FC2ブログ

チェンマイ食いだおれタイ

チェンマイ在住者の生活日記ブログ


こんな店あんな店最新記事


北部料理・お菓子最新記事







ワンテーマ指さし会話 タイ×屋台めし (とっておきの出会い方シリーズ)

おうちでタイの屋台ごはん

タイの屋台図鑑

たっぷりチェンマイ!―タイの古都をまるごと楽しむ町歩きガイド
出版後の変更事項や訂正など最新「たっぷりチェンマイ!」の地図(pdf)

スポンサーサイト

Filed under スポンサー広告

-- -- -- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告

チェンマイ大学の卒業式

Filed under チェンマイの風物詩

2008 01 24 Thu

cmu
 今日はチェンマイ大学の卒業式。タイの国立大学は王室の方が卒業証書を手渡してくれので、大学によって卒業式の時期が異なる。だから実際に卒業してすでに働いていても、証書をもらうのは翌年だ。
 そして、チェンマイ大学の卒業式は毎年1月にあり、シリントーン王女が卒業証書を1人1人に手渡してくださる。

先輩にエールを送る後輩たち 大学を卒業するということ、そして王室の方から卒業証書をもらうということはとても名誉なことなので、この日には家族、友達、恋人、親戚一同がお祝いに来る。1人の卒業生に対し、10人以上の人が集まるのも当たり前。一生に一度のことなので、大学正門や学部前は記念撮影をする人で賑わう。お花畑にしゃがんだり、友達と入れ替わり立ち代りあっちこっちで写真を撮る。
 そんなに撮ってどうするんだ?と思ったけど、私も自分の卒業式の時に嬉しくて撮りまくったなあ。

影の力
 でも、なんとなく6、7年前に比べたら最近は盛り上がりにかける気がする。大学を卒業するのが当たり前になってきたのだろうか。いつもは、かきいれ時なのに、食堂のおじちゃんも「今年はさっぱりだよ。人が来ない」とぼやいていた。それとも小金持ちになって、もっと豪華なところで食事をしているのだろうか。
 いずれにしても、卒業生のみなさん、おめでとう!なのだ。


←皆のためにカバン持ちをする青年


花の屋台


花束を売る屋台


ぬいぐるみをあげる人が多い


こんなぬいぐるみをあげる


卒業記念


卒業した仏暦のナンバープレート



  1. 2008/01/24(木) |
  2. チェンマイの風物詩
  3. | trackback:0
  4. | comment:5

匂いの正体は・・・?

Filed under チェンマイの風物詩

2006 10 25 Wed

花 この頃、夜になるとものすごい匂いが漂う。タイヤやビニール、杉などを混ぜ混ぜにして一緒に焼いたような、表現できない臭さだ。それも日が暮れると匂ってくる。体に悪いと思い、窓を全部閉めるが、外に出るとぷ?んと鼻の奥にずんとくる。
 タイ人の友達に「この頃、臭くてたまらない!」と嘆くと、「それは花の匂いだ」と言う。南国には夜に香りを出す花がいくつかあるけど、それにしても強烈な匂いだ。知り合いの日本人も「臭い!」と言い、タイ人の大家さんも「臭い!」と言う。友達のお母さんは「良い香り」と目をとろんとさせるけど……。
 匂いの正体を探すと、アパートの横にある駐車場にあった。満開の花をつけた木が8本。1本でも強烈なのに、8本だ。近づいてみると、金木犀のような形をしていて、色は白。恐々かいでみると、ほんのり甘い香りがする。夜の臭い匂いとは大違いだ。
 しばらくこの匂いが続くと思うと頭が痛いけど、ダイオキシンでなくてよかった。



  1. 2006/10/25(水) |
  2. チェンマイの風物詩
  3. | trackback:0
  4. | comment:0

きのこの季節

Filed under チェンマイの風物詩

2006 07 27 Thu

きのこの季節  雨季に入ったチェンマイは果物やキノコが旬。田舎の道路わきでは赤や黄色、黒いキノコなどが売られている。炒めたらおいしそうなものやスパゲッティーにからめたら合いそうなもの、キノコ汁にしたらよさそうなものなど本当に種類豊富だ。だけど、毒キノコが混ざっていないのだろうか?と不安になることもある。外見はとても似ているけど、片方はおいしいキノコ、もう一方は毒キノコというこもある。日本でも毎年、それで亡くなる人がいる。
 中学生の頃、笛吹に夏合宿へ行ったことがある。山でキノコを採って食べよう!ということになり、学校の先生が見分け方を教えてくれた。まず、その辺に転がっている枝でキノコを刺してみる。それで汁が出たらか出なかったらか、どちらか忘れたけど、それで食用キノコかどうか区別できるというものだ。皆で突付きながら、キノコを山盛り採り、バーベキューにして食べた。
 そんな単純な方法でよく毒キノコが混ざらなかったものだと、今思うと怖い。



  1. 2006/07/27(木) |
  2. チェンマイの風物詩
  3. | trackback:0
  4. | comment:0

さくら

Filed under チェンマイの風物詩

2006 03 08 Wed

さくら ちょっと動くだけで、じわじわと汗が出てくるようになってきた。乾燥度もすごく、洗濯物がみるみるうちに乾いていく。山は木々が葉を落とし、茶色い。温度さえ分からなければまるで冬景色。
 そんな中でも南国の花は力強く、かつ美しく咲く。特に今はブーゲンビリアが鮮やかに咲いている。
 チェンマイのお堀の周りにある木も葉を落としているものの、ピンク色や紫色をした花が咲き乱れている。遠くから見るとまさしく桜並木だ。近づいてみると、色も形も違うけれど、日本の花見を思い出すよう。来月になれば、ラーチャプルックという国花にもなっている花がカラカラの街を彩ってくれる。これは、藤の花を黄色にしたような花で、太陽の光で黄金色に光って、本当に本当に美しい花だ。この時期タイにいるのは辛いけど、この花とマンゴーがあるから乗り切れるのかな。
 もうすぐマンゴーの季節だ



  1. 2006/03/08(水) |
  2. チェンマイの風物詩
  3. | trackback:0
  4. | comment:0

カブトムシの季節

Filed under チェンマイの風物詩

2005 10 04 Tue

カブトムシ 今、北タイはかぶと虫の季節。道端でサトウキビと一緒によく売られている。
 友達の甥っ子が1匹育てている。お父さんが買ってきたオスだ。バナナをやると、1日中じっとそれにかじりついて動かない。カゴにもいれずに、アパートの廊下に置いている。それでも逃げない。
 今朝ふとアパートの駐車場を見ると、かぶと虫がひっくり返って足をバタバタ動かしていた。やっと飛ぶことを思い出し、逃げようとしたんだな、と思って見に行くと、なんとそれはメス。どうやらどこからか飛んできたらしい。オスの匂いを嗅ぎつけたのか……。それにしても、こんな市内によくいるもんだ。わずかだが、まだ木があるせいだろうか。
 オスの横に置いたら、すっかり仲良しになり、2匹して1日中バナナに頭を突っ込んでいる。



  1. 2005/10/04(火) |
  2. チェンマイの風物詩
  3. | trackback:0
  4. | comment:0

大洪水!

Filed under チェンマイの風物詩

2005 09 30 Fri

洪水で泳ぐ子どもたち この頃の天気で、大人は水に足をつけながら外でおしゃべり。子供たちは浮き袋を浮かべて水遊び。まるで川辺での光景だ。
 でも、実は洪水の様子。これでCMは今年に入って4回目〈3回?)の洪水。もう慣れたもんで、土嚢を積んで建物を守る姿が見られた。道路が川になり、遊び場になっていた。



  1. 2005/09/30(金) |
  2. チェンマイの風物詩
  3. | trackback:0
  4. | comment:0

ゴールデンシャワー

Filed under チェンマイの風物詩

2005 03 22 Tue

ゴールデンシャワー ところどころでゴールデンシャワーが咲き出した。日本の藤を山吹色にしたような花で、木いっぱいに咲かせる。この1番暑い時期に咲く花で、ギラギラ照る太陽の光を浴び、キラキラ輝いて眩しいぐらいだ。



  1. 2005/03/22(火) |
  2. チェンマイの風物詩
  3. | trackback:0
  4. | comment:0

ハチミツの香り

Filed under チェンマイの風物詩

2005 03 16 Wed

久しぶりにジョギングをする。
この時期になると、木の下へ行くとぷんと独特の匂いがする。
表現しにくいけど、決していい匂いではない。
蜂がハチミツを集めに回っている匂いだそうだ。
この匂いを嗅ぎ、マンゴーを見ると、いよいよ4月、ソンクラーンがやってくるんだな、と毎年思う。



  1. 2005/03/16(水) |
  2. チェンマイの風物詩
  3. | trackback:0
  4. | comment:0

卒業式

Filed under チェンマイの風物詩

2005 01 28 Fri

ピックアップ チェンマイ大学の卒業式。沿道には花束やぬいぐるみを売る屋台がずらりと並ぶ。大学を卒業するということはとても名誉なことなので、学生1人につき、家族や親戚、恋人、友達がずらりと来る。私の卒業式のときは、実家から遠く離れた所にいたため、一緒に勉強した友達を除くと母親が来ただけ。花束はたくさん届いたけど。でも、こちらは田舎からピックアップいっぱいに人が乗ってやって来る。中には山岳民族の鮮やかな衣装を着ているお母さんもいる。街中に卒業して嬉しそうな顔が溢れかえり、懐かしくなったのだ。もう14年も前のことなんだもん、怖いなあ。



  1. 2005/01/28(金) |
  2. チェンマイの風物詩
  3. | trackback:0
  4. | comment:0

山の桜

Filed under チェンマイの風物詩

2005 01 12 Wed

山桜 北部の山にタイ桜が咲いていた。山がピンクに染まり、きれいだったなあ。



  1. 2005/01/12(水) |
  2. チェンマイの風物詩
  3. | trackback:0
  4. | comment:0

新しい方のページへ

古い方のページへ

最新記事

カテゴリー

月別の過去記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。