チェンマイ食いだおれタイ

チェンマイ在住者の生活日記ブログ


こんな店あんな店最新記事


北部料理・お菓子最新記事







ワンテーマ指さし会話 タイ×屋台めし (とっておきの出会い方シリーズ)

おうちでタイの屋台ごはん

タイの屋台図鑑

たっぷりチェンマイ!―タイの古都をまるごと楽しむ町歩きガイド
出版後の変更事項や訂正など最新「たっぷりチェンマイ!」の地図(pdf)

チェンマイの都を守る国柱

Filed under   *特別な行事

2017 05 03 Wed

ik5.jpg
タイ正月のソンクラーンが終わり、雨がポツポツと降り始める頃、チェンマイ市内で国柱(守護柱)を祀る「サオ・インタキン祭」が行われる。
チェンマイの人が健康で幸せに暮らせるよう、また、チェンマイの町が繁栄しますようにという願いが込められている。

ちょっとだけ説明すると、チェンマイの町(旧市街)は仏教の宇宙観に基づいて作られている。
須弥山が宇宙の中心にあり、海王星を真ん中にして8つの惑星が周りを回っていて、その現象が国や人々に影響を及ぼすという考えがある。
それと同じように、都のそれぞれの方角に惑星があり、それが人々の暮らし、運不運を左右するばかりではなく、疫病を引き起こす原因にもなると信じられている。
9カ所にはお寺が立っていて今でも儀式が行われるが、その中心となるお寺には国柱があり、国民が1年に1度、都の安泰を祈ってサオ・インタキン祭を行うのだ。

ik4.jpg
国柱が立っているのが、旧市街のほぼ真ん中にあるワット・チェディールアン。
この建物の中にある。(女性は立ち入り禁止)

ik2.jpg
サオ・インタキン祭の7日間、お堂の周りには花をのせる台がずらりと並べられ、チェンマイの人たちが花やお線香などを持ってきて供えていく。
別名「花を供える祭り」(サイ・カンドーク)というだけあり、境内が花で溢れかえる。
庭で摘んだもの、市場や境内で買ったものなどいろいろな花の香りが漂う。

ik3.jpg
また、境内にはプラジャーオ・セーンフォンハーという雨乞いの仏像が安置され、人々が聖水をかけていく。
これからの稲作に必要な雨を乞うのだ。
乾季の終わりでまだほとんど雨が降らないが、なぜかこの期間中は不思議と雨がぱらっと降ることが多い。
私もお供えをしながら「おっ、雨だ」と何度か体験した。

今年のサオ・インタキン祭は、5月22-28日。
お花を持って参拝してはいかがだろうか。



  1. 2017/05/03(水) |
  2.   *特別な行事
  3. | comment:0

ドイステープの巡礼「ティアオ・クンドーイ」は5月9日

Filed under   *特別な行事

2017 04 30 Sun

thieo1.jpg
今年のウィサーカブチャー、仏誕節は5月10日。
お釈迦様が誕生し、悟りをひらき、入滅した日で、仏教徒にとってとても大切な日だ。
どのお寺でも、夕方に読経があり、仏塔の周りを3度回るウィアンティアンが行われる。

thieo.jpg
そしてチェンマイにはその前日に「ティアオ・クンドーイ」という特別な行事がある。
チェンマイ大学正門や動物園の先に、クルーバーシーウィチャイ高僧の像が立っているが、そこから山の上のドイステープ寺院まで歩くのだ。
クルーバーシーウィチャイ高僧は様々な功績を残していて、1935年にドイステープ寺院までの道路を作ったのもその1つで、今でも多くの信者から尊敬されている。

thieo2.jpg
9日は18:30頃からクルーバーシーウィチャイ高僧の像で様々な行事があり、19:59にドイステープ寺院に向かって神輿が出発する。
チェンマイの人達や観光客が夜通し寺院を目指して歩いているので、好きな時間に行って参加することができる。
高僧の像から寺院までは約10.7km。
車で20分ほどの距離だけど、歩くと人混みがすごいこともあり4時間ぐらいかかる。
ずっと上りなので参加する人は歩きやすい靴がいいだろう。
ちなみに短パンやタンクトップはやめよう。
それなりに疲れるが、所々に水補給所などがある。

thieo3.jpg
寺院はとにかく人、人、人で身動きが取れないので覚悟をしていこう。
お参りをした後は、ドイステープ寺院からの夜景を見ることも忘れずに。

チェンマイにいるなら1度は参加したい行事だ。

*帰りは赤色ソンテーオ(乗り合いタクシー)がある。



  1. 2017/04/30(日) |
  2.   *特別な行事
  3. | comment:0

伝説の動物に乗せるラーンナー式の火葬

Filed under   *特別な行事

2017 01 28 Sat

hs_2017012911463001f.jpg
スアンドーク寺でご住職の特別なお葬式が行われた。
北部タイ、ラーンナー式では、ご住職が亡くなると特製の神輿に棺桶を乗せて火葬する。
一般的に火葬は火葬場でするが、今回のような時はお寺で火をつける。

hs1_20170129115152964.jpg
神輿は、パヤーノック・ハッサディリンという伝説の動物。
ヒマラヤ山脈麓のヒマパーンという森に住んでいて、
体は鳥、顔が象で、牙、鼻、羽があり、象5頭よりもパワーがあると信じられている。

hs2_20170129121739bd1.jpg
読経の後は、踊りがあり、花火があがると神輿に火がつけられた。

[広告] VPS


hs4.jpg
一番前で見ていたら顔がほてるぐらい熱く、
火の粉が上からどんどん降ってきた。
全然制限がないので好きな場所で見ることができるが、すべて自己責任。
珍しいお葬式なので一目見ようと大勢の人が集まってきた。
もちろんご住職を偲んでいる人もたくさんいる。

hs5.jpg
かなり火が出るので、消防士が水をかけて火力を調整している。

hs6.jpg
ご冥福をお祈りします。

チェディールアン寺のご住職のお葬式はこちらから



  1. 2017/01/28(土) |
  2.   *特別な行事
  3. | comment:0

一晩で袈裟を織りあげるジュラカティン

Filed under   *特別な行事

2015 10 30 Fri

ジュラカティン
チェンマイ大学の敷地でジュラカティンが行われた。
ジュラカティンとは、僧に供える袈裟を一晩で仕上げる行事だ。
普段は市場で既製品の物を買って来て供えるが、
ジュラカティンは綿を摘むところから、織り、縫製、染めまでをすべて手作業でやる。
それも一晩でだ。
それだけ手間がかかるので人の協力がないとできないし、
大きな徳を積むことになる。
今回はチェンセーンの村の人々が手伝いにやって来た。

綿花を摘む
今回は敷地に綿花の木がないので、植物に綿をのせて代用。

種をとる
摘んできた綿は、これに通して種を取り除く。
キコキコ回すと綿がとれ、手前に種が落ちる。

綿をほぐす
弓のようなものを使って、綿をほぐしていく。

棒状にする
それを棒状に丸めていく。

糸にする
伸ばして糸にしていく。
簡単そうに見えるが、切れないように同じ細さにするのは経験がないとできない。

糸を輪にしていく
巻いた糸を今度は大きな輪に巻きつけていく。

煮る
20ほど煮て、綿についている粘々しているものをとる。
お湯が黄色くなっていく。

乾かす
約20分、鉄板の上で乾かす。

糸を作る
今度はその糸を同じ長さに巻く。
(なんか順番が違うような気がする……。間違っているかも)

仕上がったもの
糸を束ねる。
光沢があって美しい。

織機に糸をつける
それを今度は織機につけていく。
経糸と横糸になる。

織る
カタカタ、トントンと織っていく。



ここまででも手順は多いが、
この後、縫製したり、染めたり、洗濯したり、
アイロンをかけたりと全部で15以上の工程がある。
これを夜通しして、僧が使う5種類の袈裟を作って、翌日奉納する。
手を動かしている間も、踊りや音楽があったり、食事が配られたりと賑やかだけど、
それはそれは大変な作業だ。
とはいえ、北部タイにはまだこのような行事が残っていることを嬉しく思う。




  1. 2015/10/30(金) |
  2.   *特別な行事
  3. | comment:2

霊(ピー)が舞い踊る日

Filed under   *特別な行事

2012 04 10 Tue

the ceremony for ancestor
北タイ(ランナー)には地域に根付いた風習がたくさんある。
その1つが、「フォーン・ピーモット・ピーメン」だ。
フォーンは踊る、ピーは幽霊・精霊という意味で、
要するに霊たちが踊る行事だ。
モン族(*)から伝わったのではないかと言われている。

pray for ancestor
北タイの人たちにとってピーはとても身近なもの。
悪いピーもいれば、良いピーもいる。
子どもが病気の時や、健康と幸せを願う時、行事を始める前など
ことあるごとにピーに祈る。
そしてこの「フォーン・ピーモット・ピーメン」は良いピーで、
先祖の霊のことをさす。
毎年、数年に1度、もしくは病気が治った後など
先祖が同じ一族が集まり、その場を設けるという。
だいたい5、6月が多いけど、
今回お邪魔した家系はソンクラーン前に行った。
20年ぶりだという。

mediums
地域の人が集まって行う場合もあるが、
今回の儀式には「あちらの世界」と近い人が呼ばれた。
ランパーン県から30人、チェンマイから20人が続々と集まってきたが、
一見普通の人。
この人たちに先祖の霊が降りてきて皆ピーになってしまうなんて!

special cloth
式が始まると今まで普通に話していた人が
順々にクラクラっとめまいを起こしたり、
吐きそうになったり、それぞれ症状が現れる。
霊が降りてきたのだ。
人によっては真ん中にぶら下げた特別な布のところへ行き
それにつかまって回りだす。
ぐるぐるとすごい勢いで回り、
止まった時にはピーになっている。
その勢いはビデオのほうがよく伝わると思うのでこちらをどうぞ。


[広告 ] VPS



colorful costume
ピーが降りてきてからはそれぞれカラフルな服に着替える。
各自がこの日に用意した服装は、
買い物にピーが一緒について来てピー自信が好きなものを選んだとか。
ここの家系は貴族の流れなのできれいに着飾ったピーばかり。

dancing
その後はひたすら踊る踊る踊る。
この行事に「フォーン」(踊る)という名前がつくだけある。

smoking the traditional cigar
普段は吸わないタバコやお酒を口にしたり、
噛みタバコを欲しがったり、飲んで歌ってのお祭りだ。
さっきまで人の手を借りないと歩けなかったおばあさんまでがシャンと踊っている。
皆が楽しそうに踊る姿を見ていると、
私も一緒に踊りたくてうずうず。
(霊が降りてきても困るけど)
知り合いが「まるでピーのパーティーだね」と言っていたが、
本当にピーの世界が毎日こんなんだったら面白そうだ。

その世界を知りたい人はこちらの動画をどうぞ。

[広告 ] VPS



*モン族(Mon):山岳民族のモン族(Hmong)ではない。



  1. 2012/04/10(火) |
  2.   *特別な行事
  3. | comment:2

ラーンナーの結婚式

Filed under   *特別な行事

2011 01 22 Sat

Lanna wedding ceremony
ちょっと前に知り合いの子の結婚式へ行ってきた。
知り合いといっても、
同じアパートに住んでいるというだけでこれまでに話したこともなかった。
たまたま友達と彼女が立ち話をしていた時に、
友達「私、仕事も忙しいし、一緒に行く人がいないから止めておくかも」
彼女「マリさんを誘ったらいいですよ」
私「じゃあ、行くね。いつ?」
彼女「来週です」
と突然決まった。
友達を通してお互いの存在は知っていたけど、
話すのはその時が初めて。
でも、タイの結婚式は意外と自由で、
招待されていない友達を連れていっても気にしないことが多い。
(席が決まっている食事スタイルの時はダメ)
私も何回か誘われて行ったことがあるけど、
式場で初めて新郎新婦に会うということも何度かあった。

giving presents and money to the bride's parents
今回は伝統的なランナー様式の結婚式。
でも、カップルはチェンマイ人ではないので、
家ではなく、北部料理のレストランで行った。
場所は「たっぷり」でも紹介している「フアン・カージャオ」(pg128)。
ここは時々、結婚式の会場になっていて、
私が行った日は3組の結婚式があった。

まずは結納金をお嫁さんの両親にさし出す。
金のネックレスに札束!!!
まあ、形だけということが多いけど、
男性のほうが金持ちだとやっぱりちゃんと贈る。

thank their parents
お互いの両親を前に合掌し、床に頭をつけてお礼をいう。
「今まで育ててくれて、見守ってくれてありがとう」
と。

mat-moomat moo
家族、親せき、友達が順々にカップルの腕に白い聖糸を巻いていく。
「2人で末永く幸せにね」
なんて声をかけながら。

sweets w/ good meanings
縁起の良いお菓子も9種類用意される。
「9」の発音が「昇進する、前に進む」の発音と似ているため、
タイのラッキーナンバーでもあり、行事には何かと「9」が使われるのだ。
用意されるお菓子も、
金色のお菓子の鶏卵素麺やトーン・イップ、カノムチャン、カオトム・マットなど
どれも縁起がいいものばかり。
いつまでもぴったりと寄り添っていられますように、
人生上向きでありますように、
なんて意味がある。

giving sweets to his wife
「はい、あ?ん」
なんてお互いに食べさせあう。
9種類食べ終わる頃は、2人の仲も口の中もめちゃくちゃあま?い。
男性にはおまけでニンニクがつく。
子孫繁栄につながるというわけだ。
彼女は2人子どもが欲しいから2個食べさせてあげていた。

what a feast!
最後は自由に席について食事。
魚、鶏肉、豚肉、魚、ミャンマー風カレー、ジャックフルーツの和え物、
トムヤムスープ、野菜ディップ、果物のご馳走。

末永くお幸せに!



  1. 2011/01/22(土) |
  2.   *特別な行事
  3. | comment:2

守護柱をお参りするインタキーン祭

Filed under   *特別な行事

2010 05 12 Wed

花台にお花を供える
チェンマイの守護柱(インタキーン)があるワット・チェディールアンで
インタキーン祭が7日間にわたってある。
チェンマイの安泰を祈って毎年この時期に地元の人々が参拝に来る。
境内には花台がずらりと並び、
人々は持ってきたお花やお線香を少しずつのせていく。
この期間ばかりはお堂が開けられ、
中の守護柱を見ることができる。(女性は立ち入り禁止)

聖水を雨乞いの仏像にかける
雨季に稲作や農作物などに必要な雨を乞うお祈りも行われる。
プラジャーオ・セーンフォンハーという雨乞いの仏像が安置され、
人々が聖水をかける。
この時期は必ず雨が降るというが、
ほら、インタキーン祭が始まった10日から
外では雨雲がモクモク出て、
雷が遠くでゴロゴロ鳴り、
雨もパラパラだけど降っているでしょ。
ね、信じる心は偉大なのだ。

(インタキーン祭は16日まで)



  1. 2010/05/12(水) |
  2.   *特別な行事
  3. | comment:0

一夜明け……

Filed under   *特別な行事

2010 01 19 Tue

一夜明け…
一夜明けたワット・チェディールアンはこの通り。
(パヤー)ノック・ハッサディリンは燃え尽き、
何やら下を向いて歩く人があちこちにいる。

布?釘
何やら燃えた布や紐を探している。
縁起ものだそう。

配る
お神輿に使った煤だらけの釘や炭なども配る。
皆ありがたく頂いていた。

ご住職の遺骨
こちらはご住職の遺骨。
本堂に安置された。

いろいろ
私も頂いた。
火葬した後に残った聖糸、釘、炭もろもろ(遺灰も?!)、
もう何が入っているかわからない。
私が持っているよりタイ人のほうが嬉しいと思ったので
一部残して後は友達にあげた。



  1. 2010/01/19(火) |
  2.   *特別な行事
  3. | comment:2

パヤーノック・ハッサディリンのお葬式

Filed under   *特別な行事

2010 01 18 Mon

穴掘り
数週間前からワット・チェディールアンでは大勢の人が忙しそうに働いていた。
穴を掘る人、トンカントンカンと工事をする人。


色紙をはりつける
色紙を細かく切っては台紙に貼り付ける人など、
皆が一生懸命手を動かしている。

ご住職
実はこれ、お葬式の準備をしているのだ。
2008年7月11日にチェディールアン寺のご住職(90)が亡くなられたが、
そのお葬式を今年1月18日にすることになったのだ。
ご住職は15歳にこのお寺で出家されている。
普通はお葬式はお寺、火葬は別の場所と決まっているけど、
偉い人やご住職が亡くなった時だけはお寺で火葬をする。

スケッチ
火葬に使うお神輿は「(パヤー)ノック・ハッサディリン」という動物。
ヒマラヤ山脈麓のヒマパーンという森に住んでいる伝説の生き物だ。
体は鳥、顔が象で、牙、鼻、羽があり、象5頭よりもパワーがあると信じられている。
こういうお神輿をもとももと作ってお葬式に用いていたのは、
ラーンナー地方とイサーンだとか。

準備中
数週間前はまだまだ工事現場。
ネットがかけられたところで(パヤー)ノック・ハッサディリンが作られていて、
そこが火葬場となる。

パヤーノック・ハッサディリン
これが出来上がったもの。
ちょっと暗いけど、わかりますか?
ちゃんと鼻がくるんと持ちあがるし、羽もパタパタ動き、
まぶたも開閉できる精巧さ。
4本の竹の柱を立て、
上には生前ご住職が身に着けていた袈裟をつけて天井にする。

パヤーノック・ハッサディリン
儀式の後は大勢の人の前で点火。
ぼ?。

炎
燃える、燃える。
あまり近付くと、
熱くて熱くて顔に焚き火をまともに受けているよう。
煙が立ち上がり、火の粉が舞っていく。

火事現場?
消防隊員も待機して、まるで火事現場。
火が強くなりすぎないように、時々水を放射している。

火事だ!
本堂に火の粉が燃え移らないようにジャー。
緊迫しているようだけど、
「皆さん、自己責任で近付いてくださいね。
もう救急車は帰ってしまったので知りませんよぉ。ハハ」
「(パヤー)ノック・ハッサディリンがあまりに美しいので欲しいと言った人がいますが、
燃え尽きた今なら持って帰ってもいいですよぉ。ハハ」
なんて冗談をとばしている。

ワット・チェディールアン
あとはこのまま一晩燃やし、明日の朝に遺骨を集める儀式がある。
ご冥福をお祈りいたします。



  1. 2010/01/18(月) |
  2.   *特別な行事
  3. | comment:0

ターン・カオジー&カオラーム祭 ?

Filed under   *特別な行事

2009 01 10 Sat

お供え用のカオラーム
昨晩焼いたカオラームは殻を割って、適当な長さに切る。
これをお花や蒸したもち米、料理、お菓子などと一緒にお供えする。

住職にお供え
6時過ぎ、日が昇る前にお寺へ行ったらまだ住職は寝ていた。
zzz…
皆でしばらく待っていたら、出て来られ、お供えを受け取り、
皆の幸福と健康を祈っていた。

お米を供える
保存用のもち米とまだ脱穀していない米も供える。

お寺での儀式
本堂の仏像には、蒸したもち米やお惣菜、お菓子を供え、
皆で読経を行った。
今年も豊作でありますように……
と言っているのだろうか。

カオラームを剥いて食べる焼いたカオラーム
その後、家に戻って私達もカオラームを試食。
このように手でびよ?んと剥くと、中には薄皮に包まれたもち米が出てくる。
このまま食べられるので、手がベタベタしなくて便利。
新米なのでモチモチ、みずみずしく、おこげのところが特においしい!
自然の恵みと作り手に感謝。



  1. 2009/01/10(土) |
  2.   *特別な行事
  3. | comment:4

古い方のページへ

最新記事

カテゴリー

月別の過去記事