チェンマイ食いだおれタイ

チェンマイ在住者の生活日記ブログ


こんな店あんな店最新記事


北部料理・お菓子最新記事







ワンテーマ指さし会話 タイ×屋台めし (とっておきの出会い方シリーズ)

おうちでタイの屋台ごはん

タイの屋台図鑑

たっぷりチェンマイ!―タイの古都をまるごと楽しむ町歩きガイド
出版後の変更事項や訂正など最新「たっぷりチェンマイ!」の地図(pdf)

夜空

Filed under チェンマイの天気

2008 12 01 Mon

笑う星
夜空を見上げると三日月と星。
よく見ると、


スマイル
なんと笑っている。
木星と金星と三日月。
空気が冷たいのでハッキリ見える。
今日のチェンマイの最低気温は11.5℃。
タイは常夏ではないのだ。



  1. 2008/12/01(月) |
  2. チェンマイの天気
  3. | trackback:0
  4. | comment:6


コメント

見事にスマイリーだね、かわいい!

木星と金星と月みたいだよ。
こっちは昼間は晴れてたけれど
夕方から雲が出ちゃって
見られなかった。。。




  1. 2008/12/01(月) 21:14 |
  2. URL |
  3. おはる #nEx7PFYA
  4. [ 編集]

はるえちゃん、ありがとう!
「金星」に直しておきました。
全然知らなくて、ただ空を見て「なんてかわいいんだろう!」と思わずニコッしてしまったけど、ニュースにもなることだったのね。
ずっと笑っているので眺めていて楽しかったです。
  1. 2008/12/01(月) 21:32 |
  2. URL |
  3. mari #-
  4. [ 編集]

冬の夜空

 チェンマイの冬の夜空ですね。始めてみました。11.5度なんていうチェンマイは考えられません。

 状況が落ち着いていれば2月の花祭りに行こうかなと思っていますが、2月頃もこれぐらいの寒さですか?
  1. 2008/12/02(火) 17:50 |
  2. URL |
  3. volvo #-
  4. [ 編集]

私も初めて見ましたが、世界各地で観察できたみたいですよ!
今日はすでに三日月が目(星)より上に来ていました。
2月はもう少し暖かくなっていると思いますが、去年のパレードの写真を見ると、見学者はジャケットを着ています。
ただ、市内はそこまで冷え込まないので大丈夫ですよ!
  1. 2008/12/02(火) 20:21 |
  2. URL |
  3. mari #-
  4. [ 編集]

チェンマイの冬は、以外に寒い!

麻里さん、サワディークラ!

反政府運動で何かと騒がしい「首都バンコク」と違って、チェンマイは静かで平和なんでしょう!?(とは言っても、ASEAN会議は延期になってしまった...)

「国王誕生日」には、タイ全土が花々で飾られるから、チェンマイも美しく飾られるのでしょうね?

チェンマイは、タイ北部の山の中だけあって、冬の朝の冷え込みは厳しいですね?
沖縄より南に位置するけど、那覇でさえ、寒い朝でも16℃台だから、南国のイメージとは程遠いです。

タイは、クリスマス頃から1月前半までがもっとも寒い時期だから、まだ冷え込むが続くと思います。
お身体に気をつけて!
コップン!

B.T.W.
以下の記事にあった「葛餅」は、タイでの正しい(?)食べ方は、「ココナツミルク」を混ぜたり、かけたりする「カノム・ソッサイ」が一般的なのでしょうか?
(このお菓子、味わったことがないので、質問自体が誤っているかも知れません...)
  1. 2008/12/03(水) 10:05 |
  2. URL |
  3. ススム #-
  4. [ 編集]

ススムさん、こんにちは。
沖縄の冬は風が強いため、体感温度をかなり低く感じた覚えがあります。
南国の冬というのは北国の冬よりなぜか寒く感じますね。
@とりあえず一件落着しましたが、まだまだ問題は山積みです。生活する分には危険は全く感じませんが、経済面で今後じわじわと影響が出てくると思います。
@お菓子はいろいろですが、タゴー・ヘーウやカノム・チャンなど透明なお菓子を作る時に使われます。カノム・ソッサイは上新粉と白玉粉です。
  1. 2008/12/03(水) 16:55 |
  2. URL |
  3. mari #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバックURLはこちら↓↓
http://thaifood.blog120.fc2.com/tb.php/1162-b0d450f2
スパムが多いので受信したラックバックは確認・承認後に反映されます。関連のない記事のTBはもちろん、本文中に言及リンクの無いTBも受け付けられません。
トラックバックとは
「あなたの記事を参照した記事を書いたのでリンクしましたよ」というお知らせ機能です。

最新記事

カテゴリー

月別の過去記事