FC2ブログ

チェンマイ食いだおれタイ

チェンマイ在住者の生活日記ブログ


こんな店あんな店最新記事


北部料理・お菓子最新記事







ワンテーマ指さし会話 タイ×屋台めし (とっておきの出会い方シリーズ)

おうちでタイの屋台ごはん

タイの屋台図鑑

たっぷりチェンマイ!―タイの古都をまるごと楽しむ町歩きガイド
出版後の変更事項や訂正など最新「たっぷりチェンマイ!」の地図(pdf)

ウランバートルに到着!

Filed under   *モンゴル

2006 09 27 Wed

車窓から
夜中、砂が窓から舞い込み、列車の中が真っ白になった。
服もカバンもすべて砂まみれ、髪の毛はバリバリ。
外は真っ暗で何も見えないが、ゴビ砂漠だろうか…
なんて思いながら眠りにつく。
そして朝8時ごろ目が覚めたら景色は枯葉色。
ラクダが歩いていたり、羊飼いがいたり、もう別世界だ。

ウランバートルの駅
モンゴルの首都、ウランバートルへ着いたのは午後1時。
外は抜けるような青空。
ひんやり空気が冷たい。
女性はすらっと高く、髪の毛は少し茶色で皮膚は白い。
目が茶色く、細めで猫のよう。
女性はロシア人に近い印象を受けるが、男性はがっしりしていて、
顔はどちらかというと韓国人に似ている。

ウランバートルの町とその周りの山
宿泊したゲストハウスはとても清潔で暖かい。
モンゴルの夏は短く、10月にもなるとかなり冷え込むと聞いたので不安だったが、
セントラルヒーティングが完備してあり、半そででも暑いぐらいだ。
オーナーのザイアさんは流暢な英語でいろいろな情報を教えてくれた。
モンゴルは失業率が40%だから、街を歩く時は十分気をつけなさいとも言われた。
かなり旅行者がスリにあっているらしい。
私たちも駅からゲストハウスへ行くタクシーで早速ぼられていた……。

羊と野菜の炒め物
街を散策しながらランチをとった。
人の料理を見ながら身振り手振りで、羊と野菜を炒めたもの、
羊のカレー、ミルク茶を注文。

羊のカレー(1人前!!)
出てきた量にびっくり! 
どれもこれも大盛りだ。
そんなに羊臭さがなくおいしかったが、とにかくボリュームがすごくて食べきれない。
前に座っている女性は山のような焼きそばを食べていた。
モンゴル人の食べる量は欧米人なみ。
どこかでまだ日本人と近い人種という思い込みがあり、
1つ1つにカルチャーショックを感じてしまう。

広場でおしゃべりする女性たち窓拭きキオスク



  1. 2006/09/27(水) |
  2.   *モンゴル
  3. | trackback:0
  4. | comment:0


コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバックURLはこちら↓↓
http://thaifood.blog120.fc2.com/tb.php/290-a152d0eb
スパムが多いので受信したラックバックは確認・承認後に反映されます。関連のない記事のTBはもちろん、本文中に言及リンクの無いTBも受け付けられません。
トラックバックとは
「あなたの記事を参照した記事を書いたのでリンクしましたよ」というお知らせ機能です。

最新記事

カテゴリー

月別の過去記事