チェンマイ食いだおれタイ

チェンマイ在住者の生活日記ブログ


こんな店あんな店最新記事


北部料理・お菓子最新記事







ワンテーマ指さし会話 タイ×屋台めし (とっておきの出会い方シリーズ)

おうちでタイの屋台ごはん

タイの屋台図鑑

たっぷりチェンマイ!―タイの古都をまるごと楽しむ町歩きガイド
出版後の変更事項や訂正など最新「たっぷりチェンマイ!」の地図(pdf)

ルークラーンの実

Filed under   *果物

2011 09 20 Tue

Luek laan
ルークラーンという実をもらった。
ヤシの一種で、葉は昔仏典を書くのに使われていた。
今でもお寺へ行くと「バイラーン」というものが残っているが、
それの実だという。
青梅サイズ。

すでに茹でてあるのでこういう色をしているけど、
実物はもっと明るい緑色だそう。
半分に割るとこのような乳白色の実が入っている。
ゴムのように弾力があり、もっちり。
ぱっとした味ではないので、
シロップで煮て氷を浮かべて食べるとおいしくなるそうだ。



  1. 2011/09/20(火) |
  2.   *果物
  3. | comment:0

叩くほどにおいしいグラトーン

Filed under   *果物

2011 09 11 Sun

santol
この季節出回っているのがこの実。
グラトーン(ガトーン)、英名サントルだ。
ハンドボールサイズで結構ずっしり重い。
面白いのは、このフルーツを食べる時にトントンと叩くこと。
そんな必要はないという人もいるけど、
叩いたほうがおいしくなると言われている。
だから棒でトントンと全体を叩いたり、
果物を床にボンボンと叩きつける。
そんなにパッとした味でないので
「おいしくなーれ」と呪文をかけながら叩く。

santol
中はクリーム色。
むくそばからどんどん茶色に変色していく。
種の周りはわたのようにフワフワしていて甘いけど、
外側は甘味、酸味の中にちょっと渋味がある。

Tam Gathon
今は品種改良などで甘いのにあたるけど、
シロップで煮て氷を入れてデザートにしたり、
写真のようにソムタムのように味付けしたりしたほうが食べやすいかも。
ソムタム屋さんで作ってくれるので食べてみて。



  1. 2011/09/11(日) |
  2.   *果物
  3. | comment:2

毎年恒例のラムヤイ土産

Filed under   *果物

2011 09 01 Thu

lamyai
この時期になると毎年もらうのがラムヤイ(龍目・ロンガン)だ。
市場にもたくさん売っているけど、
庭になっていることが多いので誰かしらが持ってきてくれる。
だからまず買わないフルーツだ。

lamyai chompoo
今回もらったのは「チョンプー種」。
チョンプーとはタイ語でピンク色のこと。
ほんのり色づいている。
甘くておいしい品種だ。



  1. 2011/09/01(木) |
  2.   *果物
  3. | comment:10

旬のマキアン・スムージー

Filed under   *果物

2011 06 22 Wed

makian
昨日ごはんを注文した後、何を飲もうか考えていると、お店の人が
「マキアンがオススメよ! 今が旬だから」
と言ってきた。
それならばとマキアン・スムージーをオーダーすると
このような鮮やかな紫色のドリンクが運ばれてきた。
うまぁ~。

makian
これがその実。
以前、食べたのは丸かったので同じものとは思わなかった。
「マキアン」、標準語では「ルークワー」。
この時期たくさん木になっている。
オリーブを細長くした大きさ。
中はプラムのような食感だけど、最後に少しえぐみのような渋味が残る。
森の中でつまんで食べるような、ちょっと「野生」の味。
好みがわかれるが
こうやってスムージーにするとえぐみが消えておいしい~。



  1. 2011/06/22(水) |
  2.   *果物
  3. | comment:4

巨大マンゴーを味う!

Filed under   *果物

2011 06 03 Fri

Mango trees at Royal Project
一般のマンゴーの季節(3、4月)が過ぎた5、6月になると
今度は北タイのマンゴーが旬になる。
北部だと、ナームドークマイ種やチョークアナン種などが一般的だけど、
他と差別化し、山岳民族やタイ人の安定した収入源にしようと
ロイヤルプロジェクト(王室プロジェクト)が推進しているのが
ヌワンカム種、R2E2種、アーウィン種、パルマー(パーマー)種の4種類。
去年、お隣ランプーン県にマンゴー園を見に行ったことがあるが、
そこでは、ロイヤル・プロジェクトと地域の農家合わせて6500本ほどの
マンゴーの木を育てていた。
その地域(リー郡)は、夏がとても暑いうえ、
土壌がやせていて作物があまりよく育たない土地だけど、
マンゴー栽培には適しているそうだ。

Nuankham Mango
品種について少し説明すると、
ヌワンカム種は台湾、R2E2種はオーストラリアが原産だ。
前者は実がつきやすく、大きいものだと2キロにもなる。
これはタイ人に人気があるが、
外国人に好まれるのは赤みを帯びて香りが良いR2E2種。
実がたくさんはならないが、大きいものだと700~800グラムあり、
輸出も考えているそうだ。
このロイヤルプロジェクトの男性が見ているのはヌワンカム種。
これは3月の時点なのでまだまだ小さい。

various mangoes
それがどれだけ大きくなるかというと、
これを見よ!
ちょっとわかりにくいけど、
右から、ヌワンカム種、R2E2種、ナームドークマイ種、オックロン種だ。
ナームドークマイ種は日本にも輸出されているもので、
オックロン種は小ぶりで種が大きいけど、甘さと香りが絶品の品種。
数は減るけど、これも市場で手に入る。
そして、ヌワンカム種。
写真では大きさが表しにくいけど、
22cmの靴サイズほど。
どっしり重く、計りに乗せたら"Error"と出てしまった。
1キロまでしか計れないからだ。
よくあるナームドークマイ種は1キロ買うとだいたい2、3個になるので
これは1個で1キロ以上という巨大さ。
これで40-50B。

Mango R2E2Mango R2E2
これはR2E2種。
少し赤みを帯びているのが外国人には人気らしい。
手のひらほどの大きさで、
砲丸のようにどしりと重く、40-50Bほど。

この時期、ロイヤルプロジェクトの「ドイカム」店で手に入るので、
この2種+アーウィン種、パルマー(パーマー)種を味わいたい人は
ドイカムに行ってみよう。


Doi Kham【情報】ドイカム(Doi Kham)
チェンマイ大学内




  1. 2011/06/03(金) |
  2.   *果物
  3. | comment:6

マンゴーも雨の影響?

Filed under   *果物

2011 05 16 Mon

pelican mango
今年は本当に雨がよく降る。
暦上の雨季は7月16日。
乾期から雨季に移り始めるのが5月で、
それから少しずつ雨の量が増えてくるのに
今年は3月頃から雨。
最近はほぼ毎日雨。
それも道路が冠水するほどだ。

涼しくて過ごしやすいのはいいけど、
作物にも影響が少しずつ出てきている。
4月の一番暑い時期に出回るマンゴーが今年はなんか味気ない。
味が薄いというか水っぽいというか、
ど~んと「あまっ~!」という甘さがなく、
季節外れのマンゴーを食べているような味。
今チェンマイで出回っているマンゴーはチェンマイより気温が高い地域のものが多いけど、
これから出てくるチェンマイ産も同じように甘味が足りないのだろうか。



  1. 2011/05/16(月) |
  2.   *果物
  3. | comment:4

9月のマンゴー

Filed under   *果物

2010 09 21 Tue

9月のマンゴー
フルーツ屋台で何か果物を買おうとしたら
おばちゃんが
「この青マンゴーが甘酸っぱくておいしいよ」
と勧めてくれた。
今の時期にしか出回らない
「9月のマンゴー」(マムアン・カーオドゥアン)というものらしい。
「なんという品種ですか?」
と聞いても
「『9月のマンゴー』と呼んでいるけどねえ…」
とわからない。
「9月のマンゴー」なんてなんか映画や本のタイトルになりそうだ。
名前に惹かれ買ってみた。
青マンゴーのカリカリっとした食感はなく、
黄色い熟したマンゴーのように中は柔らかい。
おばちゃんの言うとおり甘酸っぱておいしい。
甘すぎないからいくらでも食べられる。



  1. 2010/09/21(火) |
  2.   *果物
  3. | comment:0

田舎からのお土産

Filed under   *果物

2010 04 19 Mon

マプラーン
ソンクラーン中に帰省していた友達が山のようにマプラーンを持って帰ってきた。
彼女の裏庭に生えている大きな木で、よじ登って実を採る。
一見ビワのようだけど、プラムのようにジューシー。
甘酸っぱい香りと味はマンゴーに似ていて、
別名、プラム・マンゴーというだけある。
そろそろ終わりの時期だけど、
市場にまだ並んでいるので買ってみては?



  1. 2010/04/19(月) |
  2.   *果物
  3. | comment:1

青マンゴーのスムージー

Filed under   *果物

2010 03 23 Tue

青マンゴースムージー
マンゴーの季節に突入してからというもの、
マンゴーとヨーグルト、氷をミキサーで混ぜ、
ラッシーのようなスムージーのようなドリンクを作って
毎日毎日飽きもせずゴクゴク飲んでいる。
そのうえ、カフェでも、レストランでもマンゴースムージーを注文。
そしたら今日、レストランでこんなメニューを発見。
「มะม่วง Green Mango」
とメニューに書いてある。
タイ語は「マンゴー」とだけ、英語には「青マンゴー」とある。

青マンゴーのわけないでしょ? 
青マンゴーはそのまま食べたらおいしいけど、
水分ないし、硬いし、甘さも控えめなので、
氷入れてもスムージーはできないでしょう。

翻訳の間違えだと思いつつ、注文。
すると、こんなきれいなライム色のシャーベットのようなものがきた。
試しに一口飲むと、まさしく青マンゴー!
さっぱり爽やかな味。
熟したものは濃厚で甘くておいしいけど、
これはなんだろう、
大人の味?!
暑い夏にはこっちのほうがすっきりしているかも。
今度は家でも作ってみよう。



  1. 2010/03/23(火) |
  2.   *果物
  3. | comment:5

夏はもうすぐそこに

Filed under   *果物

2010 02 16 Tue

マンゴーの実
この頃、小さな花がいっぱいに咲いている木をよく見かける。
マンゴーかと思って近づくと、なんとラムヤイ
ラムヤイとマンゴーとライチーの花は咲き方が似ていて、
遠くからでは私には見分けることができない。

それにしても今年はラムヤイの花が咲くには早すぎない?
ラムヤイより先に咲くマンゴーはどうした?
木を探してみるとすでに実が!
今年はまったく鼻がむずむずすることがなかったのでわからなかった。
雨が降ったからか。

マンゴーやライチー、ラムヤイの花が咲くと
暑い夏がすぐ目の前にきているのを感じる。
実際、日中はもわっとしているし。
今年の夏は猛暑になるそうだ。
例年でも40度あるのに、どうなるの?!



  1. 2010/02/16(火) |
  2.   *果物
  3. | comment:0

新しい方のページへ

古い方のページへ

最新記事

カテゴリー

月別の過去記事