チェンマイ食いだおれタイ

チェンマイ在住者の生活日記ブログ


こんな店あんな店最新記事


北部料理・お菓子最新記事







ワンテーマ指さし会話 タイ×屋台めし (とっておきの出会い方シリーズ)

おうちでタイの屋台ごはん

タイの屋台図鑑

たっぷりチェンマイ!―タイの古都をまるごと楽しむ町歩きガイド
出版後の変更事項や訂正など最新「たっぷりチェンマイ!」の地図(pdf)

たっぷりチェンマイ!

Filed under たっぷりチェンマイ!

2007 10 05 Fri

たっぷりチェンマイ
「たっぷりチェンマイ!」どこで手に入るの?
 とよく聞かれます。とっても嬉しいのですが、私が持ってこられる数にも限りがあり、欲しい方の手に届かない状態でした。
 バンコクの紀伊国屋さんにはあるのですが、肝心のチェンマイの本屋で買うことができずじまい……。
 でも、晴れて「東京堂書店」にもやってきました! 日本で買うよりは高くなってしまいますが、ご興味のある方、ぜひ手におとりください。どうぞよろしくお願いします。
 感想・ご意見もお待ちしています。



  1. 2007/10/05(金) |
  2. たっぷりチェンマイ!
  3. | trackback:0
  4. | comment:7


コメント

楽しい本

1998年に初めてチェンマイを訪れ 気に入って2003年2月 10日間チェンイマイにプチステイ・・・歩き回りました。 また行きたいのですが 中々時間が取れません。 そんな時 この本を眺めてます。 セモーチャイの美味しいカオソーイとサテ ターペー通りの古い家屋を眺め お茶の見ながら行き交う人々の表情を眺め トンラムヤイ市場で買い物する人々のやり取りを眺め 家具・骨董・工芸品を見て・・・ もちろんマッサージも楽しみました。 そんなチェンマイの魅力が溢れた本ですね。
  1. 2009/05/31(日) 19:09 |
  2. URL |
  3. Mr.Yang. #LkZag.iM
  4. [ 編集]

Re: 楽しい本

Mr.Yangさん、コメントありがとうございます。
セモーチャイのカオソーイ、おいしいですよね!
私も好きです。
Mr.YangさんのHP拝見しました。
ミャンマーはいつか訪れてみたい国の1つです。
  1. 2009/06/01(月) 14:24 |
  2. URL |
  3. mari #qnZAR.iQ
  4. [ 編集]

お礼

岡本麻里様 
拙HPにご搭乗頂きありがとうございました。 タイの田舎も好きですが ミャンマーも好きで何度か通いました。 これからも「たっぷりチェンマイ」の様な東南アジアの街と人の景色を主体にした楽しい写真出版物を期待して待ってますよ。  
  1. 2009/06/01(月) 19:45 |
  2. URL |
  3. Mr.Yang. #/I6ykovo
  4. [ 編集]

Re: お礼

どうもありがとうございます。
またチェンマイやタイ、アジアを何かの形にしていかれたらと思っています。
  1. 2009/06/03(水) 07:32 |
  2. URL |
  3. mari #-
  4. [ 編集]

だ~いぶん前にチェンマイの料理学校についてお尋ねしたあおきと申します。その節はありがとうございました!
2月に料理修行にチェンマイに1ヶ月滞在します。
たっぷりチェンマイはチェンマイ市内ですと何処で
買えますでしょう?
  1. 2010/01/12(火) 12:34 |
  2. URL |
  3. Ruean Thai #yl2HcnkM
  4. [ 編集]

スミマセン、アマゾンさんでありました!
即購入します。
  1. 2010/01/12(火) 12:36 |
  2. URL |
  3. Ruean Thai #-
  4. [ 編集]

Ruean Thaiさん、見つかったようで良かったです。
一応チェンマイだと、ニマンヘミン通りのDin Deeというレストランで手に入ります(美術館敷地内)。
http://shops.kuidaore-thai.com/?eid=1016318
ご飯もデザートもおいしいお店ですよ。
チェンマイ、楽しんでください!
  1. 2010/01/12(火) 15:02 |
  2. URL |
  3. mari #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバックURLはこちら↓↓
http://thaifood.blog120.fc2.com/tb.php/20-246471aa
スパムが多いので受信したラックバックは確認・承認後に反映されます。関連のない記事のTBはもちろん、本文中に言及リンクの無いTBも受け付けられません。
トラックバックとは
「あなたの記事を参照した記事を書いたのでリンクしましたよ」というお知らせ機能です。

最新記事

カテゴリー

月別の過去記事