チェンマイ食いだおれタイ

チェンマイ在住者の生活日記ブログ


こんな店あんな店最新記事


北部料理・お菓子最新記事







ワンテーマ指さし会話 タイ×屋台めし (とっておきの出会い方シリーズ)

おうちでタイの屋台ごはん

タイの屋台図鑑

たっぷりチェンマイ!―タイの古都をまるごと楽しむ町歩きガイド
出版後の変更事項や訂正など最新「たっぷりチェンマイ!」の地図(pdf)

クワンを探しに

Filed under 考え方・迷信など

2010 01 08 Fri

探し物
知り合いのおばあさんが魚の網を持ってバイクで出かけようとしたので、
「どこへ行くの?」
と聞いてみた。
いったいどこに何を捕まえに行くのだろうか。
あれは以前、田舎でおたまじゃくしや小魚を捕まえた網だ。
この時期に何がいるんだろう?
「ソッハー クワン(北部弁)」
おばあさんは言う。
どうやらクワンを探しに行くようだ。

ここで拾うものは? お供え物とお線香
捕まえるのはここ。
そう、道路だ。
何やら白い線が描かれている。
網の中にはお供え物とお線香が!
そう、クワンをここに落としたので拾いに来たのだ。
クワンとは「魂」のこと。
おばあさんの弟がつい最近、交通事故に遭って入院している。
車と接触して、飛ばされ、柱にぶつかった。
このチョークはその事故の跡。

お線香を供える
体には32の魂がいて、驚いたり、衝撃を受けたりしたら
魂が1つ、2つと体から抜けてしまうと信じられている。
特に交通事故などという大きなショックだと
魂がたくさん落っこちてしまった可能性が高いので、探して拾ってくるのだ。
まずは土地の精霊にお線香とお供えをして許可を得る。

魂を集める

そしてもにゃもにゃ唱えながら、
ぶつかった柱の周りに落ちている魂をお玉で網の中にかき集める。
「○○のクワンよ戻っておいで」

魂
これが集めたクワン。

魂を体に戻す
そしてそれを入院先の病院へ持っていき、
またもにゃもにゃ唱えて弟に渡し、聖糸を巻いて無地終了。
田舎でも違う儀式が行われたし、
これで全部クワンが体に戻っただろうか。
数日前にお見舞いへ行った時より数段顔色が良くなっているから、
これでもっと快復が早くなるといい。



  1. 2010/01/08(金) |
  2. 考え方・迷信など
  3. | comment:4


コメント

おめでとうございます

今年に入って、アップが頻繁になり、とても楽しく拝見しています。
今日の、クワンについては、興味深く読みました。
知り合いの女性の名前(呼び名)も、クワンといいます。そんな意味だったとは。そして、魂を拾いに行くなんて、とても素朴で温かいな・・・と。
あと3週間後は、私もタイに行きます。 チェンマイへは行きませんが、今年も(図鑑)持っていきます。
今年もよろしくお願いします。
  1. 2010/01/09(土) 07:40 |
  2. URL |
  3. りょうこ #-
  4. [ 編集]

りょうこさん、明けましておめでとうございます!
まだまだ見えない世界とこちらの世界が近い気がします。自然に近いせいでしょうか。きっと田舎に住むともっといろいろとあるんでしょうね。
タイの滞在、楽しんでください!
  1. 2010/01/09(土) 10:04 |
  2. URL |
  3. mari #-
  4. [ 編集]

クワン

クワンのお話、へえーと読ませてもらいました。
昔から伝わって来ている事や風習、大切にしたいです、私も。
  1. 2010/01/10(日) 21:33 |
  2. URL |
  3. マキコ #-
  4. [ 編集]

昔からのことって必ず理由があってのことだと思うんだよね。
私も大切にしたいです。
  1. 2010/01/10(日) 21:37 |
  2. URL |
  3. mari #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

最新記事

カテゴリー

月別の過去記事