チェンマイ食いだおれタイ

チェンマイ在住者の生活日記ブログ


こんな店あんな店最新記事


北部料理・お菓子最新記事







ワンテーマ指さし会話 タイ×屋台めし (とっておきの出会い方シリーズ)

おうちでタイの屋台ごはん

タイの屋台図鑑

たっぷりチェンマイ!―タイの古都をまるごと楽しむ町歩きガイド
出版後の変更事項や訂正など最新「たっぷりチェンマイ!」の地図(pdf)

ビエンチャンのロイクラトーン

Filed under   *ラオス

2008 10 14 Tue

メコン川に灯篭を流す子どもたち
またラオスへタイの観光ビザを取りに行ってきた。
毎回行く度に何かしらの行事にぶつかることが多く、今回はオークパンサーの日だった。
ラオスではオークパンサー=ローイクラトンの日だそうで、
道端には灯篭を売る屋台がいっぱいでていた。
そしてローイクラトン=お祭りでもあり、川沿い一帯は簡易遊園地や屋台が立ち並び、
舞台ではコンサートが開催され、若者の熱気で包まれている。
ビエンチャン中の人が集まっているのではないだろうかという人出だ。
人疲れで帰りたくなったけど、大きな流れにまかせてメコン川へ行くと、
灯篭を持って願いを込めている人たちがたくさんいた。
幻想的なものを見たかったけど、どこか機械的。
土手がぬかるんでいて自分たちでは流せないので、
「灯篭流し屋」の少年たちが横で待っていて、
祈りが終わるとすぐそれを受け取り、ずぶずぶと川に入って流していく。
良いアルバイトという感じだ。


ロウソクに火を灯す
川沿いの賑わいに疲れを感じ、宿に向かって歩いていると、
お寺から「ナモタサーパカワトーアラハトー」とお経が聞こえてきた。
お祭りが騒音に聞こえるようになった自分にとって、
僧たちが唱えるお経が耳にとても心地良い。
声のするほうへ行くとちょうど本堂を3度回るウィアンティアンをしていた。
しばらくそのお経を楽しみ、皆の後をついていく。
最後に、それぞれが持っていたロウソクを船の形をした台に立てて祈った。
無数のオレンジ色の炎が風でゆらゆら揺れているのを見ていたら、
不思議と心が静まっていった。



  1. 2008/10/14(火) |
  2.   *ラオス
  3. | trackback:0
  4. | comment:2


コメント

麻里さん チョットお尋ねします。
 チェンマイ滞在もそろそろ10年になると思います。この間「観光ビザ」の更新々で、滞在可能でしたのでしょうか?また6ヶ月間通算90日滞在条件の現実は、どう運用されているのでしょうか?
  1. 2008/10/21(火) 08:46 |
  2. URL |
  3. クン・ポー #-
  4. [ 編集]

クン・ポーさん、90日滞在はちゃんと適用されています。例えば、日本からタイに来て30日間滞在し、メーサイへ行きまた30日いて、またまたメーサイへ行き30日いると、半年の間に90日いるので、もうタイに入国できません。
その場合、近隣諸国のタイ大使館へ行き、観光ビザを申請します。私の場合はラオスへ行ってダブルを取ってきています。
話によると、スワナプームなど空路で来た場合、何カ月滞在したかイミグレの係官がいちいち数えるのに時間がかかり混雑の原因になるので、30日間くれるようです(ケースバイケースでしょうが)。
本当にビザのことでいつもハラハラしますが、タイにいさせてくれるだけ感謝です。
  1. 2008/10/21(火) 10:10 |
  2. URL |
  3. mari #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバックURLはこちら↓↓
http://thaifood.blog120.fc2.com/tb.php/1143-524014f2
スパムが多いので受信したラックバックは確認・承認後に反映されます。関連のない記事のTBはもちろん、本文中に言及リンクの無いTBも受け付けられません。
トラックバックとは
「あなたの記事を参照した記事を書いたのでリンクしましたよ」というお知らせ機能です。

最新記事

カテゴリー

月別の過去記事