FC2ブログ

チェンマイ食いだおれタイ

チェンマイ在住者の生活日記ブログ


こんな店あんな店最新記事


北部料理・お菓子最新記事







ワンテーマ指さし会話 タイ×屋台めし (とっておきの出会い方シリーズ)

おうちでタイの屋台ごはん

タイの屋台図鑑

たっぷりチェンマイ!―タイの古都をまるごと楽しむ町歩きガイド
出版後の変更事項や訂正など最新「たっぷりチェンマイ!」の地図(pdf)

山岳民族の宝庫、サパへ

Filed under   *ベトナム

2006 04 07 Fri

列車
ハノイから北西へ列車で8時間ほど行ったところに
ラオカイ(Lao Cai)という中国と国境を接する町がある。
そこからさらに車で山道を1時間ほど上ると、サパ(Sapa)という山岳部に着く。
標高1600mのところだ。
そこには山岳民族がたくさん住んでいて、景色も素晴らしいと本で読んだことがあり、
ハノイからサパへ行くことにした。

サパの町
町はあいにくの霧。濃霧というぐらい先が見えなくなる。
早朝だったので、宿にチェックインし、早速トレッキングのツアーに申し込んだ。
しばらくすると晴れるからとホテルの人が言ったからだ。
とにかく早く本で見た景色の中を歩きたかった。
案内してくれたのは、モン族の20歳のドームさん。
笑うと金歯が一本光る。

棚田
ドームさんを先頭にイギリス人、スイス人、スロベキア人、
フランス人など7人が後ろをついていく。
サパ自体が山の上なので、トレッキングは下りが中心。
最初はコンクリート道を歩いていたが、途中から山道に入った。
山道といっても木があるわけでなく、一面棚田の道を下っていくので、絶景…。

黒モン族の少女ーのはずだが、あいにくの雨で時々霧がはれるとちらっとそれが見えるだけ。
最初は霧だけだったのが雨に変わり、上からびしゃびしゃと水が流れてきて、
しまいには沢くだりのようになり、体も足も冷え切ってくる。
赤土が靴底にひっつき、どんどん足が重くなってくる。
しまいには滑って転ぶ人も出てきた。
もちろん私も。
晴れると言ったホテルの人が恨めしい。
せめてもの救いは、黒モン族の子どもたちが一緒に歩いてきたことだろうか。
もちろん、お土産を売るためだけど、英語が話せてちょっとした会話が楽しかった。



  1. 2006/04/07(金) |
  2.   *ベトナム
  3. | trackback:0
  4. | comment:0


コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバックURLはこちら↓↓
http://thaifood.blog120.fc2.com/tb.php/404-d7b771fe
スパムが多いので受信したラックバックは確認・承認後に反映されます。関連のない記事のTBはもちろん、本文中に言及リンクの無いTBも受け付けられません。
トラックバックとは
「あなたの記事を参照した記事を書いたのでリンクしましたよ」というお知らせ機能です。

最新記事

カテゴリー

月別の過去記事