チェンマイ食いだおれタイ

チェンマイ在住者の生活日記ブログ


こんな店あんな店最新記事


北部料理・お菓子最新記事







ワンテーマ指さし会話 タイ×屋台めし (とっておきの出会い方シリーズ)

おうちでタイの屋台ごはん

タイの屋台図鑑

たっぷりチェンマイ!―タイの古都をまるごと楽しむ町歩きガイド
出版後の変更事項や訂正など最新「たっぷりチェンマイ!」の地図(pdf)

サオ・インタキン祭

Filed under   *特別な行事

2008 06 05 Thu

お花を供える子どもたち
チェンマイの柱(サオ)があるチェディールアン寺で6月7日まで、
サオ・インタキン祭りが行われている。
チェンマイの安泰を祈ってチェンマイの柱「インタキン」(*)にお祈りをする行事だ。
この期間は、大勢のチェンマイ人が花、ロウソク、
ソンポーイという聖水を持って各地から集まってくる。 

インタキン
柱が納められた建物の周りにはたくさんのお盆が並べられ、
そこに人々が花をのせていくので、境内はみるみるうちに花でうめつくされる。
民族衣装を着たおばあさんや学校、幼稚園からは子どもたちがお供えに来ていた。
チェンマイはどんどん都会になるけど、
まだまだチェンマイ人の心にはこうした心が残っていて、
伝統が着実に受け継がれている。
この建物は1年に1度、この行事の間だけ公開され、
男性は中に入ることもできるので、ぜひ参拝したい。 

ヤーンの木
インタキンの建物の横には大きなヤーンの木がそびえ立っている。
その根元にも花と線香を置いていく。
この木が滅びる時、チェンマイも滅びるといわれている。  

仏像に水をかける
そしてこの期間だけ、
お寺の入り口にプラジャーオ・セーンフォンハーという仏像が安置され、
雨季にちゃんと雨を降らせてくれるようお願いする。
これから雨季に入り、田植えが始まるから雨はとても重要だ。 

ナームソムポーイ
こんなソームポーイという聖水を仏像にかける。
「健康で頭が良くなるように、自分の頭にもつけときなさい」
と側にいたおばあちゃんが子どもたちに言うと、
急いで仏像に聖水をかけた後、聖水をすくって頭にびちゃびちゃとかけていた。
大人たちも健康と幸せを祈って。
そして私もぴちゃぴちゃ。 

チョーファーチョーファー
これはチョーファーというものに金粉をつけているところ。
本堂の屋根についている飾りで、象の鼻の形をしいてるとか。
好きな場所に金粉を貼っていいが、ある女子学生は
「自分もてっぺんにいかれますように」
と祈りながら尖った先端に貼っていた。
私は目のような部分にぺったり貼り付けた。 

本堂
新しく建て直された本堂。
よく見ると、一番前の部分にチョーファーがついていない。
私たちが金粉を貼ったものがここに取り付けられるのだろうか……。
そう思うと神聖な気持ちになってくる。
7日に儀式があるとお寺の人が言っていた。
見に行ってこよう。

*もともとこの柱は「3人の王様の像」の近くのサドゥームアン寺にあったが、
1800年ガウィラ王によって今の場所に移された。



  1. 2008/06/05(木) |
  2.   *特別な行事
  3. | trackback:0
  4. | comment:0


コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバックURLはこちら↓↓
http://thaifood.blog120.fc2.com/tb.php/906-1116b30c
スパムが多いので受信したラックバックは確認・承認後に反映されます。関連のない記事のTBはもちろん、本文中に言及リンクの無いTBも受け付けられません。
トラックバックとは
「あなたの記事を参照した記事を書いたのでリンクしましたよ」というお知らせ機能です。

最新記事

カテゴリー

月別の過去記事