チェンマイ食いだおれタイ

チェンマイ在住者の生活日記ブログ


こんな店あんな店最新記事


北部料理・お菓子最新記事







ワンテーマ指さし会話 タイ×屋台めし (とっておきの出会い方シリーズ)

おうちでタイの屋台ごはん

タイの屋台図鑑

たっぷりチェンマイ!―タイの古都をまるごと楽しむ町歩きガイド
出版後の変更事項や訂正など最新「たっぷりチェンマイ!」の地図(pdf)

灯篭作りの名人

Filed under   *ローイクラトン

2008 11 13 Thu

灯篭コンテスト
今年のローイクラトンは、「タイの屋台図鑑」と「たっぷりチェンマイ!」を
デザインしてくれた史ちゃんが遊びに来た。
かれこれ9年ぶりのチェンマイだ。
変わりゆくチェンマイ、あの頃よりずっと住み慣れたチェンマイ、
ローイクラトンに染まるチェンマイを案内していて、
「せっかくだから自分たちでも灯篭を作ろう!」ということになった。
でも、どんな物にしていいか思い浮かばないので、参考にしようと
ちょうど開催されていたクラトン(灯篭)大会を見に行くことにした。


小学生
でも、皆の技を見て、
「わ、これはレベルが全然違うわ」
と1秒で諦めた。
なにしろ、小学、中学、高校、一般の部と分かれて、
1チーム3人、所要時間7時間で最高のものを作って、競っているのだ。
きっと学校の中でも特に手先が器用で独創的な子が選ばれたのだろう。
ランやバラの花びら、バナナの葉などを自由自在にアレンジしていく。


一般の部バナナの葉
これらが賞をとった作品。
バナナの葉を巧みに使い分け、
薄緑色から徐々に濃い色の葉をグラデーションに並べていくなど、
どれも溜息がでるものばかり。


灯篭作り
結局、私たちにはどのテクニックも難しすぎて真似できないので、
商売用に灯篭を作っている屋台のおばちゃんに簡単な作り方を聞いて、
自分なりにアレンジしてみることにした。
ホッチキスや釘を使う人が多いので、
私たちはエコで、木くずで留めることにこだわってみた。


私たちの灯篭
これが完成品。
「たっぷり!」共著の古川夫妻と流しに行くことにしたので大小4つ。
花をたっぷり入れ、不器用さをごまかし、華やかさで勝負。
「沈まないかなあ」
と不安だったけど、お線香を立てて水面に浮かべると、
無事流れていき、ホッ。
来年はワンランクアップの灯篭を作ろう。
史ちゃん、また来るかなあ。



  1. 2008/11/13(木) |
  2.   *ローイクラトン
  3. | trackback:0
  4. | comment:2


コメント

「チェンマイ 食いだおれタイ」を久しぶりに拝見し、ブログをなさっているのを知り、遊びにきちゃいました。「たっぷりチェンマイ」同様、たっぷり情報がつまった、ステキなブログ!ですね~。さすがMARIさん!また、遊びにきます~。これからの記事も、楽しみにしています!
  1. 2008/11/16(日) 09:52 |
  2. URL |
  3. Balleta_la_reie #n37UizwA
  4. [ 編集]

お久しぶりです!
Balleta_la_reieさんの写真を見るのが大好きだったので、またチェンマイに来られるのをきっかけにぜひぜひブログを再開してください!
  1. 2008/11/16(日) 10:05 |
  2. URL |
  3. mari #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバックURLはこちら↓↓
http://thaifood.blog120.fc2.com/tb.php/1153-9486e24b
スパムが多いので受信したラックバックは確認・承認後に反映されます。関連のない記事のTBはもちろん、本文中に言及リンクの無いTBも受け付けられません。
トラックバックとは
「あなたの記事を参照した記事を書いたのでリンクしましたよ」というお知らせ機能です。

最新記事

カテゴリー

月別の過去記事