チェンマイ食いだおれタイ

チェンマイ在住者の生活日記ブログ


こんな店あんな店最新記事


北部料理・お菓子最新記事







ワンテーマ指さし会話 タイ×屋台めし (とっておきの出会い方シリーズ)

おうちでタイの屋台ごはん

タイの屋台図鑑

たっぷりチェンマイ!―タイの古都をまるごと楽しむ町歩きガイド
出版後の変更事項や訂正など最新「たっぷりチェンマイ!」の地図(pdf)

ランナー語のコースを修了

Filed under チェンマイの暮らし

2012 04 07 Sat

alumnus
知人から誘われ、ランナー語を習い始めて早数カ月。
そのコースが先週で終わったので今日修了式があった。
修了証書を教室でただ渡されるのかと思ったら、
なんとちゃんとお坊さんを招いて正式にお寺で行った。
びっくり。
北部タイ王族のジャオ・ドゥアンドゥアン・ナ・チェンマイもいらっしゃった。

前回の教室は一時帰国とぶつかり続けられなかったけど、
新たに参加した教室はほとんど出席できた。
相変わらず仏教用語や経典はよくわからないけど、
お寺の名前や、現在使われているタイ語をランナー語に直したものは
なんとなく読めるようになった。

lanna alphabet
きっと続けられたのは、
授業が楽しかったからだと思う。
先生はしょっちゅう冗談を飛ばすし、
ランナー語に詳しい人が
「これは幽霊に遭った時に唱えるといい」
と言って呪文を黒板に書いたりと、常に和やかな雰囲気だったから。
(*呪文系はランナー語が使われる)

ゆるーい
ほとんど趣味感覚。
でも、最後の最後になってなんと試験が2回あった。
それに受からないと修了証書をくれないという。
焦って久しぶりに勉強した。
いい感じのプレッシャーだ。

ceremony
そして無事試験もパス!
お坊さんから修了証書を1人ずつ手渡された。
ありがとうございます。

lanna alphabet
ちなみにランナー文字は、よく見ると町の所々に使われている。
大学やお寺の看板など、タイ語の下にクルクルした丸い文字で書かれているのがそう。
昔使われていた文字であり、失われつつある文字。
何しろ一部の人を除いて普段の生活で一切使わないから。
お坊さんは昔の経典などを読むために勉強するし、
特別な力がある人も呪文を書いたりする時に使うけど、
一般人はまず必要ない。

でも、チェンマイの町にランナー語を復活させようという動きもあるとか。
通りの名前にランナー文字をつけようと計画していたりと。
教室にも大勢の人がランナー語を習いに来ていたので、
きっとチェンマイの人はこれからもずっと自分たちの文化を守り続けるんだろう。
なんかとても嬉しい。



  1. 2012/04/07(土) |
  2. チェンマイの暮らし
  3. | comment:4


コメント

修了式

麻里さんランナー語講座の修了、おめでとうございます。
タイ語の文化も奥深いのですね。頑張っている麻里さんすごいなぁ。
  1. 2012/04/12(木) 16:17 |
  2. URL |
  3. ちんめい #-
  4. [ 編集]

おめでとう!ようがんばらはりましたね。
  1. 2012/04/13(金) 06:40 |
  2. URL |
  3. みか #-
  4. [ 編集]

麻里さんは

ランナー語終了写真の麻里さんは中央の前から二人目かな?間違っていたら御免。
  1. 2012/04/14(土) 11:45 |
  2. URL |
  3. yoshi #QjtTlS4.
  4. [ 編集]

ちんめい、ありがとう。趣味ですね、趣味。あと、ボケ防止?! せっかく覚えたので使うようにしないと!

みかさん、ありがとう。みかさんは語学の才能に優れているから、来年にはすっかり京都人だね!

yoshiさん、残念ながらハズレです。
  1. 2012/04/22(日) 17:16 |
  2. URL |
  3. mari #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

最新記事

カテゴリー

月別の過去記事