チェンマイ食いだおれタイ

チェンマイ在住者の生活日記ブログ


こんな店あんな店最新記事


北部料理・お菓子最新記事







ワンテーマ指さし会話 タイ×屋台めし (とっておきの出会い方シリーズ)

おうちでタイの屋台ごはん

タイの屋台図鑑

たっぷりチェンマイ!―タイの古都をまるごと楽しむ町歩きガイド
出版後の変更事項や訂正など最新「たっぷりチェンマイ!」の地図(pdf)

ペナンからバンコクへ

Filed under   *マレーシア

2004 10 22 Fri

ニョニャラムミー無事、観光ビザのダブル・エントリーが取れたので、午後の便で予定通り帰ることにした。まずは腹ごしらえと、いつもの豆乳屋さんで冷たい豆乳を飲んだ後、側の賑わっている食堂に入った。「Nyonya Lam Mee」と書いてあり、中華とマレー料理を合わせた「ニョニャ料理」を食べられると直感。
出されたものは、ビーフンと卵麺が混ざった麺料理。スープは干しエビのだしがしっかり出ているもので、好みで唐辛子を混ぜて食べる。トッピングにはモヤシ、錦糸玉子、豚肉、エビなどがのっている。量は少なめで、さっぱりしているので、朝食にもってこいだ。

予定通り、飛行場へ行ったけど、出発はなんと3時間半も遅れた。チェックインを2時間前にすませているので、5時間半も飛行場で待たされ、バンコクに着いた時はげっそり。そのままチェンマイに向かおうと思ったら、飛行場は戦場と化している。なんと3連休が始まる金曜日の夕方だったのだ。がっくり。4社ある航空会社の前はチケットを取る人たちで殺気立っている。力尽きたまま私もそれに加わるけど、どこも満席。驚くことに翌日もすべて満席。日は暮れるし、疲れているし、空席がとれる希望もないので、バンコクに泊まることにした。

ゲストハウスを探すのも、移動するのもちょっと辛い。そこでふと思い出したのが、私の母親の友達の姪御さん。バンコクに転勤になったので、いつでも遊びに来て下さい、と以前から誘われていた。だけど、なかなか行く機会がなかった。全く面識もないし、電話もメールもしたことがない。そのうえ、突然「今夜泊めて下さい」だ。
どうしようか悩んだけど、とりあえずかけてみた。すると、快く「いらっしゃいよ」と救って頂き、暖かい部屋で寝ることができた。
幸せ、幸せ。感謝、感謝。



  1. 2004/10/22(金) |
  2.   *マレーシア
  3. | trackback:0
  4. | comment:0


コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバックURLはこちら↓↓
http://thaifood.blog120.fc2.com/tb.php/680-e8265056
スパムが多いので受信したラックバックは確認・承認後に反映されます。関連のない記事のTBはもちろん、本文中に言及リンクの無いTBも受け付けられません。
トラックバックとは
「あなたの記事を参照した記事を書いたのでリンクしましたよ」というお知らせ機能です。

最新記事

カテゴリー

月別の過去記事