チェンマイ食いだおれタイ

チェンマイ在住者の生活日記ブログ


こんな店あんな店最新記事


北部料理・お菓子最新記事







ワンテーマ指さし会話 タイ×屋台めし (とっておきの出会い方シリーズ)

おうちでタイの屋台ごはん

タイの屋台図鑑

たっぷりチェンマイ!―タイの古都をまるごと楽しむ町歩きガイド
出版後の変更事項や訂正など最新「たっぷりチェンマイ!」の地図(pdf)

Zuunmod の草原を歩く

Filed under   *モンゴル

2006 09 28 Thu

Zuumodの草原。前を歩くのはクリス
同じ宿のイギリス人、クリスがZuunmod という町へ行くというので一緒に行くことにした。
ウランバートルの町から46キロ、ミニバスで1時間弱。
 Zuunmodの町を歩きながら山のほうへ向かう。
外は4枚ほど重ね着する寒さだけど、日差しは強く、空がまぶしい。
乾燥した空気と温度のせいか太陽の光が美しく、
建物や洗濯物に反射するときれいな色を生み出し、すべてが絵になる。

窓からこんにちは 民族衣装を着たおばあちゃん学校帰りのこども
皆それぞれ好きな場所で写真を撮りながら草原に向かって歩く。クリスはフランス在住のカメラマンで、大型カメラを持っている。


草原で遊ぶ子どもたち
草原は雄大な景色。子どもたちが小川で寒い寒いといいながら遊んだり、
相撲をとったり、女性が水汲みに来ていたり……。
遠くにはゲルがあり、馬で移動している人がいる。
私がイメージしていた「モンゴル」の世界がそこにある。

Manzshir Khiid
目指すのは、5キロ先のManzshir Khiid。
そこに1733年に建設されたお寺があるという。
たぶん「あっち」だろうという方向を目指して丘を登り下りしながらひたすら歩く。
クリスは普段からアウトドアライフを楽しんでいるらしく、
細い体で重い大型カメラを持ってスタスタと歩く。
その後ろを私、友達がゆっくりと続く。
3人がそれぞれのペースで歩いて距離があいても、
隠れるところがないので迷子になることはない。

学校帰りのおめかしした子どもたち
5キロ以上は軽く歩いたと思う。
足は疲れるものの、真っ青な空や雄大な景色を見ていると、
いくらでも歩ける気になってくる。
地球と対面したような気分になってくる。
どんどん先へ先へと進みたくなる。
歩くのが楽しくてしかたない。
写真は学校帰りのおめかしした少年たち。
特別な日だったのだろうか。

町の子
といっても、帰りはさすがに疲れて、通りすがりの車に町まで乗せてもらった。
モンゴルの車はすべてがタクシーと聞いた通り、
どの車でも交渉が成立すれば乗せてくれるから便利だ。
写真は町の広場で遊ぶ少女たち。

白鵬はヒーロー!
白鵬の大きなポスターが所々にある。



  1. 2006/09/28(木) |
  2.   *モンゴル
  3. | trackback:0
  4. | comment:0


コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバックURLはこちら↓↓
http://thaifood.blog120.fc2.com/tb.php/292-db7572db
スパムが多いので受信したラックバックは確認・承認後に反映されます。関連のない記事のTBはもちろん、本文中に言及リンクの無いTBも受け付けられません。
トラックバックとは
「あなたの記事を参照した記事を書いたのでリンクしましたよ」というお知らせ機能です。

最新記事

カテゴリー

月別の過去記事