チェンマイ食いだおれタイ

チェンマイ在住者の生活日記ブログ


こんな店あんな店最新記事


北部料理・お菓子最新記事







ワンテーマ指さし会話 タイ×屋台めし (とっておきの出会い方シリーズ)

おうちでタイの屋台ごはん

タイの屋台図鑑

たっぷりチェンマイ!―タイの古都をまるごと楽しむ町歩きガイド
出版後の変更事項や訂正など最新「たっぷりチェンマイ!」の地図(pdf)

「全然辛くなく」の意味

Filed under   *その他の食べ物

2004 03 25 Thu

夕飯はまた春雨サラダ。今日で3日目だ。
とにかく暑いので、さっぱりしたものが食べたい。
1日目「あまり辛くしないで」
と注文したのに、春雨のあちこちからパクチーと一緒に唐辛子が顔を出していた。
暑いのが倍増するかのように、ヒーヒー言いながら食べた。

2日目「全然辛くなく」
と注文。
唐辛子は見えないが、なぜか舌がピリピリする。
友達に変だ、と言うと
「『全然』というのは、『入れない』のと違う」
と言う。唐辛子を抜きにして欲しければ、「入れないで」と言わないと、唐辛子が入ってくると。

そんなまさか。
「辛くしないで」というのは、人によって感じ方が違うから分かるけど、「全然」と言っているんだから「全然=〇ゼロ」でしょう。私がいくら言っても、「それは違う」と友達2人が言い張る。

確かめるために、今日も春雨サラダを注文。
もちろん、「全然辛くなく」と言う。
するとやはり、なぜか唐辛子があちこちから顔を出している。
なんで??? やっぱり友達の言うように、「入れない」のとは違うのか。
作る人にとって、「全然辛くない」量で唐辛子を入れるということか。
なんか腑に落ちないけど、これくらいの辛さがちょうどいいから、これからはこれで注文しようっと。



  1. 2004/03/25(木) |
  2.   *その他の食べ物
  3. | trackback:0
  4. | comment:0


コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバックURLはこちら↓↓
http://thaifood.blog120.fc2.com/tb.php/1008-4c9fc840
スパムが多いので受信したラックバックは確認・承認後に反映されます。関連のない記事のTBはもちろん、本文中に言及リンクの無いTBも受け付けられません。
トラックバックとは
「あなたの記事を参照した記事を書いたのでリンクしましたよ」というお知らせ機能です。

最新記事

カテゴリー

月別の過去記事