チェンマイ食いだおれタイ

チェンマイ在住者の生活日記ブログ


こんな店あんな店最新記事


北部料理・お菓子最新記事







ワンテーマ指さし会話 タイ×屋台めし (とっておきの出会い方シリーズ)

おうちでタイの屋台ごはん

タイの屋台図鑑

たっぷりチェンマイ!―タイの古都をまるごと楽しむ町歩きガイド
出版後の変更事項や訂正など最新「たっぷりチェンマイ!」の地図(pdf)

スポンサーサイト

Filed under スポンサー広告

-- -- -- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告

闇の子供たち

Filed under チェンマイのニュース

2008 07 31 Thu

闇の子供たち

タイはコマーシャルやドラマ、ドキュメンタリー、映画、
ミュージックビデオなどの撮影場所として外国人に人気があるが、
その中でもこの上半期で一番多く撮影したのは日本だという。
その数75本。(ついでヨーロッパ、インド、韓国、香港)

撮影されたのは今年ではないが、
タイを舞台にした映画が8月2日から日本で公開される。
タイトルは「闇の子供たち」。
梁石日(ヤン・ソギル/幻冬舎文庫)の原作を
阪本順治監督が映画化したものだ。

テーマは臓器売買と幼児売春。
原作は映画より数十倍も目を背けたくなる内容だが、
よくこれだけの難しいテーマを映画化したと思う。
それもタイで。
「フィクション」だけど
現実は「ノン・フィクション」であるだろうということが恐ろしい。

舞台はチェンライとバンコク。
貧しい地方から売られてきた10歳前後の少年・少女が監禁され、
毎日毎日、ペドファイル(幼児性愛者)の相手を強いられる。
客は欧米人や日本人だ。
逆らうとタバコの火を押し付けられたり、ムチで叩かれたりし、
HIVに感染すると、生きたままゴミ袋に入れられ捨てられる。

そして、要望がくれば子どもたちは臓器売買の対象にもなる。
もし、子どもの心臓が必要だという患者がいれば、
「選ばれた子」は生贄のごとく生きたまま病院へ連れて行かれるのだ。

闇の世界では、大人の欲望・金と引き替えに
いとも簡単に子どもの人生と命が奪われていく。
どうしてこの子たちはこんな目に遭わなくてはいけないのだろうか。
いったい何のために生まれてきたのだろうか。
いつまでもいつまでも答えが見つからないままでいる。

キャスト:江口洋介、宮埼あおい、妻夫木聡、佐藤浩市、
プラパドン・スワンバーン、プライマー・ラッチャタ 他
主題歌:桑田佳祐
詳しくは「闇の子供たち」オフィシャルサイト



  1. 2008/07/31(木) |
  2. チェンマイのニュース
  3. | trackback:0
  4. | comment:11


コメント

おもしろそうですね。田舎の映画館では上映されないのが残念・・。
  1. 2008/08/01(金) 14:44 |
  2. URL |
  3. ぽ #TY.N/4k.
  4. [ 編集]

ぜひぜひぽに見てもらって感想を聞きたいです。
そのうちビデオが出ると思うけど、まずは本を読んでみて!
(ーってそんな時間ないか。)
  1. 2008/08/01(金) 16:17 |
  2. URL |
  3. mari #-
  4. [ 編集]

今度、本読んでみます。
そんなひどい事があってるんですね・・・。
  1. 2008/08/01(金) 19:56 |
  2. URL |
  3. まきこ #-
  4. [ 編集]

ぜひ読んでみてくださいね。
  1. 2008/08/01(金) 21:15 |
  2. URL |
  3. mari #-
  4. [ 編集]

まあ、この類のストーリーはどんな方向に持っていくかだいたい想像できそうですが(違っていたらごめんなさい)、私など意見を述べられる立場ではないと思うので、自粛しますわ。以前献血を否定された時に「腎臓ならいいですよね?」と面白半分(+八つ当たり)で聞いたことがあるし、意見なんか述べるとかなりヤバい毒舌だと思う^^;。また、これ以上タイ国に絶望感を持ちたくないので、観るのも読むのも少し戸惑っているのが本音です(でも映画は観ます!DVDが出たら)。
  1. 2008/08/01(金) 23:18 |
  2. URL |
  3. ぽ #TY.N/4k.
  4. [ 編集]

その毒舌を聞きたいんだよねー。
私も日本で献血を嫌がられたことがあるよ。
イギリス(狂牛病)とタイに住んでいたというと、困った顔をして
「本当はお断りしているんですよね」と何度も言われた。
いらないならいらないとハッキリ言ってくれていいんだけどね。
結局、採血したけど、それっきり2度と日本では献血していない。
タイでもしたけど、採血の量が多くて数日は力が抜けちゃって、
こちらもそれっきりしていない…。
  1. 2008/08/01(金) 23:45 |
  2. URL |
  3. mari #-
  4. [ 編集]

昨日新聞で「闇の子供たち」と言う本のある事も、映画化されて8月2日公開される事も、初めて知りました。映画評を読んで、些かなりともタイについての認識を持つ者として、正直どの様な姿勢(精神状態)で、鑑賞したら良いのか途惑っています。娯楽映画と違って「この種映画」は、観客の受け止め方が様々なので、自分自身は「心して」観たいと考えています。
  1. 2008/08/02(土) 09:36 |
  2. URL |
  3. クン・ポー #-
  4. [ 編集]

この映画、観てみたいです。
タイでも上映されるでしょうか?
  1. 2008/08/02(土) 13:19 |
  2. URL |
  3. せつこ #2o/d312M
  4. [ 編集]

クン・ポーさん、こんにちは。
タイが好きなだけに、とても複雑な気持ちになりました。
日本の人たちがどう反応するか知りたいです。

せっちゃん、どうだろうね。
たぶん映画館ではしないと思うけど、そのうちDVDが回ってくるかもね。
そしたら持って行くね!
  1. 2008/08/02(土) 16:27 |
  2. URL |
  3. mari #-
  4. [ 編集]

数年前ですが幼児売春については東欧圏、臓器売買についてはブラジルで取材された海外の放送局が作ったドキュメンタリーを見たことがあります
日本のテレビ局が製作するよりかなりショッキングな内容でした
タイに限ったことではないのでタイの印象が変わるということはないですね
  1. 2008/08/02(土) 21:49 |
  2. URL |
  3. ペコ #XK6mJgv.
  4. [ 編集]

幼児売春というと、男性しか頭になかったのですが、女性客も多いと知り衝撃的でした。
それも少年にホルモン注射を打って興奮させ、下手するとショック死させてしまうこともあると。
なんとなく幼児売春や臓器売買について聞いてはいましたが、本を読んでもっと現状を知りたくなりました。
  1. 2008/08/02(土) 22:20 |
  2. URL |
  3. mari #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバックURLはこちら↓↓
http://thaifood.blog120.fc2.com/tb.php/1109-49e77461
スパムが多いので受信したラックバックは確認・承認後に反映されます。関連のない記事のTBはもちろん、本文中に言及リンクの無いTBも受け付けられません。
トラックバックとは
「あなたの記事を参照した記事を書いたのでリンクしましたよ」というお知らせ機能です。

最新記事

カテゴリー

月別の過去記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。