チェンマイ食いだおれタイ

チェンマイ在住者の生活日記ブログ


こんな店あんな店最新記事


北部料理・お菓子最新記事







ワンテーマ指さし会話 タイ×屋台めし (とっておきの出会い方シリーズ)

おうちでタイの屋台ごはん

タイの屋台図鑑

たっぷりチェンマイ!―タイの古都をまるごと楽しむ町歩きガイド
出版後の変更事項や訂正など最新「たっぷりチェンマイ!」の地図(pdf)

凸凹まな板

Filed under     ◎サムイ島

2002 07 19 Fri

タイの台所で使われているまな板は、
木を輪切りにして表面を平らに削っただけのものが主流だ。
家庭では直径20cm位のものを使うが、厚さは約10cmあり、漬け物石のように重い。
食堂やレストランに至っては、お相撲さんを輪切りにしたようなサイズのものを使い、
厚さも15cmほどある。

家庭のまな板でさえ洗うのが嫌になるくらい重いけど、
レストランのものになると持ち上げるのは不可能。
置きっぱなしになる。
だから使う度にフキンやスポンジで拭く。
そして肉や魚を切った後は、包丁を立ててガリガリと表面を削る。(家庭でもそう)
だから長年使っているまな板で野菜を切ろうとすると、
包丁がまな板に平行にあたらず、ザクッと気持ちよく下まで切れない。
私が切るときゅうりがつながっていたりする。

なんでこんなに使いにくいものを使うんだと思うけど、
タイ人て慣れているのかスパスパときれいに切る。
コツは何だろう?



  1. 2002/07/19(金) |
  2.     ◎サムイ島
  3. | trackback:0
  4. | comment:0


コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバックURLはこちら↓↓
http://thaifood.blog120.fc2.com/tb.php/768-e0444ea7
スパムが多いので受信したラックバックは確認・承認後に反映されます。関連のない記事のTBはもちろん、本文中に言及リンクの無いTBも受け付けられません。
トラックバックとは
「あなたの記事を参照した記事を書いたのでリンクしましたよ」というお知らせ機能です。

最新記事

カテゴリー

月別の過去記事