FC2ブログ

チェンマイ食いだおれタイ

チェンマイ在住者の生活日記ブログ


こんな店あんな店最新記事


北部料理・お菓子最新記事







ワンテーマ指さし会話 タイ×屋台めし (とっておきの出会い方シリーズ)

おうちでタイの屋台ごはん

タイの屋台図鑑

たっぷりチェンマイ!―タイの古都をまるごと楽しむ町歩きガイド
出版後の変更事項や訂正など最新「たっぷりチェンマイ!」の地図(pdf)

カラコルム(Хархорин)へ

Filed under   *モンゴル

2006 10 01 Sun

Erdene zuu
昨日の午後、ウランバートルから西へ400キロのカラコルムへ向かった。
途中の景色は素晴らしかったけど、
ミニバスにとにかくつめるだけ人が乗っていたので7時間の旅は苦痛に近かった。
そしてカラコルムへ着いた時は辺りは真っ暗! 
ひゅ?るり?と冷たい風が吹き、がら?んとしている。
とりあえず連れて行かれた宿に入るが、ヒーターがない! 
宿の人は親切でお湯をくれたり、コップを貸してくれたりするけど、
寒さが身にしみる。
持って行った湯たんぽにお湯を入れて寝るが、
明け方寒くて目が覚めた。
カーテンを開けて外を見ると、どんよりした景色で小雨が降っている。
長旅で埃だらけになった体を毛布にくるみ、縮こまっているのが精一杯。
虚しくなってくる。窓が2重になっている。
冬になると?40度にもなるとか!!

Munksuuri Guest Houseゲルの中
ゲルに泊まりたかったので、調べてあったMunksuuri ゲストハウスへ移動する。
旅行のベストシーズンが過ぎたのでお客はほとんどいない。
広々としたゲルの中にはベッドと暖炉があり、外にはお湯シャワーもあるという。
ご飯もついている。
温かいものがあるのを知ると、少し元気になってくる。

イッヘさんBut!
ゲストハウスのイッヘさんはなんと半袖!!
私が4枚も5枚も着ているのに、ちょっと日差しが出ると半袖だ。
食べている物が違うのだろうか。
慣れだろうか。
真冬の?40度に比べたらまだまだ常夏なのかもしれない。
Oh my god!!

ホーミー
夜はホーミー歌手(?)をゲルに招いてのショーがあった。
ホーミーはモンゴル独特の喉歌。喉、胸、鼻、口を使って声を出すそうで、
その不思議な音と節を聴いていると、魂がモンゴルの草原を駆け抜けていくようだ。
お湯シャワーで汚れを落とし、温かいものを食べ、暖炉で薪を燃やし、
ホーミーも聴いたので、今夜はぐっすり眠れそうだ。



  1. 2006/10/01(日) |
  2.   *モンゴル
  3. | trackback:0
  4. | comment:0


コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバックURLはこちら↓↓
http://thaifood.blog120.fc2.com/tb.php/294-809362d5
スパムが多いので受信したラックバックは確認・承認後に反映されます。関連のない記事のTBはもちろん、本文中に言及リンクの無いTBも受け付けられません。
トラックバックとは
「あなたの記事を参照した記事を書いたのでリンクしましたよ」というお知らせ機能です。

最新記事

カテゴリー

月別の過去記事