チェンマイ食いだおれタイ

チェンマイ在住者の生活日記ブログ


こんな店あんな店最新記事


北部料理・お菓子最新記事







ワンテーマ指さし会話 タイ×屋台めし (とっておきの出会い方シリーズ)

おうちでタイの屋台ごはん

タイの屋台図鑑

たっぷりチェンマイ!―タイの古都をまるごと楽しむ町歩きガイド
出版後の変更事項や訂正など最新「たっぷりチェンマイ!」の地図(pdf)

スポンサーサイト

Filed under スポンサー広告

-- -- -- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告

北京へ

Filed under   *モンゴル

2006 10 05 Thu

列車
線路はどこまでも続いている。
友達はそのままロシアへ、そして私は北京へ戻る。
帰りの列車は一番良い「デラックス」しか空いていなくて(1万円強)、それを予約。
行きは1部屋4人だったが、ここは2人用。
紅茶、お湯が入った魔法瓶、タオル、ランチがついている。
トイレには石鹸もティッシュもあるし、窓がきれいに磨いてあるので景色がよく見える。
これから北京まで1,551キロの旅だ。
朝8:05にモンゴルを出発して、北京へ着くのは翌日の14:30。
さよならモンゴル。

廊下個室

     列車の廊下            デラックスの部屋

スポンサーサイト


  1. 2006/10/05(木) |
  2.   *モンゴル
  3. | trackback:0
  4. | comment:0

カラコルムからウランバートルへ

Filed under   *モンゴル

2006 10 03 Tue

カラコルムの市場
カラコルムは特に何があるというわけではないけど、景色が素晴らしかった。
満天の星は寒さを忘れさせ、ずーっと見ていたくなる。
北斗七星が近いのには驚いた。
あんなに大きな北斗七星は見たことがない。
これから冬に入るカラコルム、一体どんな表情になるのだろう。



  1. 2006/10/03(火) |
  2.   *モンゴル
  3. | trackback:0
  4. | comment:0

モンゴルの食べ物

Filed under   *モンゴル

2006 10 02 Mon

皮を作る
 モンゴル人がよく食べるものに「ボーツ」がある。朝でも昼でも食べている姿をよく見かける。一見、水餃子のようなものだけど、手の平にずっしりと乗るサイズ。

1食1食、1枚1枚皮を作る。
小麦粉に白湯を入れ、こねたもの。

具をつめる
ニンニクや羊肉、モツなどを入れて包む。
具はたっぷり!

バンシ
そのまま茹でて食べてもいいけど、ミルク茶で米を炊いた中に入れると「バンシ」という料理になる。
ミルク茶の甘い香りと塩のしょっぱさが体をポカポカと温める。
でも、お肉は羊臭さがあり、好き嫌いが分かれるかも。

ミルク茶 チーズ

 ゲルの中でミルク茶を作る。         保存食のチーズ。



  1. 2006/10/02(月) |
  2.   *モンゴル
  3. | trackback:0
  4. | comment:0

親戚のゲルを訪ねて

Filed under   *モンゴル

2006 10 02 Mon

親戚
イッヘが知り合いの親戚の家に行かないかと誘ってきた。
もちろんガイド料は払わないといけないけど、
草原で暮らす人の生活を見たかったので、お願いした。
道があってないようなものなので、ゲルを目指して真っ直ぐ走る。

ゲル
ゲルに到着。
なんとパラボラアンテナとソーラーシステムが!
ゲルには羊毛(フェルト)が挟まっているので、中はとても温かい。
広々としていて、ベッドが3台、食器棚、タンス、暖炉がある。

チーズ
屋根には牛乳で作ったチーズが干してある。
以前は羊のミルクで作っていたが、今はほとんど牛乳とか。
それでもかなりクセが強い。
そして硬い。

馬の乳搾り
何十頭と馬を飼っていて、2時間おきに乳絞りをする。
子馬を母馬のところに連れて行き、少しお乳を飲ます。
そうするとお乳がよく出るので、そこで子馬をよけ、乳を搾る。
それを蒸留させて、「アルク」という透明なお酒を作る。
絞った後、1日置いて飲むとか。
少し酸味があり、羊臭さのようなものがあった。
きっと家庭によっても味が違うのだろう。

乳搾り
牛が1頭500ドル、馬200ドル、羊50ドル、ヤギ25ドルで売れるとか。



  1. 2006/10/02(月) |
  2.   *モンゴル
  3. | trackback:0
  4. | comment:0

カラコルムの景色

Filed under   *モンゴル

2006 10 01 Sun

カラコルムの山から
カラコルムは13世紀にモンゴル帝国の首都があったところ。
だけど今はエルデニ・ズー寺院があるだけで、町はどこか閑散としている。 
でも景色は息をのむよう。地球だぁ!
この写真はカラコルムの山から見た景色。

学校から帰る子どもたち 町と家

  学校から帰る子どもたち。町中。    冬は寒さが厳しいのか、家の周りにはトタンの壁↑

  水汲みに行く兄弟 薪拾い

   水汲みに行く兄弟たち。             薪拾いに行く兄妹。

  羊を世話する少女 バイク

   羊の世話をするハイジ          馬ではなくバイクに乗る人が増えてきた。

  羊使い 僧

   羊使い                       エルデニ・ズー寺院にいた僧たち



  1. 2006/10/01(日) |
  2.   *モンゴル
  3. | trackback:0
  4. | comment:0

カラコルム(Хархорин)へ

Filed under   *モンゴル

2006 10 01 Sun

Erdene zuu
昨日の午後、ウランバートルから西へ400キロのカラコルムへ向かった。
途中の景色は素晴らしかったけど、
ミニバスにとにかくつめるだけ人が乗っていたので7時間の旅は苦痛に近かった。
そしてカラコルムへ着いた時は辺りは真っ暗! 
ひゅ?るり?と冷たい風が吹き、がら?んとしている。
とりあえず連れて行かれた宿に入るが、ヒーターがない! 
宿の人は親切でお湯をくれたり、コップを貸してくれたりするけど、
寒さが身にしみる。
持って行った湯たんぽにお湯を入れて寝るが、
明け方寒くて目が覚めた。
カーテンを開けて外を見ると、どんよりした景色で小雨が降っている。
長旅で埃だらけになった体を毛布にくるみ、縮こまっているのが精一杯。
虚しくなってくる。窓が2重になっている。
冬になると?40度にもなるとか!!

Munksuuri Guest Houseゲルの中
ゲルに泊まりたかったので、調べてあったMunksuuri ゲストハウスへ移動する。
旅行のベストシーズンが過ぎたのでお客はほとんどいない。
広々としたゲルの中にはベッドと暖炉があり、外にはお湯シャワーもあるという。
ご飯もついている。
温かいものがあるのを知ると、少し元気になってくる。

イッヘさんBut!
ゲストハウスのイッヘさんはなんと半袖!!
私が4枚も5枚も着ているのに、ちょっと日差しが出ると半袖だ。
食べている物が違うのだろうか。
慣れだろうか。
真冬の?40度に比べたらまだまだ常夏なのかもしれない。
Oh my god!!

ホーミー
夜はホーミー歌手(?)をゲルに招いてのショーがあった。
ホーミーはモンゴル独特の喉歌。喉、胸、鼻、口を使って声を出すそうで、
その不思議な音と節を聴いていると、魂がモンゴルの草原を駆け抜けていくようだ。
お湯シャワーで汚れを落とし、温かいものを食べ、暖炉で薪を燃やし、
ホーミーも聴いたので、今夜はぐっすり眠れそうだ。



  1. 2006/10/01(日) |
  2.   *モンゴル
  3. | trackback:0
  4. | comment:0

ガンダン寺(Gandantegchenling)へ

Filed under   *モンゴル

2006 09 29 Fri

ガンダン寺
1日中、宿でゴロゴロして昨日の疲れをとる。
そして夕方、市内のGandantegchenling寺(ガンダン寺)へ行った。
チベット仏教寺院だ。
建物の中には、高さ約26mの開眼観音像があり、
その周りには数百体像が並べられ、圧倒させられる。

境内にはカラフルな布が巻かれた柱があって、
人々が何か顔を近づけていたので見に行ってみた。
柱には小さな穴があちこちにあいていて、そこに指を入れながら柱の周りを回っている。
そして大きな割れ目があるところへ来ると、
そこに向かって何かささやくのだ。
願い事をしているのだろうか。
願いが叶うといいね。

マニ車

マニ車(ぐるま)を回す(遊ぶ?)子どもたち。
右回りに回転させる。
1度回すと、1度お経を読んだのと同じ功徳がある。
子どもたちはキャッキャいいながら何度も回していたけど、
結局、徳をつまずに怒られていた。

屋根 
空が本当にきれい。



  1. 2006/09/29(金) |
  2.   *モンゴル
  3. | trackback:0
  4. | comment:0

Zuunmod の草原を歩く

Filed under   *モンゴル

2006 09 28 Thu

Zuumodの草原。前を歩くのはクリス
同じ宿のイギリス人、クリスがZuunmod という町へ行くというので一緒に行くことにした。
ウランバートルの町から46キロ、ミニバスで1時間弱。
 Zuunmodの町を歩きながら山のほうへ向かう。
外は4枚ほど重ね着する寒さだけど、日差しは強く、空がまぶしい。
乾燥した空気と温度のせいか太陽の光が美しく、
建物や洗濯物に反射するときれいな色を生み出し、すべてが絵になる。

窓からこんにちは 民族衣装を着たおばあちゃん学校帰りのこども
皆それぞれ好きな場所で写真を撮りながら草原に向かって歩く。クリスはフランス在住のカメラマンで、大型カメラを持っている。


草原で遊ぶ子どもたち
草原は雄大な景色。子どもたちが小川で寒い寒いといいながら遊んだり、
相撲をとったり、女性が水汲みに来ていたり……。
遠くにはゲルがあり、馬で移動している人がいる。
私がイメージしていた「モンゴル」の世界がそこにある。

Manzshir Khiid
目指すのは、5キロ先のManzshir Khiid。
そこに1733年に建設されたお寺があるという。
たぶん「あっち」だろうという方向を目指して丘を登り下りしながらひたすら歩く。
クリスは普段からアウトドアライフを楽しんでいるらしく、
細い体で重い大型カメラを持ってスタスタと歩く。
その後ろを私、友達がゆっくりと続く。
3人がそれぞれのペースで歩いて距離があいても、
隠れるところがないので迷子になることはない。

学校帰りのおめかしした子どもたち
5キロ以上は軽く歩いたと思う。
足は疲れるものの、真っ青な空や雄大な景色を見ていると、
いくらでも歩ける気になってくる。
地球と対面したような気分になってくる。
どんどん先へ先へと進みたくなる。
歩くのが楽しくてしかたない。
写真は学校帰りのおめかしした少年たち。
特別な日だったのだろうか。

町の子
といっても、帰りはさすがに疲れて、通りすがりの車に町まで乗せてもらった。
モンゴルの車はすべてがタクシーと聞いた通り、
どの車でも交渉が成立すれば乗せてくれるから便利だ。
写真は町の広場で遊ぶ少女たち。

白鵬はヒーロー!
白鵬の大きなポスターが所々にある。



  1. 2006/09/28(木) |
  2.   *モンゴル
  3. | trackback:0
  4. | comment:0

ウランバートルに到着!

Filed under   *モンゴル

2006 09 27 Wed

車窓から
夜中、砂が窓から舞い込み、列車の中が真っ白になった。
服もカバンもすべて砂まみれ、髪の毛はバリバリ。
外は真っ暗で何も見えないが、ゴビ砂漠だろうか…
なんて思いながら眠りにつく。
そして朝8時ごろ目が覚めたら景色は枯葉色。
ラクダが歩いていたり、羊飼いがいたり、もう別世界だ。

ウランバートルの駅
モンゴルの首都、ウランバートルへ着いたのは午後1時。
外は抜けるような青空。
ひんやり空気が冷たい。
女性はすらっと高く、髪の毛は少し茶色で皮膚は白い。
目が茶色く、細めで猫のよう。
女性はロシア人に近い印象を受けるが、男性はがっしりしていて、
顔はどちらかというと韓国人に似ている。

ウランバートルの町とその周りの山
宿泊したゲストハウスはとても清潔で暖かい。
モンゴルの夏は短く、10月にもなるとかなり冷え込むと聞いたので不安だったが、
セントラルヒーティングが完備してあり、半そででも暑いぐらいだ。
オーナーのザイアさんは流暢な英語でいろいろな情報を教えてくれた。
モンゴルは失業率が40%だから、街を歩く時は十分気をつけなさいとも言われた。
かなり旅行者がスリにあっているらしい。
私たちも駅からゲストハウスへ行くタクシーで早速ぼられていた……。

羊と野菜の炒め物
街を散策しながらランチをとった。
人の料理を見ながら身振り手振りで、羊と野菜を炒めたもの、
羊のカレー、ミルク茶を注文。

羊のカレー(1人前!!)
出てきた量にびっくり! 
どれもこれも大盛りだ。
そんなに羊臭さがなくおいしかったが、とにかくボリュームがすごくて食べきれない。
前に座っている女性は山のような焼きそばを食べていた。
モンゴル人の食べる量は欧米人なみ。
どこかでまだ日本人と近い人種という思い込みがあり、
1つ1つにカルチャーショックを感じてしまう。

広場でおしゃべりする女性たち窓拭きキオスク



  1. 2006/09/27(水) |
  2.   *モンゴル
  3. | trackback:0
  4. | comment:0

北京からモンゴルへ!

Filed under   *モンゴル

2006 09 26 Tue

車窓からの風景
実は今回の旅の目的は北京からモンゴルまで列車で行くこと。
友達と北京で落ち合って、一緒にモンゴルまで向かった。
列車は朝7:40に出発。
2段ベッドの4人部屋。とても清潔。
列車は万里の長城を過ぎ、ゆっくりゆっく?り進んでいく。
タイの列車と同じで、車とどちらの速度が速いか?と思えるような旅だ。
本を読んだり、友達とおしゃべりしたり、
昼寝したりしても、まだまだ時間はたっぷりある。

タイヤ交換
夜、Erlienという国境の町に着いた。
そこでモンゴルのレールと列車のタイヤの幅を合わすため2、3時間ストップ。
倉庫のようなところに列車を入れ、車体を1台ずつ持ち上げてタイヤを替えていく。
国境は下りなくても、イミグレの係官が部屋に回ってきてスタンプを押してくれる。
中国側でもモンゴル側でも同じで、とても便利な仕組みだ。

ちゃんと掃除もしてくれる弁当
 ちゃんと掃除もしてくれる。
熱湯もあるので、コップを持っていけば、お茶やインスタントコーヒーが飲める。
インスタントラーメンを持っていくといいかも。
お弁当はついているけど、味が……。



  1. 2006/09/26(火) |
  2.   *モンゴル
  3. | trackback:0
  4. | comment:0

最新記事

カテゴリー

月別の過去記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。