チェンマイ食いだおれタイ

チェンマイ在住者の生活日記ブログ


こんな店あんな店最新記事


北部料理・お菓子最新記事







ワンテーマ指さし会話 タイ×屋台めし (とっておきの出会い方シリーズ)

おうちでタイの屋台ごはん

タイの屋台図鑑

たっぷりチェンマイ!―タイの古都をまるごと楽しむ町歩きガイド
出版後の変更事項や訂正など最新「たっぷりチェンマイ!」の地図(pdf)

カブトムシの闘い

Filed under 生き物たち

2009 09 19 Sat

何しているの?
すごい人だかり。
それも男性ばかりで、ただならぬ熱気を感じる。
ちょと近寄りがたいが、
好奇心が勝って中を見せてもらう。

闘カブトムシ
おっ、カブトムシが闘っている!
穴が2つあって、そこにはメスがぎゅっと閉じ込められている。
苦しそう……。
でも、
「オスはメスの香りをかぐと『ん?、いい匂い。最高!』と喜ぶんだよ」
と近くのおじさんが教えてくれた。
そのフェロモン?!でオスが興奮し、メスを競って闘い始める。
そしてそれを見て人間の男が勝負をかけてさらに興奮するのだ。

こんな技も!
どちらかのカブトムシが逃げたら負けで、
何回かやって勝敗を決めるそうだけど、
こんな技も見せてくれる。
“いけっ?、そこだっ?、我が子よ、突っ込めっーーーーー!”
自分のカブトムシを闘わせている人の目の色が変わり、
がっちりした腕を振ってツバを飛ばしながら叫ぶ。
カメラをかまえると怖いものがなくなってしまう私でさえも、
ちょっと身を引いてしまう……。

サトウキビおじさん
勝負している人が途中でお金がなくなり、
ATMへ行ってくるというので勝負はしばらくお預け。
その間に少し広場を散歩。
カブトムシがたくさん木にぶら下げられている。
おじさんはカブトムシにやるサトウキビを器用に切り分けていく。

この道一筋
そしてこのおじいさんは、
カブトムシを威嚇するための棒を作っている人。
1年で900本作るそうだ。
材料は木か水牛の角。
1つずつヤスリで削っていく。
水牛のは弾力があり、指で曲げるとしなる。

水牛の角の棒
手で持つところの模様がそれぞれ違い、
かんざしにしてもきれいかも。
黒は黒い水牛の角、白は白っぽい水牛の角だ。

これから11月頃まで闘いは続くそうなので、
近所でしていないかカブトムシ屋台の人に聞いてみて。



  1. 2009/09/19(土) |
  2. 生き物たち
  3. | comment:2


コメント

Tomyum@帰国中 です。
昨日、「プール」見てきました。

いい映画でしたね。
チェンマイの空気が感じられました。

エンディングで麻里さんの名前が出てちょっとうれしかったね。
名前の横で流されていたスチールも良かった。

ところでビールを飲んだり、軽食をとっていたお店は何処だかご存じですか。
  1. 2009/09/23(水) 18:41 |
  2. URL |
  3. Tomyum #4JcWZNxE
  4. [ 編集]

のんびりした感じが伝わる映画ですね。
私はもう客観的には見られないですが(!)。
あの店は郊外の住宅地にある小さな商店で、
私も連れて行ってもらったのでもう1度行かれるかどうか…。
  1. 2009/09/23(水) 20:23 |
  2. URL |
  3. mari #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

最新記事

カテゴリー

月別の過去記事