FC2ブログ

チェンマイ食いだおれタイ

チェンマイ在住者の生活日記ブログ


こんな店あんな店最新記事


北部料理・お菓子最新記事







ワンテーマ指さし会話 タイ×屋台めし (とっておきの出会い方シリーズ)

おうちでタイの屋台ごはん

タイの屋台図鑑

たっぷりチェンマイ!―タイの古都をまるごと楽しむ町歩きガイド
出版後の変更事項や訂正など最新「たっぷりチェンマイ!」の地図(pdf)

サンカンペーン温泉へ行くならバンが便利

Filed under チェンマイ情報

2018 05 15 Tue

onsen_2018051509522815c.jpg
北タイには温泉があちこちにあるが、市内から比較的近くて行きやすいのがサンカンペーン温泉。
車で1時間ほどだろうか。
広い公園になっていて、キャンプ場や温泉プール、レストラン、マッサージをするところなんかもある。
こんなふうに源泉が湧き出ているところで温泉卵を作るのも楽しい。

onsen2_20180515095839f0c.jpg
タイ人のほとんどは、こうやって友達や家族とごはんを食べたり、おしゃべりしたりしながら足湯につかっている。

onsen3_20180515100222a6c.jpg
ゆったりお湯につかりたい人は、個室の浴槽がある。
1人60B。(+公園入園料100B)
2人は入れる大きさなので、たまるのに少し時間がかかる。
シンプルだけど、毎回お湯を変えるうえ、自分の好きな温度に調整できるのが嬉しい。
バスタブタイプもあるが、女性はこのタイプ。
せっかく行くならバスタブにつかりたい。
タオルや水着(プール用)の貸し出しや石鹸などの販売もしているので、ふらりと行っても大丈夫。

onsen4_20180515101040ea2.jpg
温泉へは車をチャーターしてもいいが、便利なのがバン。
ワローロット市場界隈の川沿い(花市場の前)、ちょうどピン川を渡る歩道橋があるところにバス停がある。
ランプーン行きのバス停と同じ場所で、そこから以下のスケジュールでバンが出ている。
7:40 11:40 15:40 18:30
確か片道40B。
いろいろと変更になると思うので、詳しくはこちらのサイトを見てください。

※バンによってはメーカムポンへも行く。150B
※チャーンプアック・バスターミナルから出ているらしいが、未確認



  1. 2018/05/15(火) |
  2. チェンマイ情報
  3. | comment:0

チェンマイの乗り物は「グラブ」も便利

Filed under チェンマイ情報

2018 04 06 Fri

son1.jpg
チェンマイの乗り物の話。
バンコクと違って流れのメータータクシーはないので(交渉性)、トゥクトゥクか赤色のソンテーオを使うことになる。
トゥクトゥクのほうが高いので、地元の人はソンテーオを利用している。
ソンテーオはいわゆる乗り合いタクシーで、特にルートは決まっていない。
自分が行きたい場所を運転手に告げ、もし運転手がOKなら乗せてくれる。
他に乗客がいたら、その人と同じ方角だと乗せてくれるし、違う方角だと断られる、そんな仕組み。
だいたい20Bで、ピン川を越えると少し高くなるし、観光客だと30B~要求されることもある。
流しのソンテーオはたくさんいるから便利だけど、英語が通じないので、初めての人はドキドキするかもしれない。

grab1.jpg
そんな時に便利なのが「Grab」(グラブ)。
Grabは個人の車や免許を持つタクシーを配車するサービスで、東南アジアで普及している。
スマホにアプリをダウンロードすれば、wi-fiを使える環境でタクシーを呼び出すことができる。

grab2.jpg
「位置情報」を"ON"にしておき、目的地を入力するだけ。
すると、周辺にどれだけグラブタクシーがいるか出てくる。
何がいいかというと、タクシー感覚で使えることと、言語が通じなくても、入力すればすむこと(たまに運転手から電話あり)。
そして、目的地までの料金が事前にわかること(kmで計算)。
この場合、チェディールアン寺からワローロット市場まで、普通の車で60B(205円)。
車が到着するまで、2分。
この料金でOKなら「BOOK」を押せば、車がやってくる。

grab3.jpg
車両タイプは4種類あり、選ぶことができる。
①「Grab Car」…一般の乗用車(4人)
②「Grab Taxi」…メータータクシーの車両(4人)
③「Grab Rod Daeng」…赤いソンテーオ(9人)
④「Grab Car+Premium」…バン・CRVタイプ(7-10人)

①は一般の人が自分の空き時間に、自分の車を使ってタクシーサービスをしているので、見かけは普通の乗用車。
だから毎回どんな車が来るかわからない。
そのため、運転手の顔写真と車種、車の番号などがスマホに表示される。
②は黄色と緑のメータータクシー。
③は赤いソンテーオ。
④は大きめの車両。

周りの人がよく使っているのは、①番だ。
例えば、①に4人で乗るなら、1人15Bですむ。
ソンテーオより割安なうえ、クーラーもきいているので快適だ。

空港などへ行くのに事前に予約したい人は、②と④しか使えない。
支払いは降りる時に、現金で払ってもいいし、事前にクレジットカードを登録しておけばキャッシュレスで乗れる。
ポイントを集めて、クーポンに換えるなんてサービスもある。

チェンマイのGrab事務所の人によると、運転手は全員事務所で登録し、研修を受けているとか。
時々、待ち合わせ場所の件で運転手から電話がかかってくることもあるから、タイのSIMカードを入れておいたほうがいいそうだ。
私も運転手から電話がかかってきたことがあるけど、まあ通じなくてもなんとかなるのかなと思っている。
結構、外国人観光客が利用しているのを見るから。

詳細は、こちらをクリック
※はじめてGrabを利用する人は、100B無料キャンペーンがあるとか。(「Promotion」に「GRABOTC」を入力して使用)

【チェンマイの移動手段】 ソンテーオの記事
【チェンマイの移動手段】 市バスの記事



  1. 2018/04/06(金) |
  2. チェンマイ情報
  3. | comment:0

旧市街を回るならこの電気カート

Filed under チェンマイ情報

2018 02 22 Thu

bus1.jpg
チェンマイの旧市街をぐるっと回るバスが試運転をしている。
ラーンナーの伝説の動物、モームが車にデザインされていて、「Mom Car」という。
16カ所バス停があり、1日乗り降り自由。
30分おきにこのカートが走っているので、お寺で降りて見学し、また乗ってい移動…ということができる。

bus2.jpg
「右はターペー門です」
なんていうガイドテープもそのうち流れるとか。
今はまだ乗るだけ。
でもドライバーさんが片言の英語で
「左はスターバックスです」
なんて言ってくれる。

bus5.jpg
2月いっぱいは試運転なので、無料。
3月からは1日250Bになる。
QRコードを読み取って、顔写真やメールアドレスを登録すればOK。
出発点は、ワット・プラシン前(正門左手)。
9:30-17:00まで、30分おきに出ている。
1周はだいたい1時間。
この機会に乗ってみては?

*試運転中なので、今後もいろいろと変更があると思います。



  1. 2018/02/22(木) |
  2. チェンマイ情報
  3. | comment:0

「アジア食紀行 コウケンテツが行くタイ」が再放送されます

Filed under チェンマイ情報

2017 12 12 Tue

アジア食紀行

「アジア食紀行」のタイ編が再放送されます。
料理研究家のコウケンテツさんがバンコクを出発し、アユタヤ、ピジットなどを通り、チェンマイ、チェンライへと旅をする番組です。
各地で地元の人にさまざまな料理を教わるのですが、取り上げられる料理が面白いです。
いわゆるグリーンカレーやパッタイなどは出てこないし、料理によってはタイ人にとっても珍しいものも。
ぜひご覧ください。
詳しくは、こちらのブログに書いてあります。
(上の写真は以前のものなので日程が違います)

【放送日】 2017年12月17日(日) 9:00~(110分)
【チャンネル】NHK BS1
【番組情報】 サイトをクリック



  1. 2017/12/12(火) |
  2. チェンマイ情報
  3. | comment:0

バーン・カーン・ワットのヤードセール

Filed under チェンマイ情報

2017 12 07 Thu

bkw_20171208111409783.jpg
乾季に入ってイベントが目白押し。
ワット・ウモーン界隈のバーン・カーン・ワットでヤードセールが開催されるそうです。
興味のある方はぜひ。
12月9-10日 16:00~ のようですが、変更があるかもしれないのでご確認ください。
詳細はこちらのサイトを見てください。



  1. 2017/12/07(木) |
  2. チェンマイ情報
  3. | comment:0

ラーンナー継承学校のイベント

Filed under チェンマイ情報

2017 02 04 Sat

cy.jpg
あちこちでイベントが目白押し。
チェンマイは狭いので歩いていると誰かしら知り合いに会う。
「あそこで〇〇あるよ」
「もう行った?」
という話になるが、もうついていかれない。
チェンマイ花祭りも明日まで開催中。

lannna_20170204210304503.jpg
たくさんあるイベントの中で個人的にオススメなのが、
ラーンナー継承学校の催し物。
ラーンナーの文化を若い世代に伝えようと取り組んでいる学校で、
時々イベントを開催している。

lanna1_20170204210301892.jpg
昔から北タイで作られている木彫りや焼き物、漆、
銀細工、竹製品、笛、旗、織物などのデモンストレーションを見ることができるし、
おじいさんやおばあさんから習うこともできる。
伝統的な音楽も演奏されたり、昔ながらのスタイルでご飯を食べたり、
古き良き時代にタイムスリップするよう。
ここに来る人は民族衣装を着る人も多く、
時間の流れがゆっくりで心地いい。

schedule.jpg
明日まで。
〔時間〕 9:00-21:00
〔場所〕 ここをクリック



  1. 2017/02/04(土) |
  2. チェンマイ情報
  3. | comment:0

「ピン・ファイ・フェスティバル2」開催中

Filed under チェンマイ情報

2016 12 24 Sat

ピン・ファイ・フェスティバル
ニマーンヘーミン地域で「ピン・ファイ・フェスティバル」が開催されている。
今年で2回目。

ピン・ファイ・フェスティバル
これまでのフード・フェスティバルとは違い、
売り手は商売人ではなく、学生ぐらいの若い子が多い。
ブースの飾り付けがおしゃれ。

ピン・ファイ・フェスティバル ピン・ファイ・フェスティバル ピン・ファイ・フェスティバル
そしてパッケージにこっている。
販売しているものも、ちょっとひとひねりしているものが多い。

マシュマロ売り
そしてこのイベントにはマシュマロがつきものらしい。
これを買って、たき火にあてて食べる。

マシュマロを炙る
こんな場所が用意されている。
肌寒い冬の時期はたき火があると嬉しいが、今年は全然寒くならない。
半袖でアイスクリームを食べたくなる気候だ。

ピン・ファイ・フェスティバル
食べ物の他、衣服、アクセサリーのブースもあるので興味がある人は行ってみて。

[場所]ニマーンヘーミン通り、ソイ6先の広場
[日時]12月23~30日 17:00-23:00
[地図]google
[FB]Fin Market



  1. 2016/12/24(土) |
  2. チェンマイ情報
  3. | comment:0

チェンマイのイベント情報

Filed under チェンマイ情報

2016 12 23 Fri

Royal Project
乾季に入ったのと、年末ということでチェンマイは国内外の観光客だらけ、渋滞だらけ。
いろいろなイベントが開催されている。
まずは、毎年恒例の「ロイヤルプロジェクト・フェア」。
王室のプロジェクトで、野菜、果物、コーヒー、はちみつ、乳製品、菓子、石鹸など
様々な製品を購入することができる。
普段店で買うよりも割安ということもあり、多くの人で賑わっている。

Royal Project
様々な展示、山岳民族のデモンストレーション、試食などがある。
ポスターかと思ったら、王様のポスターに合掌する本物のモン族の子どもたちだった。

[場所]Chiang Mai University Convention Center(ニマーンヘーミン通りの公園内)
[日時]12月25日(日)まで。9:00 – 20:00(最終日は早目がいいかも)
[地図]google

バーン・カーンワット
サワッディー・クラフト・フェア
ブースでは手作り製品や食品が販売される。

[場所]バーン・カーンワット(ワット・ウモーン地域。山側)
[時間]12月25日(日)まで。10:00-21:00
[地図]google

高橋えりさん展示会
Musing on Texture

チェンマイの郊外メージェムより先にあるルア族の村で暮らしながら
綿を栽培し、糸を紡ぎ、布を織りあげている高橋えりさんの個展。
現在チェンマイ大学の修士課程に在籍。
笑顔のとても素敵な女性です。

[場所]Baan Tueck Art Center(ターペー通り。橋の近く)
[日時]12月29日まで。
[地図]google





  1. 2016/12/23(金) |
  2. チェンマイ情報
  3. | comment:0

チェンマイ・デザイン・ウィーク開催中

Filed under チェンマイ情報

2016 12 06 Tue

チェンマイ・デザイン・ウィーク
12月3日~11日まで、「チェンマイ・デザイン・ウィーク」が開催されている。
旧市街の3人の王様像広場やTCDC(チェンマイ・デザイン・リゾースセンター)、
チェンマイのカフェやホテル、店などあちこちで作品を見ることができる。

チェンマイ・デザイン・ウィーク
ラーンナー建築センター

チェンマイ・デザイン・ウィーク
ドゥアン・ディー寺

地図や詳細は以下のサイトをご覧ください。
Chiang Mai Design Week



  1. 2016/12/06(火) |
  2. チェンマイ情報
  3. | comment:0

王様の絵

Filed under チェンマイ情報

2016 12 05 Mon

Chiangmai Art Museum
今日はプミポン国王のお誕生日。
チェンマイ郊外のサンカンペーン郡にある Chiangmai Art Museum では、
王様を偲んで12月1日からアーティストたちが集まって絵を描いている。

Chiangmai Art Museum
その大きさ、2.9m×29m。

Chiangmai Art Museum


Chiangmai Art Museum


Chiangmai Art Museum


Chiangmai Art Museum


Chiangmai Art Museum
見ているといろいろと思い出して胸が熱くなってくる。



  1. 2016/12/05(月) |
  2. チェンマイ情報
  3. | comment:0

新しい方のページへ

古い方のページへ

最新記事

カテゴリー

月別の過去記事