チェンマイ食いだおれタイ

チェンマイ在住者の生活日記ブログ


こんな店あんな店最新記事


北部料理・お菓子最新記事







ワンテーマ指さし会話 タイ×屋台めし (とっておきの出会い方シリーズ)

おうちでタイの屋台ごはん

タイの屋台図鑑

たっぷりチェンマイ!―タイの古都をまるごと楽しむ町歩きガイド
出版後の変更事項や訂正など最新「たっぷりチェンマイ!」の地図(pdf)

個性あふれる「My かご」

Filed under チェンマイの人たち

2010 01 10 Sun

買い物のご夫婦
この頃チェンマイでもエコバッグをちらほらと見かける。
特に市場、それもオーガニック市場安全野菜市場へ行くと
「Myかご」率が上がる気がする。
皆それぞれ個性あるものばかりで、見ているだけでも楽しい。

かごかごかご
かごかごかご
かごかごかご



  1. 2010/01/10(日) |
  2. チェンマイの人たち
  3. | comment:3

絵本の読み聞かせ

Filed under チェンマイの人たち

2009 05 25 Mon

書店で座り読みする子どもたち
タイ人はあまり本を読まないと言われている。
6歳以上を対象に2003年に調査したら、
平均で1人1日たった7行しか読まないという結果がでたそうだ。
それではいけないと国が力を入れたので、
2006年には1日51分と延びた。
でも、2008年には39分とまた減少。
だけど週末、本屋へ行くと
地べたに座って読書をしている子が多い。
子どもを膝にのせて絵本を読み聞かせている母親もいる。
ある少年は寝ころんで図鑑を床に広げて見ていた。
子どもたちの本の扱い方についてはひとこと言いたいが、
一生懸命に読んでいる姿はいいなと思う。

モンゴルの少女たち
読む人は読むのである。
私の友達なんかは本が大好きで
会うといつも4、5冊かかえている。
でも、逆に読まない人はまったく読まない。
値段が高いというのもあるが、
読むのが好きでないのだろう。
私も小・中学生の時は読書感想文の本以外は
マンガしか読まなかった。
1日7行にもならない。
あとは環境もあると思う。
図書館がない地域もあるし、
子どもに絵本を読んでやる習慣がない人もいるだろう。

ちんとすあまとふしぎなくり
私の友達にいとうみわちゃんという人がいる。
ボランティアでチェンマイへ来ている時に知り合ったが、
今は帰国して、次のステップに突き進んでいる。
彼女の夢は、
絵本を手にしたことのない子どもたちへ絵本を届け、
世界の子どもたちに絵本を読んであげること。
ただ、1人では限界があるので、
少しずつ具体化して読み聞かせの輪を広げているところだ。
詳しくはみわちゃんのブログをどうぞ。
(絵本の寄付や翻訳の手伝いなどができる人も募集中。)
この活動が少しずつ広がれば、
絵本を読んでもらう温かさ、愛情、
本を読む楽しさ、想像する面白さが広がるのかもしれない。
*写真は彼女の書いた絵本「ちんとすあまとふしぎなくり」



  1. 2009/05/25(月) |
  2. チェンマイの人たち
  3. | comment:2

愛蔵さん

Filed under チェンマイの人たち

2009 01 31 Sat

最近の愛蔵さんとポピー
はーいやー、いやーさっさー♪
もう5、6年前だろうか。
チェンマイの日曜歩行者天国を歩いていると、
沖縄独特のメロディー・掛け声とともに三線の音が聴こえてきた。
懐かしくなって近寄ってみると、そこには白髪の小柄なおじさんが
満面の笑顔で沖縄民謡を歌っていた。
聴いたことのない音色とおじさんの楽しそうな表情に惹きつけられ、
大きな人だかりができている。
とにかく楽しくて楽しくてたまらない!というこぼれんばかりの笑顔で、
観衆の顔も自然にニッコリしていた。
それが愛蔵(あいぞう)さんだった。

愛蔵さんの絵
愛蔵さんは2002年にチェンマイへ移り住み、
旧市街の家にギャラリーを開き、自分で描いた絵を展示している。
しかし、数年前に脳梗塞で倒れてしまい、
左半身が思うように動かなくなってしまった。
集中治療室にいた頃、リハビリを始めた頃からから比べると
今は見違えるように元気になったけど、
左手の指がスムーズに動かないから三線はもう弾くことができない。
だから歩行者天国でもう愛蔵さんの歌と三線を聴かれなくなってしまった。
それでも右手は自由に動くので、今まで通り墨で絵を描いている。
お坊さんの絵に五行歌をつけているのが愛蔵さんのスタイルだ。
小さな家に引っ越した今もギャラリーで自分の絵を展示している。

愛蔵と泡盛酒場『山原船(やんばるせん)』物語
そして、つい最近、愛蔵さんの半生を綴った愛蔵と泡盛酒場『山原船(やんばるせん)』物語(下川 裕治著)という本が出版された。
チェンマイでの暮らしや入院中のこと、現在の様子……
ーと、読んでいて思い出される場面がたくさんでてくるが、
私の知らない東京や沖縄での暮らしも書かれている。
本当にいろいろな苦境を乗り越えてきたんだなと胸が熱くなった。
それでも、いつも笑顔を絶やさないのが愛蔵さん。
何度か寂しそうな表情を見たこともあるが、
それでもいつも人の顔を見ると、
「元気だよ?」
と満面の笑顔を浮かべる。
そしてこの頃は
「人生100歳、いや、130歳まで生きないとね」
と笑っている。

そんな愛蔵さんとお話ししたい人は、旧市街のギャラリーを訪れてみて。
それか日曜日にラーチャダムヌーン通りに面したカフェで
お茶を飲んでいるので声をかけてみて。
◎ギャラリー:Rajadamnoen Rdの「Wawee Coffee」裏の路地を入った右側。



  1. 2009/01/31(土) |
  2. チェンマイの人たち
  3. | comment:4

新しい方のページへ

最新記事

カテゴリー

月別の過去記事