チェンマイ食いだおれタイ

チェンマイ在住者の生活日記ブログ


こんな店あんな店最新記事


北部料理・お菓子最新記事







ワンテーマ指さし会話 タイ×屋台めし (とっておきの出会い方シリーズ)

おうちでタイの屋台ごはん

タイの屋台図鑑

たっぷりチェンマイ!―タイの古都をまるごと楽しむ町歩きガイド
出版後の変更事項や訂正など最新「たっぷりチェンマイ!」の地図(pdf)

マッサージ

Filed under チェンマイの暮らし

2006 07 21 Fri

 ここのところコンピューターの使いすぎで、腕がカチンコチンなうえ肩がパンパンだ。ストレッチしても、逆立ちしても肩がコンクリートで固められたようで重い。針やお灸、ハーブボールで奥深い芯の部分をほぐしたい気分だけど、私の行きつけのマッサージ屋は全部旧市街にあり、行くのが億劫だ(バイクで10分たらずだけど)。
 そう思っていたら、すぐ近くにあった。バイクで1分のところで、大学病院の神経科がしている。ここに来る人は治療に来る人ばかりだ。タイ人は全ての診察に対して「30B(約100円)治療」ができるようになっているが、ここも例外ではない。普通に払うと、1時間120Bする。
 ここはあくまでも治療が目的なので、患者さんは私の両親かそれ以上の人ばかり。いつもいっぱいなので、予約をしないといけない。
 入院患者が着るような服に着替えさせられ、男女20人ぐらいが寝られる大部屋でマッサージを受ける。しばらくすると、マスクをしたマッサージ師がやって来て、それぞれのリクエストに応えてマッサージをしてくれる。私は、フット&ボディー&ハーブボールの3種類の2時間お願いした(300B)。
 まずは足。クリームをつけて大きな動きでマッサージをする。その後、タオルで拭いてくれるが、何百回と洗っているからか、表面がパリパリしていて、足に紙やすりをかけているように痛い。
 ボディーは、ガシガシと大雑把に強くマッサージをしていくので、はずれかな?と思ったけど、肩甲骨や肩の周りなど、私が押してもらいたいと思っていたところを悟ってくれて、グリグリ押してくれたのがとても気持ちよかった。「こんなに凝っているよ」とほぐれるまでもんでくれ、最後に温かいハーブボールを体中に押し付けてくれた。
 終わった後は、体が軽くなり、すごいおなかが空いてきた。
 マッサージを30Bで受けられるタイ人が羨ましい。



  1. 2006/07/21(金) |
  2. チェンマイの暮らし
  3. | trackback:0
  4. | comment:0


コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバックURLはこちら↓↓
http://thaifood.blog120.fc2.com/tb.php/107-8d5994b0
スパムが多いので受信したラックバックは確認・承認後に反映されます。関連のない記事のTBはもちろん、本文中に言及リンクの無いTBも受け付けられません。
トラックバックとは
「あなたの記事を参照した記事を書いたのでリンクしましたよ」というお知らせ機能です。

最新記事

カテゴリー

月別の過去記事