チェンマイ食いだおれタイ

チェンマイ在住者の生活日記ブログ


こんな店あんな店最新記事


北部料理・お菓子最新記事







ワンテーマ指さし会話 タイ×屋台めし (とっておきの出会い方シリーズ)

おうちでタイの屋台ごはん

タイの屋台図鑑

たっぷりチェンマイ!―タイの古都をまるごと楽しむ町歩きガイド
出版後の変更事項や訂正など最新「たっぷりチェンマイ!」の地図(pdf)

サンタさんとNちゃん

Filed under 友達いろいろ

2007 09 27 Thu

友達が雑貨の買い出しにやってきた。友達といってもなんか妹みたいな子だ。私がシンガポールに引っ越した5歳の時、隣りに住んでいた。2歳年下の日本人で、私が小学校4年生で帰国するまでほとんど毎日一緒に遊んでいた。9歳から今まで、手紙やメールをたまに出す以外はほとんど会っていない。その子がつい最近ネットショップを始めたので、チェンマイに買い出しにきた。
 お互い小さかったから細かいことは覚えていないけど、昔話で盛り上がった。一番笑えたのがクリスマスの話。私がサンタクロースを信じなくなり、クリスマスプレゼントを自分で選び始めた年齢の時だ。私の兄と姉ももちろん信じていない。でも、隣りのNちゃんはまだ小さいから疑いすら持っていなかった。
 彼女によると、ある日、うちの家からニワトリのゲームの音が聞こえてきたという。スイッチを入れると、ニワトリがコッコココッーと鳴きながら台の上を回っていき、自分の前に来た時にタイミング良くボタンを押すと、お尻を振って卵を産むというものだ。卵に色がついていて、それによって点数が変わり、合計点を競うゲームだ。
 私がそのゲームをすごく欲しがっていたのをNちゃんは知っていて、サンタさんに私がお願いすると思っていたから、コッコココッーという音を聞いて、
「なんでマリちゃんちにはもうサンタクロースがきたの? まだクリスマスじゃないよ」
 と不思議に思ったという。私たちはもう誰もサンタを信じていないから、クリスマス前にプレゼントを買ってもらい、早速遊んでいたわけだ。
 疑問に思ったNちゃんは彼女のお母さんにたずねたという。そしたらお母さんが丁寧にサンタクロースの存在について話してくれたそうだ。そう、彼女はその日からサンタさんがいないことを知ってしまったのだ。なんて残酷な話だろう! でも、今聞いて笑ってしまったけどね。
 その頃、一人娘だったNちゃんは私たち3人のパワーに振り回されていたかも…。でも今となっては、都合よく楽しかったことしか思い出せない。
 あれから30年近く経ち、それぞれ違う道を歩んできたけど、こうしてまた出会えるというのはチェンマイの良さかもしれない。Nちゃん以外にも、チェンマイにいたから再会した人、出会えた人というのがとても多いから。



  1. 2007/09/27(木) |
  2. 友達いろいろ
  3. | trackback:0
  4. | comment:0


コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバックURLはこちら↓↓
http://thaifood.blog120.fc2.com/tb.php/17-2fed8c51
スパムが多いので受信したラックバックは確認・承認後に反映されます。関連のない記事のTBはもちろん、本文中に言及リンクの無いTBも受け付けられません。
トラックバックとは
「あなたの記事を参照した記事を書いたのでリンクしましたよ」というお知らせ機能です。

最新記事

カテゴリー

月別の過去記事