チェンマイ食いだおれタイ

チェンマイ在住者の生活日記ブログ


こんな店あんな店最新記事


北部料理・お菓子最新記事







ワンテーマ指さし会話 タイ×屋台めし (とっておきの出会い方シリーズ)

おうちでタイの屋台ごはん

タイの屋台図鑑

たっぷりチェンマイ!―タイの古都をまるごと楽しむ町歩きガイド
出版後の変更事項や訂正など最新「たっぷりチェンマイ!」の地図(pdf)

北部の旅

Filed under

2005 01 10 Mon

山 朝日が昇る前に起床。川に面したコテージに泊まったので、テラスから川を満喫できる。こんなところで1日ぼーっとしたら気持ちがいいだろうなと思わせるところ。
 車で山頂まで上り、お寺を参拝し、眼下に広がる景色にしばしみとれていた。でも、先は長いので、メーサイを目指した。
 メーサイでは、ミャンマー側に渡り($5)、市場をぶらぶら。私は10回以上行っているので、馴染みの店でまたCDを7枚ほど購入。

ゴールデントライアングル 次に目指したのは、ゴールデン・トライアングル。ミャンマーとラオス、タイの国境を接する三角地帯。メコン川を眺めながら食事をし、姉の希望で川下りをすることに(600B)。細いボートで、ガンガンスピードを出して、ミャンマー側に行き、その後ラオス側に降ろしてくれる。ちょっとしたラオスの市場があり、ラオス・ビールなどのお土産を買うことができる(20B)。姉は1日して3カ国に足を踏み入れた。

チェンセーン 既に時計は4時を回ろうとしている。それでも、友達は「見所」ということで、チェンセーンの遺跡やチェンライのお寺を案内してくれた。そして、パヤオの湖が美しい! ということで、そこもぐるっと回ってくれた。だけど、既に7時半。真っ暗で何も見えない。それでも、湖沿いで夕飯を食べ、ビールで乾杯。

ロンクン寺 後はひたすら暗闇の中、チェンマイまで走るは走る。家に着いたのは夜中の12時頃。運転、本当にお疲れ様! なのだ。私も姉も感謝、感謝、とても美しい北部に触れることができた。それでも、友達に言わすと、「ランパーン県も回れば、完璧だったのに!」とのこと。そのためには、あと1泊しないとだめなのだ。



  1. 2005/01/10(月) |
  2. | trackback:0
  3. | comment:0


コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバックURLはこちら↓↓
http://thaifood.blog120.fc2.com/tb.php/527-3e145dc0
スパムが多いので受信したラックバックは確認・承認後に反映されます。関連のない記事のTBはもちろん、本文中に言及リンクの無いTBも受け付けられません。
トラックバックとは
「あなたの記事を参照した記事を書いたのでリンクしましたよ」というお知らせ機能です。

最新記事

カテゴリー

月別の過去記事