チェンマイ食いだおれタイ

チェンマイ在住者の生活日記ブログ


こんな店あんな店最新記事


北部料理・お菓子最新記事







ワンテーマ指さし会話 タイ×屋台めし (とっておきの出会い方シリーズ)

おうちでタイの屋台ごはん

タイの屋台図鑑

たっぷりチェンマイ!―タイの古都をまるごと楽しむ町歩きガイド
出版後の変更事項や訂正など最新「たっぷりチェンマイ!」の地図(pdf)

香りはダレのもの?

Filed under   *日本

2003 06 05 Thu

 毎週うちの近所におばあさんがやってくる。腰をくの字に曲げ、花をたくさん入れた大きな籠を背負って来る。もう80は過ぎているだろうか。昔話から飛び出してきたようなおばあさんだ。
 私の町は坂の町。スキーで直滑降したら楽しいくらいの急斜面。大雪が降るとチェーンをつけないと車は上がれない。おばあさんはそんな坂を上ってくる。
 いくつか家を回ってピンポーンと鳴らし、売り歩く。その姿を見るといつも買ってしまう。ちょっと高めだけど、花は美しく、シャキッとして、いつまでも家を華やかにしてくれる。
 そのおばあさんが今朝も花を運んできた。本当なら花を抱え、肌で感じ、目と鼻で楽しむところだけど、今回は違った。以前なら真っ先に鼻を近づけてクンクンしてたけど、反射的に動きが止まっていた。かいではいけないんだと。
 なんでだ?と考えたら、タイでその癖がついちゃっていたのだ。
 1度こんなことがあったのだ。うちのアパートにジャスミンの花があって、ある日、大家さんが両手いっぱいに取ってきていた。家の守り神と土地の精霊に供えるって。
「わあ、ジャスミンだ!」
 と喜んだ私はいくつか手にとってクンクン香りをかいだ。そして返そうとしたら、大家さん「いらないから、あげる」って。
 なんでかと思ったら、もう香りをかいでしまったから供えられないと。仏壇に供えるごはんをつまみ食いしちゃうのと同じなんだろう、香りといえども。
 その時に、僧侶に喜捨する花やお寺や神棚などに供える花は絶対に香りをかいではいけない! ということを学んだわけだ。
 だから今では花を見るとついつい「これはかいでいい花か?」なんて確認するようになってしまったし、日本でも同じことをしてしまうようだ。



  1. 2003/06/05(木) |
  2.   *日本
  3. | trackback:0
  4. | comment:0


コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバックURLはこちら↓↓
http://thaifood.blog120.fc2.com/tb.php/593-87fd1903
スパムが多いので受信したラックバックは確認・承認後に反映されます。関連のない記事のTBはもちろん、本文中に言及リンクの無いTBも受け付けられません。
トラックバックとは
「あなたの記事を参照した記事を書いたのでリンクしましたよ」というお知らせ機能です。

最新記事

カテゴリー

月別の過去記事