人気ある。



  1. 2011/04/20(水) |
  2.   *北タイ料理
  3. | comment:4

エゴマふりかけ

Filed under   *北タイ料理

2010 01 03 Sun

エゴマふりかけ
この頃、市場へ行くと茶色い仁丹サイズの種をよく見かける。
これはンガー・キーモーンというもので、和名は「荏胡麻(エゴマ)」。
エゴマといえば、シソ科の一種で、一見青紫蘇に似ている植物だ。
その種を北タイではお菓子にしたり、もち米に混ぜて食べる。
和食に取り入れるなら、石臼で潰してからおひたしと和えてもいいし、
塩と混ぜればおいしいふりかけの出来上がり。
とても香りが良いし、栄養価も高いので試してみては?



  1. 2010/01/03(日) |
  2.   *北タイ料理
  3. | comment:2

古い方のページへ

最新記事

カテゴリー

月別の過去記事