チェンマイ食いだおれタイ

チェンマイ在住者の生活日記ブログ


こんな店あんな店最新記事


北部料理・お菓子最新記事







ワンテーマ指さし会話 タイ×屋台めし (とっておきの出会い方シリーズ)

おうちでタイの屋台ごはん

タイの屋台図鑑

たっぷりチェンマイ!―タイの古都をまるごと楽しむ町歩きガイド
出版後の変更事項や訂正など最新「たっぷりチェンマイ!」の地図(pdf)

小なまずはお寺へ

Filed under 考え方・迷信など

2003 01 29 Wed

大なまずはどこかへ消えてしまったけど、
小なまずは今日になってもバケツにいる。
まだ小さいし、食べる気もさらさらないので、逃がすことにした。

チェンマイ市を囲むお堀に流そうか、川に流そうかと思ったけど、
「なまず」と聞いて誰もが連想するのがウーモン寺。
このお寺の敷地内には大きな池があり、そこにうじゃうじゃとなまずがいるのだ。
ちょっとでもパンを投げると、ニョロニョロとひげを揺らしながら
大きな口を開けた巨大ななまずが池をうめつくす。
その姿を見るとショックでしばらくなまずを食べたくなるほどだ。

タイではよく厄払いのために、なまずや亀、すずめなどを屋台で買って、
池や空に放すことをする。
それらと一緒に厄を放ってしまおうというものだ。
だからなのか、池があるウーモン寺には亀やなまずがいっぱいいる。
そしてお寺の敷地内だから「釣り=殺生」が行われることはない。
だからなまずたちの成長はとどまることを知らず巨大になる一方なのだ。

その池に私もなまずを3匹持って行き、放した。
あの巨大なまずの大群に苛められないかと不安になりつつ、
途中で買った食パンを一緒にまいてきた。
このなまずたちも来年にはあの巨大なまずのように成長し、
口をパクパクしながら人からパンをもらっているのだろうか。
そうだとしたら時々見に行かないとな。

まあ、とにかくなまず母子4匹が手から離れてよかった、よかった。
アパートに帰り、友達になまずを放してきたというと
「いいことをしたね。徳を積んだね」って。
ますますタイ仏教が身近になってきた感じだ。



  1. 2003/01/29(水) |
  2. 考え方・迷信など
  3. | trackback:0
  4. | comment:0


コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバックURLはこちら↓↓
http://thaifood.blog120.fc2.com/tb.php/152-ab57be4b
スパムが多いので受信したラックバックは確認・承認後に反映されます。関連のない記事のTBはもちろん、本文中に言及リンクの無いTBも受け付けられません。
トラックバックとは
「あなたの記事を参照した記事を書いたのでリンクしましたよ」というお知らせ機能です。

最新記事

カテゴリー

月別の過去記事