チェンマイ食いだおれタイ

チェンマイ在住者の生活日記ブログ


こんな店あんな店最新記事


北部料理・お菓子最新記事







ワンテーマ指さし会話 タイ×屋台めし (とっておきの出会い方シリーズ)

おうちでタイの屋台ごはん

タイの屋台図鑑

たっぷりチェンマイ!―タイの古都をまるごと楽しむ町歩きガイド
出版後の変更事項や訂正など最新「たっぷりチェンマイ!」の地図(pdf)

なんちゃって葛餅(くずもち)

Filed under   *手料理

2008 11 25 Tue

葛粉
これは「ターオヤーイモム」という粉。
普通の小麦粉より見た目はざらっとしている。
タゴー・ヘーウカノム・チャンなど透明なお菓子を作る時に使われる。
厳密にいうと同じ植物なのかわからないけど、
「ターオヤーイモム」の英語と「葛粉」の英名が同じなので、
とりあえず葛餅を作ってみることにした。


よく混ぜる
といっても、私は1度も作ったことがないので初挑戦。
葛粉と水、砂糖を炊飯器に入れて、弱火で混ぜていく。
水に溶けてさらさらしていたのが、しばらくすると白くもったりしてくる。


透明になってくる
練れば練るほどおいしくなると読んだので、ぐるぐると回しながら練っていく。
どんどん透明になってくるが、あまりいい匂いはしない。


型に入れる
型に流し込んで、冷ます。
もったりしているので平らにならないし、
何しろ初めてなので「あるべき姿」もわからない。
とりあえず、冷ましている間に黒砂糖と水を煮詰めて黒みつを作る。


なんちゃって葛餅
ちょっと大きめに切り、黒みつをかけ、きな粉をたっぷりふりかける。
きな粉は自然食品で売っている大豆の粉だ。
あまり期待していなかったけど、
もちっ、ぷりんとした食感に黒みつときな粉が混ざっておいしい?!
「冷蔵庫に入れると白くなるのでやめましょう」と書いてあったけど、
冷やすとつるんとした食感に変わり、
ひんや?りして私はこっちのほうが好きだ。
タイ人にあげても好評だった。
葛粉1袋15B(約45円)、黒砂糖1袋15B、きな粉1袋30Bで
お手軽「なんちゃって葛餅」が何食もできるので、
チェンマイで和菓子が食べたくなったら作ってみては?



  1. 2008/11/25(火) |
  2.   *手料理
  3. | trackback:0
  4. | comment:4


コメント

チェンマイ空港

 首相が着陸で両派の激突なんていう観測が飛んでますが・・。チェンマイはいかがですか?
  1. 2008/11/26(水) 19:08 |
  2. URL |
  3. volvo #-
  4. [ 編集]

私の周りは特に変わりはないですが、テレビのニュースを見ていると、一部過激な人もいるようです。
先ほど、首相がテレビ演説して、辞任も下院解散もしないと言っています。
12月はチェンマイでASEANがあるし、今後どうなるのか心配です。
  1. 2008/11/26(水) 23:33 |
  2. URL |
  3. mari #-
  4. [ 編集]

タイで過ごす日本生活

初めてタイのお菓子作りをしたのは一体何時だったのか。その時の料理本を見てみると、『タイ家庭料理入門(はじめての一品から入門本格ディナーまで)』著 うめ子ヌアラナント、安武律 発行 農文協 1991年8月1日 第1印発行 定価1,700円 とある。多分、発行後直に入手したから15年以上前になるだろう。その当時は料理の本は元よりタイ語の辞書や会話本等は今のよう沢山あった訳ではなかった。その後2,3年で本屋に溢れんばかりに出版されるなんておもわなかった。「カボチャに入ったココナツプリン/サガヤ ファック トーン」を作ってみた。小振りのカボチャが見当たらず一寸大きめのものしか手に入らず、でも上手くできた思い出がある。もっとも作ったのはその時一度きりで貴方のブログに触発されて作ってみようと思っています。多分この週末に。タイにいるとタイ料理は外食の時は食べるが、専ら和食になってしまう。最近は、麺類が多く日本から持って来た饂飩蕎麦素麺冷麦等などだ。和菓子といえば亡母が豆類が大好きだったこともあり私も好きで餡子を作っている。タイの小豆は黒いのね。小豆色と言うのがあるが形容矛盾だ。ただ何時もちょっと硬めにできてしまい目下思案中だ。葛餅が此方でも材料が手に入るとお蔭様でわかったので早速作りたい。多謝深謝。
  1. 2008/11/27(木) 02:47 |
  2. URL |
  3. 面影 #MsUZJAPw
  4. [ 編集]

面影さん、葛餅、とても簡単なのでぜひ作ってみてください。
私はもう2回挑戦しました。
  1. 2008/11/27(木) 09:24 |
  2. URL |
  3. mari #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバックURLはこちら↓↓
http://thaifood.blog120.fc2.com/tb.php/1158-9534a228
スパムが多いので受信したラックバックは確認・承認後に反映されます。関連のない記事のTBはもちろん、本文中に言及リンクの無いTBも受け付けられません。
トラックバックとは
「あなたの記事を参照した記事を書いたのでリンクしましたよ」というお知らせ機能です。

最新記事

カテゴリー

月別の過去記事