チェンマイ食いだおれタイ

チェンマイ在住者の生活日記ブログ


こんな店あんな店最新記事


北部料理・お菓子最新記事







ワンテーマ指さし会話 タイ×屋台めし (とっておきの出会い方シリーズ)

おうちでタイの屋台ごはん

タイの屋台図鑑

たっぷりチェンマイ!―タイの古都をまるごと楽しむ町歩きガイド
出版後の変更事項や訂正など最新「たっぷりチェンマイ!」の地図(pdf)

ドリアンの屋台

Filed under   *マレーシア

2008 08 12 Tue

ドリアンの屋台
この間の日記で、ドリアンをその場でパクパク食べていた団体さんについて書いたけど、
そのなぞが解けた。
それも旅行で行ったボルネオ島のコタキナバル(KK)で。
「KKへ行ったら、森のドリアンを食べな。オレンジ色をしていて、
コーヒーのようにほんのり苦味があって最高だよ!」
と地元の友達から聞いたことがあり、そのドリアンを探していた時だ。
彼はクアラルンプール在住なので、
もう1人KKに住むマレー・チャイニーズの友達に案内をお願いした。
彼女も「タイのフルーツは最高だけど、ドリアンだけはKKのほうがおいしい。
特にオレンジ色のドリアンはたまらないよ!」と絶賛し、一緒に探してくれた。


ドリアンの屋台
KKもタイと同じで、トラックにドリアンを山積みにして売っているが、
大きさは大小様々で、1キロしない手の平サイズのものもある。
好きなのを選ぶと、その場で割って味見をさせてくれる。
もし甘くなかったら、違うのと変えてくれるそうだ。
いくつか割って味見をするが、硬かったり味が薄かったり。
残念ながらどれもオレンジ色の実でなかったけど、
4つ目ぐらいで甘いのにあたったので、それをもらうことにした。
持って帰るのかと思いきや、
友達と旦那さんがその場で立ってむしゃむしゃ食べ始めた。
旦那さんはドリアンが大好きで、一人で丸ごと1個食べてしまうそうだ。
姉と私もむしゃむしゃ。
味見だけと思っていたら、丸ごと平らげてしまった。

ドリアンを食べる人々
場所によっては、テーブルとイス、手を洗う水、
ティッシュが用意されていて、そこで家族が座って
ドリアンを丸ごと1個、2個と割って食べている。
一人で来た人は、ラップに包まれたドリアンを黙々と口に運んでいた。
なるほど、マレーシアではドリアンは外で食べるものなのだ。
クアラルンプールからチェンマイまで直行便が出ていてるから、
あの屋台で食べていたのもきっとマレー・チャイニーズだったに違いない(勝手な結論)。



  1. 2008/08/12(火) |
  2.   *マレーシア
  3. | trackback:0
  4. | comment:0


コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバックURLはこちら↓↓
http://thaifood.blog120.fc2.com/tb.php/1115-9d40ca89
スパムが多いので受信したラックバックは確認・承認後に反映されます。関連のない記事のTBはもちろん、本文中に言及リンクの無いTBも受け付けられません。
トラックバックとは
「あなたの記事を参照した記事を書いたのでリンクしましたよ」というお知らせ機能です。

最新記事

カテゴリー

月別の過去記事