チェンマイ食いだおれタイ

チェンマイ在住者の生活日記ブログ


こんな店あんな店最新記事


北部料理・お菓子最新記事







ワンテーマ指さし会話 タイ×屋台めし (とっておきの出会い方シリーズ)

おうちでタイの屋台ごはん

タイの屋台図鑑

たっぷりチェンマイ!―タイの古都をまるごと楽しむ町歩きガイド
出版後の変更事項や訂正など最新「たっぷりチェンマイ!」の地図(pdf)

絵本の読み聞かせ

Filed under チェンマイの人たち

2009 05 25 Mon

書店で座り読みする子どもたち
タイ人はあまり本を読まないと言われている。
6歳以上を対象に2003年に調査したら、
平均で1人1日たった7行しか読まないという結果がでたそうだ。
それではいけないと国が力を入れたので、
2006年には1日51分と延びた。
でも、2008年には39分とまた減少。
だけど週末、本屋へ行くと
地べたに座って読書をしている子が多い。
子どもを膝にのせて絵本を読み聞かせている母親もいる。
ある少年は寝ころんで図鑑を床に広げて見ていた。
子どもたちの本の扱い方についてはひとこと言いたいが、
一生懸命に読んでいる姿はいいなと思う。

モンゴルの少女たち
読む人は読むのである。
私の友達なんかは本が大好きで
会うといつも4、5冊かかえている。
でも、逆に読まない人はまったく読まない。
値段が高いというのもあるが、
読むのが好きでないのだろう。
私も小・中学生の時は読書感想文の本以外は
マンガしか読まなかった。
1日7行にもならない。
あとは環境もあると思う。
図書館がない地域もあるし、
子どもに絵本を読んでやる習慣がない人もいるだろう。

ちんとすあまとふしぎなくり
私の友達にいとうみわちゃんという人がいる。
ボランティアでチェンマイへ来ている時に知り合ったが、
今は帰国して、次のステップに突き進んでいる。
彼女の夢は、
絵本を手にしたことのない子どもたちへ絵本を届け、
世界の子どもたちに絵本を読んであげること。
ただ、1人では限界があるので、
少しずつ具体化して読み聞かせの輪を広げているところだ。
詳しくはみわちゃんのブログをどうぞ。
(絵本の寄付や翻訳の手伝いなどができる人も募集中。)
この活動が少しずつ広がれば、
絵本を読んでもらう温かさ、愛情、
本を読む楽しさ、想像する面白さが広がるのかもしれない。
*写真は彼女の書いた絵本「ちんとすあまとふしぎなくり」



  1. 2009/05/25(月) |
  2. チェンマイの人たち
  3. | comment:2


コメント

マリさんお久しぶりです。先日までダンナさんと
パソコンの取り合いでしたが、タイのほうが少し
落ち着いたようなので、やっと私もゆっくりパソコンが
できるようになりました。

息子は本が大好きで、2週間に20~30冊位本を
読んでいます。
タイの子供の本なら、私でも読んで上げられるかも・・・と、主人に子供の絵本をたのみましたが、
買ってきたのは、文字がたくさん並んでいる絵本でした。
タイは日本の3~5歳位の子に読み聞かせるような
簡単な絵本はないのでしょうか・・・・??

  1. 2009/05/31(日) 19:54 |
  2. URL |
  3. アサ #-
  4. [ 編集]

アサさん
本を2週間に20~30冊はすごいですね!
タイにも簡単な絵本、売っていますよ。
日本などの海外の絵本を翻訳したものも多いです。
息子さんはきっと絵本を読みながらいろいろな世界に飛んでいるんでしょうね!
  1. 2009/06/01(月) 14:25 |
  2. URL |
  3. mari #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

最新記事

カテゴリー

月別の過去記事