チェンマイ食いだおれタイ

チェンマイ在住者の生活日記ブログ


こんな店あんな店最新記事


北部料理・お菓子最新記事







ワンテーマ指さし会話 タイ×屋台めし (とっておきの出会い方シリーズ)

おうちでタイの屋台ごはん

タイの屋台図鑑

たっぷりチェンマイ!―タイの古都をまるごと楽しむ町歩きガイド
出版後の変更事項や訂正など最新「たっぷりチェンマイ!」の地図(pdf)

カプセル入りでも苦いファータライジョーン

Filed under ハーブ

2004 08 31 Tue

ファータライジョーン少し体熱がある気がする。
「風邪だからそこのファータライジョーンを噛みなさい」
とお母さんは花壇を指して言う。
風邪にファータライジョーン、なんかそんなうたい文句があった気がする。
良薬口に苦しではないけど、この葉はめちゃくちゃ苦い。
1度噛んだことがあるけど、最初は若葉の青臭い味がして、
「なんだ、甘いじゃん」なんて思うけど、すぐにどひゃ?と苦さが舌に広がる。
木の幹を剥がして、焦げるまで焼き、それを石うすでついて飲んだら
こんな味がするんだろうな……という苦さ。
「噛んだら苦くて苦くて、喉に舌にじわじわくる。
白湯をその後飲んでも、いつまでもいつまでも喉に残っているぐらい苦い。だけど、効く」
とお母さんも言う。
それならばと、既製品の薬(漢方?)を買ってみた。
透明のカプセルに入っていて、
モスグリーン色の粉がぎっしりと入っているのが透けて見える。
なるほど、これなら苦くない。
しかし、しかしだ。私は錠剤もカプセルも飲めない。
粉薬しか飲めなく、努力しても結局は口の中で溶けるか砕くかして喉を通している。
だからカプセルなんて問題外。
試しに、口の中に放り込み、飲む努力をしてみた。
ゴクン、ゴクンと何度も飲み込んでも、喉を通るのは水のみ。
そのうちにカプセルが溶け出し、ふにゃふにゃしてくるのが分かる。
早く飲まなきゃ、飲まなきゃと思っているうちに、カプセルが破け、
粉がわーっと口中に広がる。
に、にが?い! 
震えるほど苦い。
一気に飲み込んだけど、3錠飲み終わる頃には、冷や汗かいて、お腹はたぽたぽだー。



  1. 2004/08/31(火) |
  2. ハーブ
  3. | trackback:0
  4. | comment:0


コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバックURLはこちら↓↓
http://thaifood.blog120.fc2.com/tb.php/1093-3ec2e24f
スパムが多いので受信したラックバックは確認・承認後に反映されます。関連のない記事のTBはもちろん、本文中に言及リンクの無いTBも受け付けられません。
トラックバックとは
「あなたの記事を参照した記事を書いたのでリンクしましたよ」というお知らせ機能です。

最新記事

カテゴリー

月別の過去記事