チェンマイ食いだおれタイ

チェンマイ在住者の生活日記ブログ


こんな店あんな店最新記事


北部料理・お菓子最新記事







ワンテーマ指さし会話 タイ×屋台めし (とっておきの出会い方シリーズ)

おうちでタイの屋台ごはん

タイの屋台図鑑

たっぷりチェンマイ!―タイの古都をまるごと楽しむ町歩きガイド
出版後の変更事項や訂正など最新「たっぷりチェンマイ!」の地図(pdf)

森を散策

Filed under   *マレーシア

2008 08 15 Fri

茶畑とキナバル山
海だけでなく、山へも出かけた。
サバ州はサバ・ティーを作っているので、そこで工場見学。
東南アジアで1番高いキナバル山を臨むプランテーションは宿泊施設もある。
霧に包まれた朝の散策なんて気持ちよさそうだ。


こんな木がいっぱい
でも今回は時間がないので、
先を急いでポーリング温泉がある森へ向かう。
キャノピーウォークをするためだ。
木の上に吊り橋がかけられていて、そこを歩くのだ。
もともとは森を調査・研究する人たちが使っていたが、
今では一般に開放していて誰でも自由に歩くことができる。
リサーチャーの人たちはもっと森の奥に移動し、そこで調査を行っているそうだ。
一般用は頑丈なロープと網で作られているので安心して歩けるが、
彼らのものは横の網がないとか!

メンガリスの木。ここで41m!
木の上には5つの橋がかかっていて、
全長157.8m 、一番高いところでは41mもある。
最初は「あまり怖くないね」と言っていた私も、
さすがに最高ポイントでは足がふわふわスースー。
下に広がる森を見たい気持ちより、早く渡ってしまいたい感情が強くなる。
写真の木は世界一高い木の品種らしく、120mほどに育つそうだ。
幹はコンクリートのように硬く、叩くとコンコンと石の音がする。

ポーリング温泉
50分ぐらい散策した後は、温泉につかって休憩。
硫黄の匂いがぷ?んと漂う。

木の上からの景色
近くでラフレシアが咲いているというので、見に行くことにした。
1年中どこかで咲いているらしいが、1つの花は9ヵ月間かけて開き、
7日で枯れてしまうそうだ。
そしてその1週間が村人の稼ぎ時らしく、
自分の土地にラフレシアが咲くと「ラフレシアが見ごろ!」という看板を立てて、
観光客を呼ぶ。
そしてお金を取る。
それも1回20リンギット(約700円)!

川を越えて森に入っていく少年
今回見ようとしたところには3つ咲いているということで
30リンギット(約1050円)を要求された。
高すぎる!! 
それでも珍しい花を見たいと観光客が来る。
1日100人来たら10万5千円。 
7日間商売すると73万5千円!
地元の人にとっては平均年収以上?!
金の花、ドル箱、自分の土地に咲いたら億万長者なのだ。
(計算する私も情けない…)

この少年が案内人
自然のものに対してそんなに取るのかと腑に落ちないけど、
ちょっとまけてもらって私たちもせっかくだからと見に行くことにした。
「家族経営」というふうで、私たちを案内をしてくれたのはこんな小さい子。
5歳ぐらいだろうか。
スタスタと走るように歩き、川を越え、どんどん森を入っていく。
時々振り返ってこちらの様子をうかがう。
確かに、こんな森の中、案内人がいないとラフレシアに出会えない。
それを探し当てた人たちがお金を徴収するのも仕方がないのかもしれない。

ラフレシア
10分ほどすると、ラフレシアを発見。
咲いたばかりなのかみずみずしい。
ちょっとグロテスク?と思っていたボコボコした肉厚の花びらが想像以上にきれいだ。

ラフレシア
そしてもっと森の奥へ行くと、2つのラフレシアがあった。
こちらはもう枯れかけている。
大きいものだと1メートルぐらいになるらしいが、
私たちが見たのは両手で抱えるぐらい。
それでも花としては巨大で、大きな土鍋サイズだ。

強烈に臭いと聞いていたけど、全然気にならない。
どちらかというと、最初に見たラフレシアはほんのり甘い香り。
違う花の匂いだろうか、それとも私の鼻がおかしいのか……。

マングローブの森
そうそう、違う日だけどマングローブも散策した。
コバルトブルーや赤色のカニ、ムツゴロウのように飛び跳ねる魚、
カンカンと音を立てる貝、野鳥などがいっぱいいた。
町からちょっと離れると自然が広がるボルネオ。
この島がいつまでも美しく、自然豊かでありますように。



  1. 2008/08/15(金) |
  2.   *マレーシア
  3. | trackback:0
  4. | comment:2

竜宮城へ来て見れば♪

Filed under   *マレーシア

2008 08 14 Thu

窓からの景色
ドリアンから話が始まってしまったけど、姉・姪とコタキナバルへ旅行に来た。
2005年4月にキナバル山へ登った以来3年ぶり(日記参照)。
町はチェンマイと同じでどこも開発、開発、開発。
それでも、町を背にしたホテルの窓からはこの景色。
海がキラキラ光って、1日中眺めていても飽きない。

港に集まる魚たち

市内からボートに乗って15分ぐらいのところに島が点在していて、
私たちはサピ、マヌカン、マムティックと3つの島でスノーケリングをした。
特にサピ島のサンゴ礁がきれいで、パンをまくと色とりどりの魚が私たちを取り囲み、
まるで竜宮城の世界。
時々、ウツボやウミヘビを見かけたり、魚につつかれて
ピラニアに襲われているような気分になったりと恐怖もあったけど
美しかったな?。



  1. 2008/08/14(木) |
  2.   *マレーシア
  3. | trackback:0
  4. | comment:0

ドリアンの屋台

Filed under   *マレーシア

2008 08 12 Tue

ドリアンの屋台
この間の日記で、ドリアンをその場でパクパク食べていた団体さんについて書いたけど、
そのなぞが解けた。
それも旅行で行ったボルネオ島のコタキナバル(KK)で。
「KKへ行ったら、森のドリアンを食べな。オレンジ色をしていて、
コーヒーのようにほんのり苦味があって最高だよ!」
と地元の友達から聞いたことがあり、そのドリアンを探していた時だ。
彼はクアラルンプール在住なので、
もう1人KKに住むマレー・チャイニーズの友達に案内をお願いした。
彼女も「タイのフルーツは最高だけど、ドリアンだけはKKのほうがおいしい。
特にオレンジ色のドリアンはたまらないよ!」と絶賛し、一緒に探してくれた。


ドリアンの屋台
KKもタイと同じで、トラックにドリアンを山積みにして売っているが、
大きさは大小様々で、1キロしない手の平サイズのものもある。
好きなのを選ぶと、その場で割って味見をさせてくれる。
もし甘くなかったら、違うのと変えてくれるそうだ。
いくつか割って味見をするが、硬かったり味が薄かったり。
残念ながらどれもオレンジ色の実でなかったけど、
4つ目ぐらいで甘いのにあたったので、それをもらうことにした。
持って帰るのかと思いきや、
友達と旦那さんがその場で立ってむしゃむしゃ食べ始めた。
旦那さんはドリアンが大好きで、一人で丸ごと1個食べてしまうそうだ。
姉と私もむしゃむしゃ。
味見だけと思っていたら、丸ごと平らげてしまった。

ドリアンを食べる人々
場所によっては、テーブルとイス、手を洗う水、
ティッシュが用意されていて、そこで家族が座って
ドリアンを丸ごと1個、2個と割って食べている。
一人で来た人は、ラップに包まれたドリアンを黙々と口に運んでいた。
なるほど、マレーシアではドリアンは外で食べるものなのだ。
クアラルンプールからチェンマイまで直行便が出ていてるから、
あの屋台で食べていたのもきっとマレー・チャイニーズだったに違いない(勝手な結論)。



  1. 2008/08/12(火) |
  2.   *マレーシア
  3. | trackback:0
  4. | comment:0

ペナンの海辺

Filed under   *マレーシア

2005 08 09 Tue

ペナンの海辺
食後、ビーチを散歩。
漁師がちょうど戻ってきたところだったので、船を覗いてみた。
すると大きなカブトガニが2匹、ひらめ、カニなどが網に絡まっていた。メ
インはカニのよう。
網に絡まったカニを1匹ずつはずし、カゴに入れていく。
1キロ10リンギット(約300円)。
今朝の収穫は7.2キロ。
ベンツが買えると漁師さんが笑って言った。そう、おもちゃのね。
しばらくお喋りをしていたら、
アジさんという人が船でエビ漁をしているところまで連れて行ってくれた。
いろいろあるだろうけど、自然に近い暮らしっていいなってつくづく思う。

カブトガニ
カブトガニが逃げないように逆さにする。



  1. 2005/08/09(火) |
  2.   *マレーシア
  3. | trackback:0
  4. | comment:0

ペナンでインド料理を食べる

Filed under   *マレーシア

2005 08 08 Mon

cathay hotel
ビザは1日でできるが、
飛行機のスケジュールの関係で3泊することになる。
代行業者にお願いしてしまうので、自分でわざわざ大使館まで行く必要がなく、
3日間まるまる自由になる。
プールで泳いだり、浜辺を散歩したりするが、市内散策も面白い。
コロニアル様式の建物は見ているだけで楽しいし、食堂を覗いて歩くのも刺激的。

インド料理
今日はインド人街を散策し、そこでインド料理を食べた。
何を食べていいか分からないでキョロキョロしていると、
インド人がテーブルの上でバナナの葉を広げてご飯を食べているのが目についた。
早速それを注文。
席に着くと、テーブルにバナナの葉が置かれ、
その上に野菜のカレーが3種類とご飯がのせられる。
それを手で混ぜ混ぜして食べる。様々なスパイスが混ざり合い、
心はインドに飛んでいく。
青マンゴーを煮た甘いカレーが特に美味しかった。
食べ終わると、バナナの葉を半分にして席を立つ。
するとウェイターがそれをゴミ箱にポイすればそれで終わり。
利に適っているな。



  1. 2005/08/08(月) |
  2.   *マレーシア
  3. | trackback:0
  4. | comment:0

ペナンは暑くない!

Filed under   *マレーシア

2005 08 07 Sun

タイのビザを取るために、ペナンへ。
Air Asia が安くて、片道699B(約2100円)。
でも、税金云々が1000B(約3000円)ほど。
それでも往復1万円ほどで行かれる。

今回はちょっとおいしい話があり、ビーチ沿いのホテルでバカンス(?)。
ペナンには中近東からの観光客が多いせいか、
全身黒い服をまとった女性の姿が目立つ。
目だけしか見えないけど、その瞳はとても美しく、
ベールの下を覗いてみたくなる。

マレーシア人と気温について話していると、
中近東の男性がわりこんできた。
「今日のペナンは暑いよ!」
とマレーシア人が嘆いていた時だ。
「これで暑い? 何を言っているんだい? とっても涼しいよ。
僕たちの国なんて45度、50度なんて当たり前だよ!」
そりゃあ、涼しいわけだ。
でも、街で会ったカナダ在住のインド人は、うんざりという顔で、
「もうこの暑さはたまらないよ。どうにかしてほしい」
と明日にでも国に帰りたそうに言っていた。

世界は広い。



  1. 2005/08/07(日) |
  2.   *マレーシア
  3. | trackback:0
  4. | comment:0

ビューフォートでテングザルを見学

Filed under   *マレーシア

2005 04 09 Sat

ビューフォートの夕暮れ
足がメチャクチャ痛い。
階段は飛び跳ねないと下りれない。
道路のちょっとした段差もヒッと叫んでしまうし、車が来てもすばやく避けられない。
午後、ステラとクレアに誘われ、
ビューフォートというところにテングザルを見に行こうと誘われた。
リバークルーズをしながら猿を観察し、夜はディナー+蛍を見るツアーだ。

クレア(左)、ステラ(中)、ガイド、私
ビューフォートまでは車で約2時間。
川は土色。
深さは2.5メートルというが、
中にどんな生き物がいるのか分からないので泳ぐ勇気はない。
どこかアマゾンを想像してしまう。
テングザルは鼻が天狗に似ているからそう呼んでいるらしい。
木々を行ったり来たりしているが、遠いのであまり見えない。
ガイドさんによると、テングザルはオス1頭につきメスが7、8頭いて、
24時間、365日子作りに励むため、その精力を求めて中国人が食べるとか。
本当だろうか……。
ご飯はイマイチだったけど、蛍が大木の周りにいっぱいいてピカピカと光り、
まるでクリスマスツリーのようだった。

パーム油スイカ売りの目印



  1. 2005/04/09(土) |
  2.   *マレーシア
  3. | trackback:0
  4. | comment:0

いざキナバル山へ! 2日目

Filed under   *マレーシア

2005 04 08 Fri

こんなところを登っていく
朝2時半、暗闇の中を出発。
夕べの雨が上がり、空は満点の星。
空気が頬に冷たく、階段が凍ってツルツルと滑べる。
懐中電灯だけを頼りに一歩一歩慎重に登っていくと、
今度は岩肌が出てきてそこをロープづたいに歩いていく。
右側はぱっくりと暗闇の大きな口を開けていて、遠くに町の光が見える。
見ていると吸い込まれていくようだ。
山小屋を出てからは木もなく岩肌のみ。
暗くて何も見えないのでひたすら足を動かすのみ。
昨日はペース良く登っていたのに、
なぜか今朝は体力がなく3歩進んではハーハーと休みたくなる。
空気が薄いせいだろうか。

キナバル山頂
頂上に5時前に到着。
風がビュービュー吹いて体中の汗が一気に冷えていく。
手頃な岩の間にうずくまり、ホカロンを靴の中、腰、手袋に入れるが、
寒くて寒くて辛い。
このまま日の出まであと1時間もじっとしていないといけないのだろうか。
うつらうつらと寝ていたら、周りが一瞬ざわめいた。
目を覚ますと辺りが明るくなっている。
日の出だ! 
立ち上がって見るが、手がかじかんで写真もよく撮れないし、
とにかく寒くて寒くて仕方がないので、さっさと下山したい!

キナバル山頂
山小屋までは幻想的な景色だった。
声に出せないぐらい心が感動していた。
どこまでも続く山々、そしてそれをつなぐように雲が絨毯のように敷かれている。
あれが天国か何かで誰かが導いてくれたら、
一緒に雲の上を伝ってあっちの世界に行ってもいい気分になってくる。

ウツボカズラ
山小屋まで戻り、あとはとにかく下る下る下る。
「99%登りの山」だけある。
最初は順調だったものの、途中から足が麻痺してきて、
どっちの足を出していいのか分からなくなる。
足を曲げることさえ難しい。
キナバル山のガイドはすごい。
これを週に何度かしているのだ。
それにポーター。
32キロのガスタンクや資材、食料などを毎日運んでいるのだ。
スターティングポイントに着いたのは11時前。
もうボロボロ。
そのまま宿に戻り、ステラとクレアに再会。
クレアの背中は水ぶくれで、ステラがアロエを塗っていた。
そしてその後、私の足をマッサージしてくれた。



  1. 2005/04/08(金) |
  2.   *マレーシア
  3. | trackback:0
  4. | comment:0

いざキナバル山へ! 1日目

Filed under   *マレーシア

2005 04 07 Thu

山小屋目指して
クレアも一緒にキナバル山へ行くというので、一緒にバスで向かった。
市内から88キロ。
2時間ぐらい走ると、窓から空を突き刺すような岩山が見えてきた。
とても冷たい印象を受ける。
果たしてあそこまで無事にたどりつけるものだろうか。
緊張感が高まってくる。
というのも、こんな話をクレアから聞いたからだ。
彼女がエベレストを目指し、2週間かけて仲間と登っていたという。
そこに途中から参加した人が飛行機でやってきた。
彼はその夜すごい頭痛をうったえ、薬を飲んで寝たという。
だけどそれっきり目を覚まさなかったとか……。

ポーター
山は必ずガイドがつかないといけないという。
私のガイドはこの道15年のダピットさん。
小柄だけど、骨密度が高そうなどっしりした人だ。
彼を先頭に木々の中を歩いていく。
所々、休憩所や水補給所、トイレがあり、
体力さえあれば誰でも気軽に登れる山という気がする。
若い女の子や学生もいるところが富士山に似ている。
ただ、富士山は岩だらけで、ひたすら登る山だけど、
キナバル山は木々や花、ウツボカズラがあるし、
標高が上がるにつれ、木が低くなり、葉が肉厚で小さくなったりと、
自然の表情を楽しみながら登れる山だ。
残念ながらクレアは途中で脱落。
市内で会う約束して別れた。

ラバンラタ・レストハウス2
登り始めてから約4時間ほどで山小屋に到着(標高3,270m)。
私がイメージした山小屋とは全然違って、豪華・清潔のひとこと! 
暖房は暑いぐらいにきいていて、シャワーもある。
広い食堂はガラス張りになっていて、山が見渡せる。
高山病にならないため、頭痛薬を予め飲んでいたほうがいいと聞いたので飲むが、
クレアの話が頭を横切る。
明日は2時半出発なので、早々に寝ることにしよう。
果たしてちゃんと目覚めるだろうか……。



  1. 2005/04/07(木) |
  2.   *マレーシア
  3. | trackback:0
  4. | comment:0

いろいろな出会い

Filed under   *マレーシア

2005 04 06 Wed

コタキナバルの海
今回は久しぶりにバックパッカーの宿に泊まった。
1部屋にベッドが8台ある。
この歳になると、さすがこういう旅は疲れるのでもう避けていたけど、
なんとなく他の旅行者と話をしたかったから泊まることにした。
同室には、ウルグアイ出身でスウェーデンに18年住んでいるステラさんだけがいた。
もとソーシャルワーカーで、今はリタイアしていて、孫が5人いる。
海が大好きで、コタキナバルから船に乗って近くの島へ行き、
スノーケリングをしているという。
一緒に行こうと誘われたけど、水着がないので断る。
(貸してくれるというが、私より二周りも大きい!)。

市場
町に出てみた。
潮風がとても気持ちいい。
建物が低いので空が広い。
山へ行く手配をしてから、魚市、クラフト位置、フィリピン市、セントラルマーケットなどを歩く。
とにかく湿度がすごい!! 
ちょっと歩いただけで汗がだらだら出てくる。
その度にシャワーを浴びる。
夕方雨が降ったらもっともわっとした。

なまこ
夜、ステラとご飯を食べて部屋に戻ると、新しいルームメイトがいた。
彼女は上半身裸で前をシャツで隠している。
シャワーを浴びたばかりなのでそんな格好をしているかと思っていたら、
日焼けをして背中がヒリヒリするという。
背中を見ると、なんとビキニの部分が真っ白で、後は真っ赤。
スノーケリングで魚にみとれていて、
気付くと背中が焼けどしてしまったらしい。

ラクサ
そのイギリス出身のクレアにクリームを塗ってあげた後、世間話をしていた。
今は海辺のブライトンに住んでいるけど、
育ちはサマーセットのトウントン〈ロンドンより西に車で4時間ほど)だという。
「トウントン」という言葉にびっくりして、
私が「もしかして○○学校って知っている?」と聞いてみた。
私が高校1年生の時、寮生活をしていた学校だ。すると、
「私、あそこに通っていたよ」
と。「私も!」と言うと、お互いびっくり! 
クレアは16歳の時1年間、私は15?16歳の時1年間通っていた。
ただ、彼女は私より10歳年上なので、会うことはなかったけど、
「もと羊を洗っていたプールで泳いだ?」とか
「もと馬小屋だった物理の教室で勉強した?」とか
「タフ校長先生どうだった?」とか昔の話に華が咲いた。
ただ、クレアと私の大きな違いは、
「あの学校は本当に楽しかった!」という彼女と、
「あの生活は地獄だった!」という私の意見。〈本当に大変だったから)
今はもう閉校してしまったけど、
コタキナバルのドーミトリーで同じ学校出身者に会うとは世界は狭いものだ。



  1. 2005/04/06(水) |
  2.   *マレーシア
  3. | trackback:0
  4. | comment:0

古い方のページへ

最新記事

カテゴリー

月別の過去記事