チェンマイ食いだおれタイ

チェンマイ在住者の生活日記ブログ


こんな店あんな店最新記事


北部料理・お菓子最新記事







ワンテーマ指さし会話 タイ×屋台めし (とっておきの出会い方シリーズ)

おうちでタイの屋台ごはん

タイの屋台図鑑

たっぷりチェンマイ!―タイの古都をまるごと楽しむ町歩きガイド
出版後の変更事項や訂正など最新「たっぷりチェンマイ!」の地図(pdf)

宮廷料理を味わえる店が登場

Filed under チェンマイの店

2011 03 06 Sun

Swahili Style
チェンマイにはいろいろなレストラン・食堂があり、
予算と気分でいつでも満足のいくご飯を食べることができる。
そんな中、新しく私のリストに加わったのがこのお店。
"White Tembo"(ホワイト・テンボー)だ。
スワヒリ語で「象」という意味がある。
お店がチャーンプアック(白象)という地域にあるからこう名付けたという。
店内もスワヒリスタイル。
タイ料理にタイ様式の店だとありきたりすぎるので、
こうしたそうだ。
茅葺の屋根に籐のイス、土の壁と温かみのある店だ。

ウィスワットさんとチャラーナッダーさん夫婦
このお店を開いたのは、
なんとラーマ1・2世の子孫のウィスワットさんと
ラーマ4世の子孫のチャラーナッダーさん夫婦。
昔ながらのタイ料理が消えつつあり、
フュージョンにとって代わってきているので、
子どもの頃から食べていた伝統的なタイ料理の味を伝えたい、
そういう思いで1年前にオープンした。
子どもの頃から宮廷料理を食べていたなんて世界が違うけど、
2人ともとっても気さくでフレンドリー。

Yam Takrai Mu Grob (90B)
2人で自ら作る料理はすべて手間暇かけたもの。
素材も厳選し、化学調味料は使わない体に良いものばかりだ。
オススメは、レモングラスとカリカリ豚のサラダ、「ヤム・タクライ・ムーグローブ」。
普通「ムーグローブ」は脂身を使って作るが、
ここの豚肉は赤味のひき肉を小さく丸めて作っているのでさっぱりしている。

Khao Kluk Gapi (90B)
また、エビ味噌(ガピ)が有名なサムットソンクラーン県のガピで和えた
「カーオ・クルックガピ」は色彩が美しいだけでなく、味も抜群!
この地方のガピは臭みが全くないそうだ。
豚肉は塊を長時間煮込んであり、
周りの具を混ぜ混ぜして食べればほうっとため息が出る。

Kanom Jeen Nam Prik (120B)
タイ風素麺のカノムジーンもランチに最適。
2種類あるが、「カノムジーン・ナムプリック」は果物やピーナッツなど
様々な材料が溶け込んだ1品。
一般のものより甘さ控えめで奥深い味。
また、2日かけて煮込んで作る香り良いパネン・カレーは
肉がとろ?りと柔らかく絶品だ。

Scone & Home made jam
料理をあれこれ食べたいけど、
デザートのお腹も空けておこう。
昔ながらの製法で作っている濃厚なアイスクリームは、
ドリアンや釈迦頭など季節の果物をたっぷり使っている。
日によっては、シリアから取り寄せたバラエキスで作った上品な味も体験できる。
スコーン&手作りストロベリージャムと生クリームセットもオススメだ。
この他にも、お客さんに応えて
一般のタイ料理、「あんかけ麺」や「醤油焼きうどん」などもある。

「チェンマイのタイ料理はタイ料理でない」とよく中部出身の人が言う。
ココナッツミルクをたっぷり使う中部と違って北部はまったく使わないので
北部の人の舌に合った味付けになっているそうだ。
でも、ここのはれっきとしたタイ料理、それも手が込んだ宮廷料理なので
1度味わってみてはいかが?

店の情報はこちらをクリック。



  1. 2011/03/06(日) |
  2. チェンマイの店
  3. | comment:2


コメント

甘さ控えめ

このカノムチン、心惹かれます。
ピーナツ入りとあったので、あの甘ーいのかなと思ったら甘さ控えめなんですね。
味わってみたいです。
付け合わせも豪華版ですね。
右の緑色のはチャオムでしょうか。
  1. 2011/03/09(水) 08:16 |
  2. URL |
  3. 夏の大空 #dl2yYD66
  4. [ 編集]

いろいろな味が複雑にからみあっておいしかったですよ!
緑色のはチャオムです。
  1. 2011/03/09(水) 08:27 |
  2. URL |
  3. mari #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

最新記事

カテゴリー

月別の過去記事