チェンマイ食いだおれタイ

チェンマイ在住者の生活日記ブログ


こんな店あんな店最新記事


北部料理・お菓子最新記事







ワンテーマ指さし会話 タイ×屋台めし (とっておきの出会い方シリーズ)

おうちでタイの屋台ごはん

タイの屋台図鑑

たっぷりチェンマイ!―タイの古都をまるごと楽しむ町歩きガイド
出版後の変更事項や訂正など最新「たっぷりチェンマイ!」の地図(pdf)

友達の家は自分の家

Filed under チェンマイの暮らし

2002 12 16 Mon

用事があって友達の家へ行った。
友達といっても20歳も上の人だ。
ちょっとは遠慮すればいいのに、私は部屋に入ると、
その辺のクッションを勝手に持ってきて床に座る。
そのうちテレビをつけて床にごろっとなる。
そしてその辺にあるみかんをむしゃむしゃ食べ、
喉が渇けば冷蔵庫を開けてみる。
まるで我家のように振舞っている。

でもそれが「タイの家」のような気がする。(違う?)
外と内の境界線が薄く、「ちょっとごめんよう」と家にずんずん入っていき、
後は我家のようにくつろいでしまう。
変に遠慮して気をつかうと相手も疲れるので、
ちょっと遠慮しつつ図々しいくらいでいい。
そういう印象を受けることがよくある。

だけどこれに慣れて日本に帰ると冷や汗をたらたら流す思いをする。
ふと気付くと人の家の冷蔵庫を勝手に開けていたりするからだ。
許可なく戸棚からコップを出したり、ごろんと横になったり…。
私としてはそれが「普通」なんだけど、
日本人には「失礼な奴」に映っているかもしれない。
気をつけないと。



  1. 2002/12/16(月) |
  2. チェンマイの暮らし
  3. | trackback:0
  4. | comment:0


コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバックURLはこちら↓↓
http://thaifood.blog120.fc2.com/tb.php/831-a290e9b7
スパムが多いので受信したラックバックは確認・承認後に反映されます。関連のない記事のTBはもちろん、本文中に言及リンクの無いTBも受け付けられません。
トラックバックとは
「あなたの記事を参照した記事を書いたのでリンクしましたよ」というお知らせ機能です。

最新記事

カテゴリー

月別の過去記事